激減は嘘!ヒカキン年収の推移、家賃、本名まとめ

激減は嘘!ヒカキン年収の推移、家賃、本名まとめ

日本一のYouTuber「ヒカキン」さん。

4つのユーチューブチャンネルで動画の投稿を行い、毎月、再生回数を「約2億回」ずつ伸ばしています。

そんなトップユーチューバー「ヒカキン」の年収は約5億円という推定!

このページではヒカキンさんの

  • 年収の内訳
  • 家賃や本名、その他プロフィール
  • 実兄であるセイキン、はじめしゃちょーとの比較
  • マイクラ、青鬼などのゲーム実況動画

についてまとめてみました。

ヒカキンの年収

ヒカキンの年収

4つの収入源

ヒカキンの収入源は大きく分けて「4つ」あると予想されます。

  1. YouTubeの広告収入
  2. 企業とのタイアップ動画
  3. メディアやイベントの出演料
  4. 役員の報酬

一部では年収が激減したとも噂されていますが、ヒカキンの年収の内訳(2016年)を詳しく考察していきましょう!

SPONSOR LINK

1.YouTubeの広告収入

ヒカキンが持つ4つのチャンネル

ヒカキンがもつチャンネルはこの4つです。

  1. 「HIKAKIN」・・・主にビートボックスの投稿動画
  2. 「HikakinTV」・・・企業とのタイアップ動画などを含む商品紹介動画
  3. 「HikakinGames」・・・マインクラフト・青鬼などのゲームの実況動画
  4. 「HikakinBlog」・・・自身の日常を紹介する気軽な動画

「YouTubeランキング」を参考に、2016年1月~12月の4チャンネル合計の再生回数を計算したところ

なんと一年間で、22億3684万8830回も再生されていました!

主に再生回数を稼いでいるのは「HikakinTV」と「HikakinGames」で、この2チャンネルだけで2016年は約21億回も再生されています。

YouTube動画の再生1回あたりの単価

YouTubeの再生1回あたりの単価ですが、一般的には動画の再生1回あたり「0.03円~0.5円」と言われており、再生回数や動画の長さ、チャンネル登録者数にもよって変わってきます。

つまり、よく動画が再生されるトップユーチューバーはそれだけ単価も高く設定されているという事ですね。

ヒカキンほど有名になれば1再生あたり「0.5円や0.3円」という噂があります。

しかし「HikakinGames」は再生時間が長かったり「HikakinTV」は短かったりと、動画の再生時間にバラつきがありますので、今回は1再生あたり0.15円で年収を計算してみます。

ユーチューブからの報酬

ユーチューブからの報酬

さて気になるはYouTubeからの報酬は

22億3684万8830回×0.2円=3億3552万7324円!

約3億4000万円!

凄いですね!月給にすると、およそ2700万です。

2.企業とのタイアップ動画

企業より依頼されて商品を紹介する動画

企業とのタイアップ動画、実はYouTubeの広告収入の次に稼げるのです。

YouTubeの動画内での商品紹介ということは、いわゆるテレビCMのようなものです。

テレビCMと比べYouTube内のタイアップ動画の方が、企業側にたくさんメリットがあります。

  • 流せる時間が長い
  • テレビCMよりも費用が抑えられる
  • 若年層に向けて配信することがでる

このタイアップ動画を依頼されることが多いのが、人気のユーチューバーです。

企業側から支払われるタイアップ動画の出演料は「チャンネル登録者の数×1円」で計算されることが多いといわれています。

2016年のヒカキンのチャンネル登録者数は、4チャンネル合計で約663万人~833万人と増えています。

ヒカキンの出演料

ヒカキンの出演料

企業とのタイアップ動画、ヒカキンの出演料は平均で約750万円と推測できます。

しかしこの割り出し方は、あくまでも「チャンネル登録者の数×1円」で計算した場合です。

ヒカキンほど有名になれば、別の契約方法などで独自に報酬が支払われている場合もあります。

さらに2016年に投稿したタイアップ動画も多いので、合計で1億円は報酬として稼いでいるのではないかと推測します!

3.メディアやイベントの出演料

メディアの出演

メディアの出演についてですが、2013年~2015年まで、複数のテレビ番組・CM・映画に出演していました。

しかし2016年は一本も出演が無いため、メディア出演の収入は0円になります。

2017年に入ってからは2本のCMに出演していますので、今後メディアでも活躍していくのではないかと思います。

イベントの出演

イベントの出演

次にイベントの出演ですが、ヒカキンはYouTube主催のイベントにはほとんど出演しています。

トップユーチューバーとしての出演になりますので、それだけ多く出演料が払われている可能性があります。

一回の出演で100万円前後だとして、2016年は出演回数も多いので合計で3000万円前後と推測します。

4.uuum株式会社の役員の報酬

ヒカキンは所属事務所である「uuum株式会社」の最高顧問なのです!

uuum株式会社の執行役員としての給料ですが、その額はどのくらいなのでしょうか?

公開されていない情報なので、推定の範囲内ですが、恐らく数千万円は超えているかと思われますが、今回は推定2000万円といたします。

結局年収はいくら?

では、2016年の年収をまとめます!

  • YouTubeの広告収入・・・約3億4000万円
  • 企業とのタイアップ動画・・・約1億円
  • メディアやイベントの出演料・・・約3000万円
  • 役員の報酬・・・約2000万円

という事で、合計4億9000万円です!

年収約5億円なんて、宝くじが毎年当たるようなものですw

日本と世界のユーチューバー年収ランキング!平均いくら?

日本と世界のユーチューバー年収ランキング!平均いくら?

ヒカキンの年収の推移

ヒカキンの年収の推移

2016年の年収は約5億という事なので、過去の推定年収とも比べてみました!

2014年 2015年 2016年
YouTube広告収入 1億9000万円 2億4000万円 3億4000万円
企業とのタイアップ動画 1億円 1億円 1億円
メディア・イベント出演料 4000万円 4500万円 3000万円
役員の報酬 800万円 1500万円 2000万円
合計(年収) 3億3800万円 4億円 4億9000万円

月間再生回数が年々増えているので、年収も上がってきていますね!

ヒカキンの年収は激減したという噂もありますが全くそのようなことはなく、むしろ2017年も順調に再生回数を伸ばしています。

2016年はメディア出演が無かった点や、引っ越しをしていたという事でそのような噂が出たのではないかと思いますが、それでも再生回数を毎月約2億回ずつ伸ばしていた為、年収に影響はなかったようです。

ヒカキンの家はどこ?家賃はいくら?

ヒカキンの家はどこ?家賃はいくら?

年収も桁外れのヒカキンですが、どんな豪邸に住んでいるのかも気になりますよね!

家はユーチューバーにとってスタジオであり作業場でもあります。

そしてヒカキンは、基本的に家でずっと作業をしているので、きっと豪邸に住んでいるに違いない!と思い、調べました。

ヒカキンはこれまで4回の引っ越しをしています。そして現在「東京都港区赤坂」が最有力情報との事。

気になる家賃ですが、160万円という噂が多くあります。

しかしこの160万円という情報はガセなのでご注意を!

ヒカキン本人が否定しており、正確な家賃は明かされておりません。

赤坂の2LDK以上の高級マンションという事は確かですので、100万円は超えてくるでしょう。

自宅については、こちらの動画でヒカキンが紹介してくれています。

リビングやキッチン、動画を撮影・編集を行う仕事部屋、寝室、納戸などを紹介してくれていますが、恐らくもっと部屋数はあるように感じますので、2LDK以上なのは確実ですね。

もっと細かく見てみたい気もしますが、あまり詳しくアップしてしまうと自宅を特定されてしまいますので、これ以上詳しく紹介する動画は投稿されないのではないかなと思います。

はじめしゃちょーとヒカキンの比較

はじめしゃちょーとヒカキンの比較

トップユーチューバーとしてヒカキンと肩を並べるのが、はじめしゃちょーです。

億越え?はじめしゃちょーの年収と活動休止の理由とは?

はじめしゃちょーは最近女性関係や投稿動画の内容で炎上してしまい、一時活動休止しておりました。

現在は活動再開されていますが、一体どっちが稼いでいるの!?と気になりますよね!

2016年の二人の収入を比べてみましょう!

ヒカキン はじめしゃちょー
YouTube広告収入 3億4000万円 3億円
企業とのタイアップ動画 1億円 3500万円
メディア出演料 0円 500万円
イベント出演料 3000万円 2000万円
役員の報酬 2000万円 0円
合計(年収) 4億9000万円 3億6000万円

結果は1億円以上、ヒカキンの方が高いと推測できます!

YouTubeの広告収入については、どちらも再生回数が多いので約3億円以上です。

差をつけているのは、ヒカキンのタイアップ動画と役員報酬になります。

ヒカキンはタイアップ動画を頻繁に投稿しているのに比べ、はじめしゃちょーは月1回程度です。

また、役員報酬についても、ヒカキンは執行役員の為uuum株式会社から給料が出ますが、はじめしゃちょーはuuum株式会社に所属しているものの役員ではありません。

ヒカキンもはじめしゃちょーも、もっと活躍してくる可能性がありますので、今後の年収が楽しみですね。

ヒカキンとセイキンについて

ヒカキンとセイキンについて

「セイキン」をご存知でしょうか?

はじめて見る方は、外見や動画の内容から「ヒカキンのパクリではないか!」と思われる方もいるかもしれません。

二人ともユーチューバーとして似ている部分が多いですよね。顔が似ているので、双子説なんてのもありました。

正真正銘の兄弟?

ヒカキンとセイキンは正真正銘、実の兄弟です。

簡単なプロフィールをご紹介すると…

ヒカキン

本名:開發 光(カイハツ ヒカル)
生年月日:1989年4月21日

「開發(カイハツ)」という本名もなかなか珍しいですよね。

調べてみたところ富山県と新潟県に多い苗字で、全国に20世帯以下、約70人しかいないそうです。

1000万人に5人程度という事で、この激レアな苗字のルーツは、現富山県の越中国射水郡開発村という場所から来ているといわれています。

セイキン

セイキン

本名:開發 聖也(カイハツ セイヤ)
生年月日:1987年7月30日

はい、ご覧のとおりヒカキンの方が弟だというのがお分かりいただけますでしょうか。

セイキンは主にビートボックスの動画やゲームの実況、商品紹介の動画を投稿しており、毎月7000~8000万回ずつ再生回数を伸ばしています。

チャンネル登録者数も現在330万人以上おり、兄弟そろって人気のユーチューバーなんです!

年収の差はどのくらい?

人はなんでも比べたがるものなので、兄弟の年収を比べてみましたw

まず、兄セイキンの2016年の収入源と金額は以下のとおり推測しました。

  • YouTubeの広告収入・・・約8900万円(1再生=0.1円)
  • 企業とのタイアップ動画・・・約4000万円
  • メディアやイベントの出演料・・・約5500万円
  • CDやグッズの売り上げ・・・約5000万円

合計2億3400万円!

ヒカキンの推定年収が4億9000万円ですので、約半分というところでしょうか。

それでも年収2億円以上という事で、一般人からすれば「もう働かなくても食べていける」という金額だと思います。

ヒカキンQA

ヒカキンQA

さらに詳しく、ヒカキンという人物についてご紹介いたします!

Q.ヒカキンの出身地は?

A.新潟県 妙高市の出身です。実家も妙高市にあるとされ、高校卒業まで実家で過ごしました。

Q.ヒカキンは在日韓国人?国籍は?

A.見た目や珍しい苗字から、「在日韓国人なのでは?」という噂もあります。

これについては証拠がないので断言できませんが、新潟県で幼少期から過ごされている写真がありますので、可能性は低いかな…?と思います。

有名になるとすぐ在日韓国人なのではないかという噂がでますので、純粋な日本人であればヒカキン本人には迷惑な話ですw

Q.ヒカキンの学歴は?大学はどこ?

Q.ヒカキンの学歴は?大学はどこ?

A.ヒカキンは高校卒業後、上京しスーパーへ就職しています。そのため大学は出ておりません。

スーパーで働きながら、YouTubeで動画投稿を行って生活していたのだそうです。

Q.ヒカキンのプロフィールを教えて!

A.はい、では詳しくお教えいたしましょう!

本名:開發 光(カイハツ ヒカル)
生年月日:1989年4月21日
出身地:新潟県 妙高市
居住地:東京都
血液型:O型
身長:174㎝
体重:68㎏
職業:YouTuber
俳優・タレント
ヒューマンビートボクサー

Q.ヒカキンのゲーム実況で有名なのは何?

Q.ヒカキンのゲーム実況で有名なのは何?

A.ヒカキンは「HikakinGames」のチャンネルでマインクラフト・ゼルダの伝説・モンスト・青鬼などのゲーム実況を行っています。 

そのなかでも、「青鬼」「青鬼2」は再生回数も多く、投稿されている数も多いです。

ホラーゲームになるのですが、ヒカキンがとても楽しく実況してくれるのでおススメです!

SPONSOR LINK

まとめ

今回、2016年の年収を中心にヒカキンについてまとめてみましたが、収入は芸能人レベルか、それ以上という事がわかりました。

2017年に入ってからも知名度はぐんぐん上がっており、最近だとキングカズさんとCMに出たりしていますよね!

また、これだけ稼いでいるヒカキンですが、あまり私欲にお金を使わないとの事w

基本的に自宅にこもってずっと作業を行うそうなので、お金を使う時間がないだけかもしれないですが…

スキャンダルもほとんどないので、トップユーチューバーの中でプロ意識は人一倍強いのだと思います。

これからもどんどんみんなを笑顔にしてくれる動画を投稿してくれることを期待しましょう!