【2019年版】審査の甘い狙い目のクレジットカードまとめ

【2019年版】審査が甘い狙い目のクレジットカードまとめ

クレジットカードの審査は各カード会社独自の基準で行われており、難易度はカード会社ごとに違います。

そのため単純な難易度だけでなく、相性が影響してくることもあります。

そして審査の難易度とカードの良し悪しは関係ないということは覚えておきましょう。

この記事では総合的に見た審査の甘いカードランキングに加えて、無職や自己破産後、学生や専業主夫などクレカ審査で落ちやすいタイプ別に合格を狙えるおすすめカードを紹介します。

クリックできる目次

審査が甘いクレジットカードの前提

必ず審査が通るクレジットカードはある?

ありません。

どれだけ審査が甘いクレジットカードでも、法律に定められている最低限の基準はクリアしないといけないので、落ちる人はいます。

審査なしのクレジットカードはある?

「後払い」には支払い能力などの審査が必要なので、クレジットカードはすべて審査があります。

ただしプリペイドカードなら審査はありません。

審査なしで人気のプリペイドカードだと「バンドルカード」が有名です。

バンドルカードとは?使い方やデメリットを解説!

バンドルカードとは?使い方やデメリットを解説!

審査の甘いクレジットカード【審査難易度:激甘】

審査の甘いクレジットカード【審査難易度:激甘】

まずは総合ランキングとして審査難易度別にカードを紹介していきます。

ここで紹介するのは業界トップレベルと言えるほど審査が甘いカードです。

これらに落ちるようでしたら大きな問題をあなたが抱えている可能性が高く、原因を調査する必要があります。

審査の甘いクレジットカードとして有名な以下の3枚が激甘カードにランクイン。

  1. ライフカード(デポジット)
  2. セディナカードJiyu!da!
  3. マジカルクラブTカードJCB

1枚ずつ解説していきます。

<一番おすすめ>ライフカード(デポジット)

デポジットで信用を担保

デポジットで信用を担保
審査の甘いカードとして毎年必ずランクインするカードで、審査で落とされる人のために作られているカードです。

そのため他社で何度も落とされている人でも、かなりの確率で発行してもらえます。

ライフカード(デポジット)は、カードの郵送の際に保証金(デポジット)として10万円を現金で預けて信用を担保する、欧米型のクレジットカードです。

※デポジットはカード退会の際に、未払金がなければ全額戻ってくるので安心してください。

カードの機能自体は通常のライフカードと同じです。

メリット・おすすめな人

ライフカード(デポジット)は旅行傷害保険や無料ETCカードなど、クレジットカードとしての基本的な機能が一通り揃っているスタンダードなカードです。

「amazonでポイントアップがないと嫌だ!!」などこだわりのある人以外は、問題なく使えます。

現金10万円は用意できるけど、事情があってクレカ発行が全然できないという人にはおすすめです。

セディナカードJiyu!da!

信用が弱い属性の中でも主婦と学生向け

信用が弱い属性の中でも主婦と学生向け

主婦と学生向けのカードです。

公式サイトでも主婦・学生でもOKであることが強調されています。

年収が低い層にはクレジットカードを発行したがらないカード会社がほとんどなので、あえて主婦や学生狙いで作られているカードは審査が非常に甘いです。

しかしこれはあくまで職業・収入面の話なので、あなたが過去に支払いを遅延したことなどがあり、信用度が低い場合は落ちる可能性があります。

メリット・特徴

全国のセブンイレブンやダイエー、イオンで毎日ポイント3倍の普段遣いで活躍するカードです。

また支払い回数や金額を細かく調整できる点が特徴的といえます。

入会時に毎月の支払い上限を決め、上限を超えて利用した分はお金に余裕があるときの支払いでOKです。

上限を高くすればただの1回払いと同じですが、上手く使えば、節約志向の方と相性が良いですね。

マジカルクラブTカード

クレカ払いが必須なサービスのために用意する人向け

クレカ払いが必須なサービスのために用意する人向け

「利用金額は低いけどクレジットカードが必要なんだ!」という方におすすめです。

アーティストのライブチケット購入などですね。

マジカルクラブTカードは利用可能枠(限度額)を3~5万円程度に制限される可能性がある代わりに、審査合格にする人を多くしています。

※他社だと低い場合で、10万円程度

限度額から察するに、年収100万円前後もあれば合格は狙えると思います。

メリット・特徴

マジカルクラブTカードで貯まるポイントは「Tポイント」です。

Tポイントは200円につき1ポイントなので、貯まりにくいと言われています。

しかしマジカルクラブTカードなら月3万円以上の利用者には、100円につき1ポイントを付与します。

普段遣いでTポイントを貯めたい方におすすめです。

審査の甘いクレジットカード【審査難易度:甘い】

審査の甘いクレジットカード【審査難易度:甘い】

先ほどの3枚ほどではありませんが、一般的に審査が甘い部類のカードを紹介します。

  1. リクルートカード
  2. 三井住友VISAデビュープラスカード
  3. イオンカードセレクト

種類が多いので1枚1枚は簡単に紹介していきます。

リクルートカード

リクルートのクレジットカード

リクルートのクレジットカード

リクルートのクレジットカードで、幅広い層を対象としています。

楽天カードもそうですがリクルートカードも狙いはカード自体ではなく、カードをきっかけに自社サービスを利用してもらうことです。

なので審査が甘めになるのです。

また以下のような声がネット上で散見され、VISA・MastercardよりJCBの審査の方が通過しやすいと言われています。

MUFGとは相性が悪いのかMASTERで否決後にJCBで申込み即可決

引用元:

両方申し込んだ上での結果なので、認めざるを得ませんね。

メリット・特徴

リクルートカードで貯まるポイントは、リクルートポイントとポンタです。

リクルートのサーボスであるじゃらんやホットペッパー、ポンパレモールなどで常に高還元率でポンタを取得しながら買い物できます。

しかもリクルートサービス以外で使っても還元率1.2%の業界トップレベル。

nanacoやSuicaなどの電子マネーチャージでもポイントが貯まる点は強力です。

リクルートカードの詳細はこちら

三井住友VISAデビュープラスカード

学生メインの有望カード

三井住友VISAデビュープラスカード

18~25歳限定の若者向けカードです。

三井住友VISAカードの入門カードとも言えます。

そのため入り口であるこのカードの審査は、比較的甘いです。

ちなみに限度額は社会人で10~80万円、学生だと10~30万円となります。

メリット・特徴

最大のメリットは、三井住友デビュープラスカードの有効期限が切れるタイミングで、上位の「三井住友プライムゴールド」にランクアップできることです。

プライムゴールドも更新時に「三井住友ゴールドカード」にランクアップできるので、デビュープラスを手に入れておけば、審査が厳しい三井住友の上位カード獲得の可能性がぐっと高まります。

また意外と知られていませんが、ポイント還元率は1%あり、コンビニなどでは3%になるため貯まりやすいです。

三井住友デビュープラスカードの詳細はこちら

イオンカードセレクト

イオングループでお得だが多重申し込みに厳しい

イオングループでお得なカード

全国のイオングループ(イオン、ダイエー、マックスバリュなど)で利用するとポイントが2倍になります。

イオンカードを発行することで、イオングループでの買い物を促したいので、審査が甘めになります。

ただし実際に使ってくれる人にカードを発行しようという姿勢が強く、短期間に複数のカードを申し込む「多重申し込み者」は落とされやすいです。

明確な基準はありませんが「半年間に3枚以上」あたりから多重とみなされる可能性があります。

メリット・おすすめな人

イオンカードセレクトは主婦におすすめのカードです。

イオングループでのポイントアップだけでなく、毎月20日・30日のお客さま感謝デーでは5%割引も受けられます。

さらにATMの入手金や振込手数料がかからないのも便利な点です。

WAONを搭載させることもでき、ポイントを二重取りできちゃう節約カードと言えます。

「無職」OKの審査が甘いクレジットカードまとめ

「無職」OKの審査が甘いクレジットカードまとめ

多くのクレジットカードは収入が「安定的に」入っているかを重要視して審査しています。

つまり本来は収入があるだけでは不十分なので、無職で収入なしなら残念ながら論外と判断されます。

はっきり言って無職の方が作れるクレジットカードは、日本だとほぼありません。

しかし無職の人でも審査通過の可能性があるクレジットカードが2枚あるので、ご紹介します。

<無職の人に1番おすすめ>ライフカードDp(デポジット)

<無職の人に1番おすすめ></span>ライフカードDp(デポジット)

ライフカードのデポジットタイプは、どうしてもクレジットカードが作れない人のために用意されているカードです。

デポジットとは、カード受取時に保証金として10万円をライフカード株式会社に預けることで信用を担保するシステムのことです。

※保証金はカード解約時に返金されます

日本だとデポジットタイプはほとんどありませんが、貧富の差が激しい欧米だとメジャーなタイプなので安心してください。

デポジット式であること以外は、通常のクレジットカードと同じです。

イオンカードセレクト

イオングループでお得なカード

イオンカードセレクトは無職の人に推奨されているカードではありませんが、審査通過例が複数あります。

専業主婦の方にも積極的にカードを発行しているので、クレジットカード難民を広く受け入れる体制が整っているようです。

ただし無職の人を推奨しているライフカードデポジットに比べたら、審査通過率は低い点は理解しておきましょう。

「学生」OKの審査が甘いクレジットカード

「学生」OKの審査が甘いクレジットカード

学生OKのクレジットカードとは、申込み条件に

18歳以上(高校生は除く)

と書かれているカードのことです。

高校生は不可ですが、大学生や専門学生なら持つことができます。

中でも学生だけ、もしくは20代前半までに対象を限定しているカードは学生に発行するためのカードなので狙い目です。

<学生に1番おすすめ>三井住友デビュープラスカード

三井住友デビュープラスカードー学生

三井住友デビュープラスカードは18歳~25歳限定で発行しているカードです。

三井住友カードは銀行系のクレカで本来、審査難易度が高め。

そのため学生や社会人1~2年目だと落ちてしまう人が多かったでしょう。

そこでまだ社会的信用が弱い若者専用に「デビュープラス」が生まれました。

三井住友カードの上位カードはステータスが高く、将来的にほしくなる人も多いので、早い内から利用履歴を積み上げると後の審査も有利になりますよ。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

クレジットカード初心者や、信用が低い人から人気のライフカードです。

ライフカードは種類が多く、そのうちの1枚として「学生専用ver.」があります。

年会費無料で、通常のライフカードの上位互換の機能や特典付き。

気に入ったらそのまま持っておけば、卒業を気に通常のライフカードへ自動更新されます。

審査が甘いだけではなく、学生しか得られない特典が多いので逃すのがもったいないカードです。

「専業主婦OKの流通系」で審査が甘いクレジットカード

「専業主婦OKの流通系」で審査が甘いクレジットカー

審査が甘い傾向のあるクレジットカードといえば流通系ですね。

流通系のクレカは主にデパートやスーパーでお得になることが多く、主婦からの支持が厚いです。

主婦の方はパートだったり、専業主婦のため収入がなかったりすることが多いので、審査のハードルは下げられています。

<流通系で1番おすすめ>イオンカードセレクト

イオンカードセレクトー専業主婦

WAON搭載かつイオングループでお得なるのが、イオンカードセレクトです。

知名度が高く人気のためすでに持っている人も多いでしょう。

使っていく内に条件を満たした人には、無料でゴールドカードを発行するほど会員獲得に積極的です。

まずはイオンカードセレクトを多くの人に使ってもらい、ゴールドへつなげるという狙いがあるので、審査は甘いと言えます。

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!ー専業主婦

年会費無料で支払い方法も自由自在なセディナカードJiyu!da!です。

セブングループやイオン、ダイエーなどで常にポイントアップや割引があります。

申し込み対象も「18歳以上で電話連絡が可能」しか条件がなく、ハードルをかなり低くしています。

どう見ても主婦向けのカードなのに対象が広いのは、それだけ多くの会員獲得を狙っているということです。

「任意整理後・ブラック・自己破産後」OKの審査が甘いクレジットカード

「任意整理後・ブラック・自己破産後」OKの審査が甘いクレジットカード

自己破産やブラック情報は、クレジットヒストリーに5年間残ります。

そのため定職で安定収入を得て、資産が回復していたとしても、多くのクレジットカードは発行が困難でしょう。

その中でも破産後から2年以上は経っていることを前提に、審査通過の可能性があるカードを2枚紹介します。

<自己破産後に1番おすすめ>ライフカードDp(デポジット)

<自己破産後に1番おすすめ></span>ライフカードDp(デポジット)

日系のクレジットカードを希望するのであれば、ライフカードDp(デポジット)を頼りましょう。

日系とはいえ、デポジット式は欧米流。

信用を過去の履歴ではなく、保証金10万円の預け入れで担保できる点が魅力です。

デポジットはカード解約後に返金されます。

まずはライフカードDp(デポジット)でクレヒスを積み上げ、他のカードもゲットしましょう。

アメリカン・エキスプレス・グリーンカード

外資系のアメックスグリーン

アメリカン・エキスプレス・グリーンカードー自己破産

日系の審査が過去のクレジットヒストリーを重視するのに対して、アメックスのような外資系クレジットカードは、現在のステータスを重視します。

自己破産直後は厳しいですが、定職についたりして現状が安定している人であれば審査通過の見込みがあります。

アメックスといえばステータスの高さが有名なので、申し込んだことがない人も多いでしょう。

しかし審査の難易度は相性によっても変わるので、自己破産経験者にとってはアメックスが合格しやすい場合もあるということです。

審査は最短10秒で瞬殺落ち!?

アメックスグリーンの審査は機械による自動審査(スコアリング)を導入しており、多くの人がすぐに審査を終えます。

そして合否にかかわらず最短10秒審査と言われているため、「瞬殺の多いカード」としても有名です。

ただし瞬殺が多いのはそういった事情なので、審査難易度とは関係ありません。

すぐに結果が出ない場合は、人による手動審査に回っていることになるので、合否が際どいということです。

まとめ

審査が甘い上に条件が良いクレジットカードはたくさんあります。

しかしあなたの信用情報に問題があるなら、それらのカードですら逃してしまうかもしれません。

日頃から支払いの延滞や負債の積み重ねに気をつけましょう。

クレジットヒストリーとは?確認方法や作り方を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA