PayPay(ペイペイ)のお得なチャージ方法はクレカ!

PayPay(ペイペイ)のお得なチャージ方法はクレカ!

PayPay(ペイペイ)のチャージ方法は、支払い方法やチャージする電子マネーの種類(ペイペイ残高・ヤフーマネー)によって、5つの方法に分けられます。

PayPay(ペイペイ)のチャージをするなら複数あるチャージ方法の中でも、最もお得なチャージ方法を選びたいですよね。

ここではPayPay(ペイペイ)のチャージをお得にする方法や、その条件について解説します。

その他PayPay(ペイペイ)のチャージに関する情報も載せましたので、必要に応じて参考にしてください。

PayPay(ペイペイ)のお得なチャージ方法はクレジットカード

PayPay(ペイペイ)のお得なチャージ方法はクレカ!

PayPay(ペイペイ)のチャージ方法としてお得なのが、クレジットカードによるチャージです。

クレジットカードでお得にチャージをするには、次の2つの条件が必要です。

  1. クレジットカードはヤフーカードを選ぶ
  2. チャージする電子マネーの種類はペイペイ残高を選ぶ

クレジットカード払いでお得になるポイントや、2つの条件について解説しましょう

1.クレジットカードはヤフーカードを選ぶ

PayPay(ペイペイ)アプリのチャージ方法ではヤフーカードを選びましょう。

SPONSOR LINK

チャージに使えるカードはヤフーカードのみ

PayPay(ペイペイ)アプリのチャージで使えるクレジットカードはヤフーカードのみで、その他のクレジットカードではチャージできません。

ヤフーカードの有効会員数は2015年以降、増加傾向にあり、2017年12月時点で442万人にも登るので、多くの方が利用できることになります。

またPayPay(ペイペイ)はヤフーアプリからでも利用できるので、ヤフーユーザーにとっては非常に使い勝手のよい決済手段といえます。

ヤフーカードでのチャージでポイントの二重取りが可能

ヤフーカードでのチャージでポイントの二重取りが可能

ヤフーカードでチャージをすることで、ポイントの二重取りが可能になります。

貯まるポイントはヤフーカードの利用で貯まるポイントと、PayPay(ペイペイ)のチャージで支払った際に貯まるポイント(PayPayボーナス)の2つです。

まずヤフーカードでチャージをするとチャージ金額の1%がポイントとして、ヤフーカードに還元されます。

5,000円のチャージなら50ポイント、10,000円のチャージなら100ポイントですね。

次にPayPay(ペイペイ)のチャージ金額で支払いをすると、支払い金額の0.5%がPayPayボーナスと呼ばれるポイントとして、ペイペイ残高に還元されます。

ヤフーカードをお持ちであれば、PayPay(ペイペイ)を利用したほうがポイントがお得に貯まるということです。

2.チャージする電子マネーの種類はペイペイ残高を選ぶ

ヤフーカードでPayPay(ペイペイ)のチャージをするときは、ペイペイ残高のチャージをします。

PayPay(ペイペイ)にチャージできる電子マネーの種類は

  • ペイペイ残高
  • ヤフーマネー

の2つがありますが、ヤフーカードでチャージをする時はペイペイ残高のチャージのみとなります。

ヤフーマネーはクレジットカードでのチャージができないので、ポイントの二重取りができません。

ちなみにヤフーマネーとはYahoo!JAPANが管理するネット上のお金で、ヤフーショッピングやその他Yahoo関連のサービスで利用することができます。

その他のチャージ方法【銀行口座、コンビニ、ヤフオクの売上金】

その他のチャージ方法【銀行口座、コンビニ、ヤフオクの売上金】

ペイペイ残高へのチャージ方法は

・Yahoo! JAPANカード
・Yahoo!ウォレットと結びついた金融機関口座
※PayPay(ペイペイ)とYahoo! JAPAN IDの提携が必要

のどちらかになりますが、ヤフーマネーのチャージなら銀行口座の他にコンビニ、ヤフオク!の売上金とさらに選択肢が増えます。

ヤフーマネーなら銀行口座・コンビニ・ヤフオク!の売上金でもチャージ可能

ヤフーマネーへのチャージ方法は、

  1. Yahoo!ウォレットと結びついた銀行口座
  2. コンビニ
  3. ヤフオク!の売上金

の3つがあり、「コンビニ」「ヤフオク!の売上金」はヤフーマネーのチャージのみのチャージ方法です。

それぞれの方法について見てみましょう。

1.Yahoo!ウォレットと結びついた銀行口座

1.Yahoo!ウォレットと結びついた銀行口座

Yahoo!ウォレットはヤフージャパンが管理するネット上の財布で、ヤフーマネーはYahoo!ウォレットで管理されます。

Yahoo!ウォレットと結びついた銀行口座は、Yahoo!ウォレットへヤフーマネーを入金(チャージ)したり、ヤフーマネーを現金として払い出したりする口座です。

2.コンビニ

2.コンビニ

コンビニでヤフーマネーのチャージをしたい場合は、ヤフーウォレットのトップページからネットで手続きをします。

「コンビニでチャージ」のページでチャージしたい金額を入力し、「お客様番号と確認番号」を発行します。

「お客様番号と確認番号」のメモを取り、コンビニに設置されたマルチメディア端末で入力し、現金で支払うとヤフーマネー残高にチャージ金額が反映され、チャージ完了となります。

ヤフーマネーをチャージできるコンビニは次のコンビニになります。

セブンイレブンではチャージできないので、ご留意下さい。

3.ヤフオク!の売上金

3.ヤフオク!の売上金

ネットオークションのヤフオク!を利用しているなら、ヤフオク!の売上金をヤフーマネーにチャージすることもできます。

ヤフオク!の売上金管理のページから「Yahoo!マネーにチャージ」をクリックします。

「チャージ金額」欄にチャージ金額を入力し、指示の通りに進むとチャージ完了となります。

銀行口座を新しく追加できる

銀行口座からのチャージをする際、利用する口座を変更したい場合は、新しい口座をYahoo!ウォレットに追加して結びつけることもできます。

Yahoo!ウォレットに新しい口座を結びつけてから、PayPay(ペイペイ)アプリで改めて口座の選択をしましょう。

PayPay(ペイペイ)のチャージ方法5つのまとめ

PayPay(ペイペイ)のチャージ方法5つのまとめ

ここまでPayPay(ペイペイ)のチャージ方法を見てきましたが、分かりやすく5つにまとめて、一覧にしました。

電子マネーの種類 5つのチャージ方法
ペイペイ残高 1.Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に登録した金融機関口座
2.Yahoo! JAPANカード
ヤフーマネー 3.Yahoo!ウォレットの預金払い用口座
4.コンビニ
5.ヤフオク!の売上金

ポイントが二重に貯まるという点でお得なチャージ方法が、2つ目の「ペイペイ残高をYahoo! JAPANカードでチャージする」という方法です。

キャンペーンでチャージがお得に

キャンペーンでチャージがお得に

2018年12月21日現在、PayPay(ペイペイ)の新規登録で、ペイペイ残高500円相当が付いてくるというお得なキャンペーンをやっています。

PayPay(ペイペイ)に最初から500円分のチャージがされている状態になるので、新規登録さえすればタダで500円がもらえるのと同じです。

とりあえず登録だけしておいても損はないかもしれません。

PayPay(ペイペイ)のサービス開始と同時に始まり、話題となっていた「100億円あげちゃうキャンペーン」「20%還元キャンペーン」は、10日ほどで還元金額が上限の100億円に達したため、予想を超える早さで終了しました。

支払い方法はチャージ以外にクレジットカードもある

支払い方法はチャージ以外にクレジットカードもある

PayPay(ペイペイ)の支払い方法はペイペイ残高とヤフーマネー以外にも、クレジットカードでの支払いがあります。

クレジットカードでの支払いは、PayPay(ペイペイ)アプリの支払い方法の登録でクレジットカードを選ぶだけなので、電子マネーのチャージは関係ありません。

スマホのPayPay(ペイペイ)アプリがクレジットカードの代わりになると捉えても問題ないでしょう。

クレジットカード払いによるポイントは通常通り貯まりますが、会社よってはポイントが貯まらない場合もあるので、確認が必要になります。

クレジットカード払いの場合も、クレジット払いのポイントとPayPay(ペイペイ)での支払いによるポイント(PayPayボーナス)が付くので、ポイントの二重取りが可能になります。

PayPayボーナスの利用は、最後にペイペイ残高が変動した日から2年となります。

PayPay(ペイペイ)が使えるお店(加盟店)

PayPay(ペイペイ)が使える店(加盟店)

PayPay(ペイペイ)で支払いができるお店は、上記のマークがあるお店です。

飲食、家電量販店、交通、コンビニで利用できる

PayPay(ペイペイ)が使えるお店で有名どころだとファミマ、ヤマダ電機、ビックカメラなどがあります。

その他、以下に示すお店でペイペイ払いが可能です。

あなたが使うお店もきっとある!

スマホ決済の導入を考えているお店にとって、PayPay(ペイペイ)は初期費用や決済手数料が無料で導入できるので、今後も世の中のキャッシュレス化の動きに乗じて、PayPay(ペイペイ)が利用できるお店は増えていくでしょう。

PayPay(ペイペイ)のお店での使い方

PayPay(ペイペイ)アプリをお店の支払いで利用する流れは、次の2通りあります。

  1. スマホでお店のQRコードを読み取る
  2. お店の人にアプリに表示されたバーコードを提示する

お店での支払いの流れはこちらの記事で詳しく解説しています。

ペイペイの使い方を詳しく解説

お店の人に「ペイペイでお願いします!」と言えば、対応してもらえます。

これからPayPay(ペイペイ)を使おうと思っている人は、初体験のドキドキを感じてみてはいかがでしょうか。

SPONSOR LINK

まとめ

PayPay(ペイペイ)のお得なチャージ方法について解説しました。

お得なチャージ方法は「ペイペイ残高をヤフーカードでチャージする」方法です。

ヤフーカードでチャージすることでポイントの2重取りができます。

その他、電子マネーをチャージする以外では、支払い方法をクレジットカードに設定することでもポイントの2重取りが可能です。

PayPay(ペイペイ)の共同出資の会社がヤフーなので、ヤフーのサービスをよく利用する人にとっては、PayPay(ペイペイ)のサービスはとてもおすすめと言えるでしょう。

世の中のキャッシュレス化が進む中で、今後のPayPay(ペイペイ)の発展が楽しみです。