【お金の点の位置】を理解して大きい金額を数える方法

【お金の点の位置】を理解して大きい金額を数える方法

桁数の多い金額を数えるときに、毎回下から一、十、百、千、万…と数えるのは時間がかかり、なかなか大変ですよね。

ですが、点の位置(コンマ)を正しく理解することで、大きい数字を今よりも簡単に数えられるようになります。

今回は、正しいお金の点の位置や点の位置に慣れるコツについて説明していきます。

お金の点の位置は3つ目と4つ目の間

お金の点の位置は3つ目と4つ目の間

数字の点の位置(コンマ)は、3桁目と4桁目の間に打つのが一般的です。

その後も、どれだけ数が大きくなっても「10,000(1万)」「1,000,000(100万)」「1,000,000,000(10億)」というように3桁ごとにコンマを打っていきます。

3桁区切りのお金の点の位置に違和感があるのはなぜ?

3桁区切りのお金の点の位置に違和感があるのはなぜ?

「どうして点の位置は3桁ごとに入れるのだろう」「4桁ごとのほうが分かりやすいのに」と感じたことはありませんか?

なぜ3桁で区切られる点の位置に違和感を覚えるのかというと、千以上の物を数えるときの単位が、本来日本では4桁区切りだからです。

千の次の単位は「万」、「億」、「兆」とあり、これらの単位は4桁ごとに変わることになっています。

日本は4桁ごとに単位が変わる

通常の3桁区切りで大きい数字を見てみると…

日本では、千のあとには、4桁ごとに「万」「億」「兆」という単位が用意されているというお話をしましたが、まずは通常の3桁区切りで大きい数字を見てみましょう。

・1,000,000=100万
・100,000,000=1億

どうでしょうか?少し読みにくさを感じるのではないでしょうか。

一の位から、一、十、百、千と数えていかないと読めないという方も多いかもしれません。

4桁区切りで大きい数字を見てみると…

4桁区切りで大きい数字を見てみると…

仮に、4桁区切りだった場合の「1万」「100万」「1億」を見てみましょう。

・1,0000=1万
・100,0000=100万
・1,0000,0000=1億

コンマが1つの時は「1万」、2つの時は「1億」となります。

4桁区切りのほうが単純でわかりやすいですよね。

英語は3桁区切りがわかりやすい

英語では3桁ごとに単位が変わる

英語では、1(one)、10(ten)、100(handred)、1,000(thousand)以降の単位は3桁区切りになっています。

・1,000=thousand(千)
・1,000,000=million(100万)
・1,000,000,000=billion(10億)

このように英語だと3桁ごとに単位が変わっていることがわかりますよね。

英語で500万を読み上げる場合

英語で500万を読み上げる場合

英語で500万を表記する場合は…

5(five)と100万(million)なので、

5,000,000=「five million」。

英語の場合は3桁区切りのほうが非常にわかりやすいのです。

3桁区切りが世界標準

日本とほぼ同じように4桁ごとに数字の単位が変わる中国や韓国などでも、点の位置は3桁ごとに入れるようです。

しかし、3桁区切りが世界標準といっても、国によっては表記の仕方や桁数が異なることもあるので、海外に行く場合は十分注意しましょう。

日本人が3桁区切りに慣れる2つのコツ

日本人が3桁区切りに慣れる2つのコツ

いくら読みにくいといっても、現時点では3桁区切りに慣れるしかありません。

そこで、3桁区切りに少しでも慣れられるような方法を2つご紹介します。

1.英語に変換する

英語だと3桁区切りがわかりやすいので、英語に変換して覚えておくと便利です。

・1,000=thousand=サウザンド(千)
・1,000,000=million=ミリオン(100万)
・1,000,000,000=billion=ビリオン(10億)
・1,000,000,000,000=trillion=トリリオン(1兆)

1兆以上の数字を数える機会はほとんどないでしょうから、上記の4つを覚えておけば基本的には大丈夫でしょう。

2.コンマの数で覚える

次に、コンマの数で数字を覚えましょう。

コンマが一つ増えるごとに、表のように0が1つずつ減っていくと考えるとわかりやすいです。

コンマ1つ コンマ2つ コンマ3つ コンマ4つ
1,000 100(万) 10(億) 1(兆)

表のようにコンマの数で覚えると、3桁区切りの点の位置にもあまり抵抗を感じないのではないでしょうか。

コンマの表記は絶対に必要?

コンマがあると読み手に親切

コンマがあると読み手に親切

1,000以上の大きい数字であってもコンマの表記がないものを目にすることがありますが、読む側にとっては少し読みにくさを感じるものです。

絶対にコンマを付けなければならないという決まりこそありませんが、読み手がいる場合の数字の表記に関しては、基本的に3桁ごとのコンマが必要だと言ってよいでしょう。

コンマがあるほうが読み手にとっては断然読みやすく、親切なので、日頃からコンマをつけることを心掛けておくと良いかもしれません。

コンマと小数点の表記にも注意

日本では、3桁ごとにコンマ(,)で区切られることになっていますが、国によっては3桁ごとに小数点(.)で区切るところもあります。

日本、アメリカ、イギリスなどでは3桁ごとにコンマで区切るのに対し、ドイツ、スペイン、イタリヤなどでは、3桁ごとに小数点で区切ることになっているのです。

また、世界中の単位を決定する国際度量衡総会が定める国際単位系(SI単位系)では、数字は3桁ごとに区切ることが決まっているものの、コンマ(,)や小数点(.)は使わずに空白で区切ることになっています。

同じ3桁区切りであっても、その国々で表記の仕方は異なるので、海外に行く場合は注意する必要があります。

まとめ

数字を表すときの点の位置は3桁ごとに入れることが世界標準となっていることが理解できましたか?

もし、3桁区切りに抵抗を感じるのであれば、英語で覚えてみたり、ピリオドの数で覚えるなど、意識して数えるようにしていくと徐々に慣れていくことが出来ますよ。