お金ナビ
子供と旦那のお小遣い平均!中学、高校、大学、サラリーマンは?

子供と旦那のお小遣い平均!中学、高校、大学、サラリーマンは?

お小遣いを上げてほしいんだけど、

「自分のお小遣いは周りと比べてどうなんだろう」

「他の家庭ではいくらあげてるんだろう」

って思ったりもしますよね。気軽に聞きにくいことでもあります。

そこで今回は「お小遣いの平均」について調べてみました!

SPONSOR LINK

小学生のお小遣い平均

小学生のお小遣い平均

平均
低学年 1,206円
中学年 777円
高学年 1,272円

(2016年/平成28年のデータ)

小学生のお小遣い平均 (2016年/平成28年のデータ)─暮らしと金融なんでもデータ|知るぽると※リンク先のデータ番号4-13「子どもの1か月当たりこづかい額(2016年度/平成28年)(Excel 66KB)」に表があります。

意外なことに中学年の平均額が777円と一番低い結果になりました。

家庭によりばらつきがありますが、月に一度お小遣いを渡すという家庭の平均は「500円~1000円の間」という家庭が多いようです。

他には学年×100円という家庭もありました。

「毎月または毎週○○円渡す」や「必要になったらその都度渡す」など、家庭によりお小遣いのあげ方は異なるようです。

小学生にとっては、どんな方式でお小遣いを渡すかということがお金の教育にもつながりそうですね。

お小遣いを渡し始める時に、一緒にお小遣い帳もつけ始めると習慣になって良いでしょう。

SPONSOR LINK

中学生のお小遣い平均

中学生のお小遣い平均

小学生の時よりも友人同士で出かけたり、行動範囲も広がるのでお金を使う機会も増えますね。

そんな中学生のお小遣いの平均は下記のとおりです。

平均 2,453円

小学生のお小遣い平均 (2016年/平成28年のデータ)─暮らしと金融なんでもデータ|知るぽると※リンク先のデータ番号4-13「子どもの1か月当たりこづかい額(2016年度/平成28年)(Excel 66KB)」に表があります。

中学生のお小遣いは1,000~3,000円というのが相場です。

ごく少数ではありますが、中学生でお小遣いが500円という家庭や、「お小遣いなし」という家庭もあるようです。

その他、テストや通知表の成績に応じ、金額が上がるという家庭もありました。

お子さんのタイプがご褒美で頑張るタイプだと効果がありそうですね!

中学生のお小遣いの使い道は、マンガや雑誌などの書籍、おやつなどの飲食物、友人との交際費に使われていることが多いようです。

中学生からお金の勉強を始める人の為に、中学生向けのお小遣い帳も出ています。

オススメのこづかい帳(中学生・高校生向け)2018年版はこちら

高校生のお小遣い平均

高校生のお小遣い平均

アルバイトを始める子もいて、自由に使えるお金の額も変わってくる年齢です。

そんな高校生のお小遣いの平均は下記の通りです。

平均 5,578円

小学生のお小遣い平均 (2016年/平成28年のデータ)─暮らしと金融なんでもデータ|知るぽると※リンク先のデータ番号4-13「子どもの1か月当たりこづかい額(2016年度/平成28年)(Excel 66KB)」に表があります。

アルバイトをしていると小遣いなし?

アルバイトをしている高校生の家庭の中には、お小遣いはなしという家庭もあるようです。

また、お小遣いの中には携帯代は含まず、別で親が支払っているという家庭も多いようです。

高校生におすすめのバイト3つ

「お小遣いが足りない、もっとお金を稼ぎたい」というあなたの為に、高校生にもおすすめのバイトを3つ挙げました。

  1. コンビニ店員
  2. スーパー・ディスカウントストア
  3. 飲食店店員(ファミレス、カフェ、ファストフード)

上記3つのお仕事は、大手のチェーン店などで分かりやすいマニュアルが用意されていて、高校生でも仕事を覚えやすい環境が整っています。

また店舗数の多いチェーン店であれば、自宅近くにあることも多いため、ご家族の方も心配することはないでしょう。

飲食店であれば、割引価格で食事ができるといったメリットもあります。

高校生におすすめのバイトを紹介|初めてでも働きやすい!学校と両立OK|タウンワークマガジン

大学生のお小遣い平均

大学生のお小遣い平均

次に大学生。

大学生になると一人暮らしの子もいますし、千差万別です。

平均は以下のようになっています。

一人暮らし &バイトなし 一人暮らし &バイトあり 実家暮らし &バイトなし 実家暮らし &バイトあり
大学1年生 21300円 大学1年生 42600円 大学1年生 32600円 大学1年生 40400円
大学2年生 23000円 大学2年生 43900円 大学2年生 33500円 大学2年生 45100円
大学3年生 24700円 大学3年生 45200円 大学3年生 34500円 大学3年生 49700円
大学4年生 26300円 大学4年生 46400円 大学4年生 35400円 大学4年生 54300円
大学院生 27900円 大学院生 47700円 大学院生 36300円 大学院生 58800円

お金を増やす&稼ぐガイドより

バイトをしている子もしていない子も、やはり実家ぐらしの子のほうが、少し余裕がありますね。

貧乏大学生へ、お金を稼ぐ方法7選【バイト以外のおすすめ副業】

一人暮らしの場合は、仕送りから必要な生活費を抜いた分がお小遣いになるようです。

旦那さん(サラリーマン)のお小遣い平均

旦那さん(サラリーマン)のお小遣い平均

旦那さん(サラリーマン)のお小遣いの平均ですが、全体の平均は37,428円です。

年代別の違い

お小遣いの平均額は、同じサラリーマンでも年代により違いがあります。

年代 平均
20代 35,377円
30代 34,785円
40代 35,475円
50代 44,040円

「2017年サラリーマンのお小遣い調査」結果について – 新生銀行

30,000円~50,000円が相場のようです。

お小遣いの金額に大きく関わってくる1日の昼食代は、全体の平均が590円です。

ここ10年の間、サラリーマンのお小遣いの平均額は年々、減少傾向にあります。

お小遣いが減った理由

お小遣いが減った主な理由としては以下のものがあります。

  • 給料が減った
  • 生活費が増えた
  • 子供の教育費が増えたから

お小遣いの減少に準じて、サラリーマンの昼食事情や飲み事情も年々変化しているようです。

SPONSOR LINK

まとめ

また年齢があがるにつれて金額もアップするようです。

内訳に昼食代を含む人のほうが、平均額は多めでした。

なかなか聞き辛いお小遣いの平均額、いかがでしたか?

お小遣いアップをお願いしたい人も、アップを要求されて悩んでいる方も、平均を参考にされてみてはいかがでしょうか。

SPONSOR LINK