【3分で理解】楽天ゴールドカードの損益分岐点!切り替えで損する人

【3分で理解】楽天ゴールドカードの損益分岐点!切り替えで損する人

どんな人なら楽天ゴールドカードに切り替えるべき?
楽天ゴールドから楽天プレミアムカードに切り替える基準は?

この記事では年会費の元をとってお得になる「損益分岐点」について細かく解説します。

また後半では楽天ゴールドカードのメリット&デメリットも説明します。

クリックできる目次

楽天カードvs楽天ゴールドカードの損益分岐点

楽天カードvs楽天ゴールドカードの損益分岐点

ここからは楽天ゴールドカードでどのように元をとるのか、損益分岐点について解説します。

楽天ゴールドカードの年会費は2,160円なので、ざっくり「2,000円」分の得をする場合を損益分岐点とします。

ちなみに、楽天ゴールドカードを持つメリットは複数あるため、元をとる方法も複数あります。

ここではそのメリットの中でも「2つの損益分岐点を突破する場合」に絞って紹介をします。

楽天ゴールドカードへ切り替えるべき人の特徴

以下のいずれかに当てはまる人は、楽天カードよりも楽天ゴールドカードの方がお得になります。

  • 楽天市場で年間10万円以上お買い物をする
  • 飛行機に乗る機会が年に2回ある
  • 楽天市場で年間5万円+年1回飛行機搭乗

「楽天ポイント」と「空港ラウンジ」が損益を判断するポイントです。

1.ポイントだけで元をとる場合

楽天市場の利用が必須

楽天ゴールドカードのメリットと損益分岐点|年会費以上にお得

ポイント還元で元をとりたい場合について解説します。

基本のポイント還元率は楽天カードと同じく1%なので、還元率で上回る楽天市場を利用しないと意味がありません。

楽天カードでも楽天市場の利用は3%ポイントをもらえるので、差分は2%です。

ポイントの損益分岐点

数字が細かくなるので年会費をぴったり2,000円として計算します。

年間利用額 ポイント 損益
5万円 1,000 -1,000円
10万円 2,000 ±0
20万円 4,000 +2,000円

楽天カードとの差分2%を利用して元をとるには、年間10万円以上利用すればいいのです。

ひと月あたり9,000円程度なので、日用品を楽天市場で購入するだけでも届くラインでしょう。

注意:毎月25万円以上使う人だけは逆に損

よほどお金持ちの方でないといない思いますが、楽天市場で毎月25万円以上使う方だと楽天ゴールドカードは損です。

なぜなら楽天カードの+2倍特典も楽天ゴールドカードの+2倍特典も上限は、それぞれ5,000pt/月だからです。

つまり楽天ゴールドカードの人は月に1万pt獲得まで、利用金額に換算すると25万円となります。

それ以降は通常付与の1%分だけポイントをもらえます。

2.空港ラウンジ利用だけで元をとる場合

次に空港ラウンジの利用で考えます。

年間2回まで無料で3回目以降は通常料金なので、2回利用で得をしなくてはいけません。

次に空港ラウンジの利用料金の相場ですが、1,000~1,500円のラウンジが多いです。

そのため年間2回利用で2,000~3,000円分お得になります。

十分元がとれますね。

楽天ゴールドカードへの切り替えキャンペーン

楽天ゴールドカードへの切り替えキャンペーンは2019年9月20日時点では、存在しません。

昔はよく開催されていましたが、最近ではほぼありません。

キャンペーンに期待せずに申し込んでしまう方が良いでしょう。

楽天ゴールドカードvs楽天プレミアムカードの損益分岐点

楽天ゴールドカードvs楽天プレミアムカードの損益分岐点

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードのどちらがお得かも知っておきましょう。

まだ通常の楽天カードしか使ったことがない人でも、いきなり楽天プレミアムカードに切り替えた方がいい場合もあります。

楽天プレミアムカードへ切り替えるべき人の特徴

以下のいずれかに当てはまる人は、楽天プレミアムカードへ切り替えましょう。

  • 楽天市場でのお買い物金額が年間80万円以上
  • 飛行機搭乗回数が多く、ラウンジにこだわりたい人

今回も「楽天ポイント」と「空港ラウンジ」が損益を判断する鍵になります。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの比較

それぞれのスペックは以下の通りです。

楽天ゴールド 楽天プレミアム
年会費(税抜) 2,000円 10,000円
通常還元率 1.0% 1.0%
楽天市場 5.0% 6.0%
※楽天市場
コースの場合
空港ラウンジ 31ヶ所
年間2回まで
1,200ヶ所以上
利用制限なし

損益分岐点①ポイントだけで元をとる場合

楽天市場で年間80万円以上

楽天市場で年間80万円以上

楽天プレミアムカード取得時に「楽天コース」を選択すると、楽天市場での還元率が6%になります。

そして年会費は10,000円(税抜)です。

ゴールドとの差分は還元率1%と年会費8,000円なので、この1%差が年間8,000pt以上を生むなら楽天プレミアムカードの方がお得になります。

年間利用額 ポイント差 損益
10万円 1,000pt -7,000円
50万円 5,000pt -3,000円
80万円 8,000pt ±0円
150万円 15,000pt +7,000円

楽天ゴールドカードよりも楽天プレミアムカードに乗り換えたほうがお得なのは「年間利用額80万円以上」です。

つまり「1ヶ月あたり約67,000円」

ポイントだけで元をとるのは中々ハードですね。

楽天プレミアムカード切り替えキャンペーンを含めた場合

ただし楽天ゴールドカードと違って、楽天プレミアムカードは切り替えでポイントをもらえるので初年度の損益分岐点は違います。

もらえるポイントは2019年8月13日時点だと7,000ptです。

そのため初年度の損益分岐点は「年間利用額30万円、月々2.5万円」となります。

損益分岐点②空港ラウンジの利用だけで元をとる場合

楽天プレミアムカード会員は「プライオリティパス」の最高ランクの会員になれます。しかも年会費無料で。

そのため楽天ゴールドカードで使える空港ラウンジとは比にならない数のラウンジを、無制限に利用できます。

その点で数値化できない価値の違いがあります。

しかし1回1,000円強と仮定して利用回数で無理やり数値化するのであれば、損益分岐点は「年間利用回数7~10回程度」です。

楽天プレミアムカードとプライオリティパスの解説はこちら

楽天プレミアムカードで無料の空港ラウンジとプライオリティパスを解説

楽天プレミアムカードへの切り替えキャンペーン

楽天プレミアムカードは頻繁に切り替えキャンペーンを開催しています。

2019年9月20日時点だと、最大7,000pt付与を行うキャンペーンです。

期間は2019年9月17日~9月24日10:00。

初年度の年会費は7割回収できますね。

楽天ゴールドカードの5つのメリット

1.ポイント還元率は驚愕の5%

楽天市場利用がさらにお得

楽天市場利用がさらにお得

楽天ヘビーユーザーにとって、楽天ゴールドカードの最大の魅力はポイント還元率です。

楽天市場での決済に楽天ゴールドカードを使うと、ポイント還元率が5%になります。

例えば月に2万円お買い物をする人なら、年間で12,000円ポイントももらえます。

ポイント還元率5%ってすごい?

クレジットカードの通常還元率は0.5%が普通で、1.0%以上からは高いと言われています。

しかし楽天カードのように、特定のネットショップを利用する場合は1%より高くなるものが多いです。

カード名 通常還元率 ポイントアップ
楽天ゴールドカード 1.0% 楽天市場で5.0%
楽天カード 1.0% 楽天市場で3.0%
Amazon Mastercardクラシック 1.0% amazonで1.5%
プライム会員は2.0%
Yahoo!JAPANカード 1.0% Yahoo!ショッピングで3.0%
オリコカード・ザ・ポイント 1.0% amazonやYahoo!ショッピングで2.0%

ポイント還元率の高いカードで比較しましたが、楽天ゴールドカードが圧倒的です。

2.空港ラウンジが年2回無料

通常の楽天カードとの大きな違いの1つとして、空港ラウンジ無料利用の権利が挙げられます。

利用可能な空港ラウンジ一覧

以下の国内29空港および海外2空港のラウンジを利用可能です。

北海道 新千歳空港/函館空港
東北 青森空港/秋田空港/仙台国際空港
北陸 新潟空港/富山空港/小松空港
関東 成田国際空港/羽田空港
中部 中部国際空港セントレア/富士山静岡空港
近畿 関西国際空港/伊丹空港/神戸空港
中国 岡山空港/広島空港/米子鬼太郎空港
/山口宇部空港
四国 高松空港/松山空港/徳島阿波おどり空港
九州 福岡空港/北九州空港/大分空港/長崎空港
/阿蘇くまもと空港/鹿児島空港
沖縄 那覇空港
海外 ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)
/仁川空港(韓国)

参照:国内空港ラウンジ|楽天カード

無料なのは年間2回までなので注意してください。

空港ラウンジとは?

空港ラウンジとは?

空港ラウンジとは、飛行機出発前の空港での待機時間を快適に過ごすための部屋です。

コンセントやWiFi、場所によっては無料の軽食コーナーなどもついており、快適に過ごせます。

ただくつろぐだけでも、PCを開いて仕事を進めるのもOKです。

また楽天プレミアムカードならさらに良いラウンジを使える「プライオリティパス」ももらえます。

dカード GOLDで家族も無料の空港ラウンジは?海外と国内

3.ETCカードの年会費無料

ETCカード保持者はグループに1人必要

楽天ゴールドカードのメリットと損益分岐点|年会費以上にお得

楽天ゴールドカード保持者はETCカードを年会費無料で発行できます。

学生など、若ければ若いほどETCカードを持っている人は少ないです。

こっそり用意しておいて、レンタカー旅行のときにサッと取り出せばカッコ良いですよ。

楽天カードだとETCカードは有料

楽天カードの場合、ETCカードの年会費は500円+税かかります。

ETCカードは持っておくべきものですが、年会費を払わずに持てるクレジットカードは多いので、通常の楽天カードの人は他のクレカでETCをゲットしましょう。

ETCカード用クレジットカードのおすすめ3枚を紹介

4.利用限度額は最大200万円

楽天カードの2倍の上限

楽天ゴールドカードのショッピング利用枠の上限は200万円です。

楽天カードだと100万円なので、2倍になります。

ただしあくまで上限額なので、実際にあなたに定められる利用枠は楽天カードのときの2倍とは限りません。

ゴールドに切り替えると限度額が上がる

実際に与えられた限度額は50~200万円の人が多く、非常に幅広い印象です。

しかし多くの場合、楽天カードの頃よりも増えたという声が多いです。

限度額は楽天カードの時に100万→30万に減額済み→今回70万という流れです。

引用元:楽天ゴールドカード審査合否情報|クレファン

しかし「会社員からフリーターになった」など、社会的信用が以前より下がってしまっている人は注意してください。

限度額がむしろ下がってしまうケースもあります。

5.年会費最安クラスのゴールドカード

年会費は2,000円

楽天ゴールドカードの年会費は2,000円+税です。

ゴールドカードであれば5,000~10,000円程度が普通なので、非常に安いです。

年会費が高いと簡単には元が取れず、ゴールドカードの持ち腐れとなってしまう人は多くいます。

しかし簡単に元が取れるため、初めてのゴールドカードとしてもおすすめできます。

他のゴールドカードと年会費を比較

有名なゴールドカードと年会費を比較してみました。

カード名 年会費(税抜)
楽天ゴールド 2,000円
MUFGゴールド 1,905円
エポスゴールド 5,000円
※条件付き無料
JCB GOLD 10,000円
三井住友VISAゴールド 10,000円
dカード GOLD 10,000円
アメリカンエキスプレスゴールド 29,000円

楽天ゴールドカードの年会費は非常に安いと言えますね。

初めてのゴールドカードにおすすめの3枚を紹介

初めてのゴールドカードにおすすめ!ランキングTOP3

楽天ゴールドカードの3つのデメリット

1.海外旅行傷害保険の内容は変わらない

楽天ゴールドカードのメリットと損益分岐点|年会費以上にお得

楽天ゴールドカードには海外旅行傷害保険がついています。

しかし内容は楽天カードについている海外旅行傷害保険と同じです。

保険金額が上がっているとよりありがたいのですが、ここは残念ですね。

楽天カードは海外旅行でもお得!気になる保険の内容や手数料を紹介

2.一部の人にとってはメリットがない

楽天ゴールドカードを持つ大きなメリットは、ポイントと海外関連です。

そのため「楽天市場を利用せず、海外も行かない」という人はメリットをあまり感じられないかもしれません。

ほかに相性の良いカードを探した方が良いでしょう。

手軽なゴールドカードだと、エポスゴールドカードもおすすめです。

【エポスゴールドカード】メリットとデメリットまとめ

【エポスゴールドカード】メリットとデメリットまとめ

3.インビテーション制度はない

楽天ゴールドカードのメリットと損益分岐点|年会費以上にお得

ゴールドカードの中には条件を満たす人を対象に、インビテーションが送られ、それを使って申し込むと年会費が割り引かれたり無料になったりするケースがあります。

しかし楽天ゴールドカードにあhインビテーション制度自体がないので、年会費が通常安くなることはありません。

とはいえ元々2,000円で十分安いので、仕方ないですね。

【体験談】楽天カードからゴールドへ切り替えました

楽天ゴールドカードのメリットと損益分岐点|年会費以上にお得

楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替えるという人に向けて、体験談をお話します。

私自身、楽天カードを4年間利用してゴールドへ切り替えたので、実際に変えてみて感じたことをまとめます。

切り替え手続きは簡単

楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替えは手続きは5分かからず終わりました。

楽天カードアプリを利用している人は「その他」から行けます。

楽天ゴールドカードのメリットと損益分岐点|年会費以上にお得

タップするとwebブラウザに切り替わるので、カードを選択して手続きを開始してください。

楽天ゴールドカードのメリットと損益分岐点|年会費以上にお得

楽天プレミアムカードのデザインが似ているので気をつけてください。

クレジットカード登録の変更が面倒

楽天カードからの切り替えであったとしても、請求先として登録しているサービスはすべて登録し直しです。

これは楽天サービスも同様です。

しかし衝撃的だったのが、1つ1つ個別に登録し直さないといけないことです。

私は楽天市場、楽天銀行、楽天証券を利用していたため、手間がかかりました。

間違いなく元はとれる!

しかし結論、ゴールドに変えて良かったです!間違いなく!

私はもともと楽天ヘビーユーザーなのもあって簡単に元がとれています。

楽天カード時代に比べて年間で10,000ポイント以上得しています。

「楽天お得なのはわかるけど色々ありすぎてよくわからない」という人は、以下を参考にしてみてください。

楽天ポイントおすすめの使い方3つ!「わからない」を解決

楽天ポイントおすすめの使い方3つ!「わからない」を解決

まとめ

楽天ゴールドカードは楽天市場ユーザーには必須であり、ゴールドカード入門としても最適です。

年会費が安いので、あなたも元がとれそうと感じたのであれば試しに持ってみると良いでしょう。

合わなかったら通常の楽天カードに戻せば良いだけです。

ぜひ使いこなして、得しちゃってください。

【年間10万ポイント】楽天ポイントの貯め方の裏ワザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA