携帯料金はクレジットカード払いがお得!キャリア別おすすめカードも紹介

携帯料金はクレジットカード払いがお得!キャリア別おすすめカードも紹介

携帯料金をクレジットカード引き落としにしてない人は、毎月損をしています!

また引き落とし先のクレジットカードを、適当に選んでしまっている人ももったいないです。

どのカードを使うかで、お得さは全然違います。

この記事では、携帯料金をクレジットカード払いにするメリットと、キャリア別のおすすめカードを紹介します。

※ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのみ

クリックできる目次

携帯料金はクレジットカード払いがお得な4つの理由

1.ポイントが貯まる

1.ポイントが貯まる

1つ目のメリットは、クレジットカードにポイントが貯まることです。

郵送された払込票に従って現金で払ったり、銀行口座から引き落としをしてしまうとポイントが付きません。

仮に毎月10,000円支払いがあるとしたら、還元率1%でも年間で1,200円獲得できます。

しかも実際にはキャリア別に相性の良いカードがあるので、お得度はもっと高いです。

2.貯めたポイントで支払える

キャリアによっては、特定のポイントで携帯料金の支払えます。

例えば楽天モバイルなら、楽天ポイントで支払いが可能です。

携帯料金でポイントを貯めて、そのポイントで携帯料金を支払う好循環が生まれます。

3.何もしなくても支払いが完了して楽

3.何もしなくても支払いが完了して楽

毎月払込票を郵送してもらって、その都度コンビニなどで支払うのは手間です。

内容照会やハンコを押す作業で、普通に物を買うより時間もかかります。

その点クレジットカードなら、自動で支払いが完了し、アプリなどで明細を確認できるので楽チンです。

4.払い忘れによる信用情報への悪影響を予防

家に届いた払込票を、他のチラシなどと一緒に捨ててしまっていた経験はありませんか?

私は以前それで、支払いを忘れ、催促の電話や書類が来た上に遅延手数料もとられました。

催促後の期日までに支払わなかったら、クレジットヒストリーに傷がつくところでした。

クレジットヒストリーに傷がつくと、クレカやローンの審査に通らなくなります。

クレジットヒストリーとは?確認方法や作り方を解説

携帯料金をコンビニでクレジットカード払いする方法

携帯料金をコンビニでクレジットカード払いする方法

領収書がほしいなどの理由で、携帯料金は払込票がいいという人もいると思います。

その場合に、どうやってクレジットカード払いをしたらいいか解説します。

本来なら携帯料金はカード払いできない

まず払込票で支払う場合、クレジットカードの使用はできません。

店員さんにカード払いを希望しても「現金でしか対応できません」と言われます。

そこでひと手間加えて、間接的にクレカで払う裏ワザを使いましょう。

セブンイレブンでnanacoで支払えばOK

nanacoだけはカード払い可能

nanacoだけはカード払い可能

クレジットカードでの支払いはできませんが、唯一カード払いできるのがnanacoです。

※Suicaなどの電子マネー決済でもnanaco以外は不可

「携帯料金を支払える&nanaco取扱あり」は、セブンイレブンだけです。

ポイント獲得イメージ

nanacoのチャージは、登録したクレジットカードで行えるので、以下のようになります。

ポイント獲得イメージ

・クレカでnanacoチャージ
⇛クレカの還元率に応じてポイント獲得

・nanacoで携帯料金を支払い
⇛0.5%分ポイントを獲得

この裏ワザを使うと、税金など公共料金の支払いでもポイントを貯めれます。

公共料金でポイントを貯める裏ワザ解説はこちら

nanacoチャージにおすすめなのはリクルートカード

nanacoチャージにおすすめなのはリクルートカード

最近nanacoチャージでは、ポイントがもらえないカードが増えているので、なんでもOKとはいきません。

おすすめは、リクルートカード一択です。

理由は2つあります。

  1. ポイント還元率1.2%
  2. nanacoチャージは
    毎月3万円までポイント対象

還元率が1%以上でnanacoチャージがポイント対象のカードは少ないので、この条件なら文句なしです。

【キャリア別】携帯料金の支払いにおすすめなクレジットカード

キャリアによってお得なクレジットカードは違います。

あなたのキャリアはどれですか?

※解説箇所まで飛ばします

それぞれ解説していきます。

ドコモならdカード GOLD

ドコモならdカード GOLD

ドコモユーザーのあなたはdカード GOLD一択です。

ゴールドカードなので年会費が10,000円と高めですが、ドコモユーザーなら余裕で回収できる特典内容です。

  • 毎月の携帯料金10%ポイント還元
  • ドコモ光も10%ポイント還元
  • dカード GOLD携帯補償
  • ケータイ購入割引クーポン
  • 新規入会で最大11,000ポイント

年会費を差し引いても、人によっては年間で最大50,000円程度お得になります。

恐ろしい。。。

10%ポイント還元について

dカード GOLD最大の魅力が、10%のポイント還元です。

貯まるポイントの目安は以下です。

携帯料金/月 ポイント/月 ポイント/年
5,000円 500pt 6,000pt
7,000円 700pt 8,400pt
9,000円 900pt 10,800pt
10,000円 1,000pt 12,000pt

携帯料金の支払いだけでも、毎月9,000円以上の人は元がとれます。

ドコモ光を利用している場合も同様に、10%還元されます。

dカード GOLD携帯補償について

dカードdカード GOLD携帯補償は、修理不能や紛失・盗難時の機種変更に対する補償です。

そして保証額は最高10万円で、加入プランのドコモケータイ補償よりお得と言えます。

※横スクロールできます

ドコモケータイ補償 dカード GOLDケータイ補償
料金 330~1,000円
条件 対象機種購入日から
14日以内の申し込み
補償利用の際は
dカード GOLDで決済
有効期間 加入期間 端末購入から3年
補償額上限 交換:11,000円
※iPhone以外7,500円
修理:5,000円
交換:10万円
紛失・盗難 補償 補償
破損・故障 修理 修理不能のみ補償
修理不能
(水没・全損等)
補償 補償
バッテリー交換 対象外 対象外

ドコモケータイ補償をやめて、dカード GOLD携帯補償を使えば、年間3,960円~12,000円浮きますね。

ケータイ割引購入クーポンについて

ケータイ割引購入クーポンは、条件を達成したdカード GOLD利用者がもらえる特典です。

携帯の新規購入や機種変更に利用できます。

年間利用額 特典
100万円以上 10,800円分
200万円以上 21,600円分

年間利用額の1%分のクーポンなので、元々の還元率1%と合わせて、dカード GOLDは通常還元率2%のカードと言えます。

新規入会特典について

dカード GOLDの新規入会者は、最大11,000ポイントもらえます。

つまり初年度の年会費は実質無料です。

なので気になる人は、とりあえず1年使ってみて継続するかどうか判断すると良いでしょう。

ゴールドは厳しい…という人は

ゴールドは厳しい...という人はdカード

dカード GOLDはドコモユーザーにとってベストなカードですが、持てない人もいると思います。

特に学生は、20歳を超えていても残念ながら入会できません。

なのでdカード GOLDをまだ持てない人は、年会費無料のdカードを使いましょう。

18歳以上なら学生もOKで、ゴールドより審査も甘いです。

正直お得度は普通ですが、dカードを利用していれば、dカード GOLDの審査で有利になります。

auならau WALLET ゴールドカード

auならau WALLET ゴールドカード

auユーザーは、au WALLET ゴールドカードのお得度が高いです。

年会費が10,000円かかるものの、特典が多いので、簡単にお得になります。

  • 携帯料金を約11%分ポイント還元
  • auユーザーはauでんきで最高5%還元
  • 年間利用額ボーナス最高4,000pt
  • 毎年もらえるauクーポン1万円分

それぞれ簡単に解説していきます。

携帯料金を約11%分ポイント還元について

auの携帯料金に使った分は通常還元率1%に加えて、ゴールド特典ポイント10%があり、合計11%です。

※通常還元は200円につき2ポイント、ゴールド特典は1,000円につき100ポイント

携帯料金/月 ポイント/月 ポイント/年
5,000円 550pt 6,600pt
8,000円 880pt 10,560pt
10,000円 1,100pt 13,200pt

毎月の携帯料金がおよそ8,000円以上の人は、携帯料金だけで元が取れますね。

auでんきで最高5%還元について

auの携帯ユーザーでauでんきを使っている人は、還元率が最高5%まで上がります。

毎月の電気料金 ポイント還元率
5,000円未満 1%
5,000円~
8,000円未満
3%
8,000円以上 5%

一人暮らしの方はここまで行かないと思いますが、複数人で暮らしている方はお得になるかもしれません。

年間利用額ボーナスについて

au WALLET ゴールドカードの利用者は、達成した条件に応じてボーナスポイントをもらえます。

年間利用額 ボーナスポイント
100万円 500pt
150万円 1,500pt
200万円 4,000pt

これは携帯料金以外も含め、すべての合計で計算されます。

毎年もらえるauクーポンについて

au WALLET ゴールドカード利用者は、毎年無条件で1万円分のauクーポンをもらえます。

これは携帯やスマートフォンの購入時に使用できます。

ただし有効期限はその年の末までなので、複数枚貯めることができません。

年会費は払いたくない…という方には

年会費は払いたくない...という方にはau walletカード×リクルートカード

au WALLET ゴールドカードの年会費が嫌な人は、au WALLETプリペイドカードと年会費無料のリクルートカードを組み合わせましょう。

具体的には、リクルートカードでau WALLETプリペイドカードにチャージし、携帯料金を支払います。

そうするとリクルートカードの1.2%とau WALLETプリペイドカードの0.5%をあわせて、1.7%ポイントが貯まります。

ひと手間必要ですが、ここが重要です。

ソフトバンクならYahoo!JAPANカード

ソフトバンクならYahoo!JAPANカード

ソフトバンクユーザーなら、年会費無料のYahoo!JAPANカードがおすすめです。

なぜならソフトバンクユーザーは、Yahoo!プレミアム(月額462円)が無料になるからです。

Yahoo!プレミアムの特典

主な特典内容は以下です。

  • Yahoo!ショッピング&LOHACOでポイント10倍(ソフトバンクユーザー以外は5倍)
  • Yahoo!ショッピングで5のつく日はポイント+4倍
  • Yahoo!ショッピングで対象ストアのポイント+10倍(不定期)
  • Yahoo!トラベル&GYAO!ストアでポイント5倍
  • 読み放題プレミアムbyブック放題(月額500円)が無料
  • ヤフオク!の出品手数料が10%→8.64%へDOWN
  • スマホバックアップの容量無制限
  • Yahoo!ダイニングが最大50%OFF

Yaho!ショッピングを中心に、ヤフーのサービスがかなりお得になります。

特にソフトバンクユーザーは、通常のYahoo!プレミアムよりもポイントアップがすごいので、利用しない手はありません。

Yahoo!JAPANカードでさらにポイントアップ

Yahoo!JAPANカードの通常ポイント還元率は1%です。

しかしヤフーショッピングで使う場合は、ポイントが+2倍されます。

つまりソフトバンクユーザー×Yahoo!プレミアム×Yahoo!JAPANカードで、ポイント還元率12%が実現するということです。

Yahoo!JAPANカードはPayPayとの相性も抜群

Yahoo!JAPANカードはPayPayとの相性も抜群

PayPayは銀行かクレジットカードからチャージして使います。

しかしクレジットカードでのチャージは、Yahoo!JAPANカードからしかできません。

そしてYahoo!JAPANカードからチャージして利用した場合の、ポイント還元率はなんと3%です。

クレジットカードの通常還元率は高くても1%程度のものがほとんどなので、これはかなり高いと言えます。

楽天モバイルなら楽天カード

楽天モバイルなら楽天カード

楽天モバイルの割引・ポイントアップはない

楽天モバイルは、正直特別お得になるカードがありません。

元々が安い上に、楽天モバイルを契約しているだけで楽天市場のポイント還元率が+2倍なので当然ですね。

強いて言えば楽天カードがお得です。

楽天カードがお得な理由

ポイントや割引などは変わりませんが、楽天スーパーポイントや期間限定ポイントで毎月の支払いができるからです。

楽天モバイルを楽天カードで支払っても還元率は1%と普通。

なので期間限定ポイントを消化するには、楽天モバイルがぴったりです。

楽天市場とかだと楽天カードで支払った方が、ポイントをもらえますからね。

私はこれで毎月1円も払わずに、楽天モバイルを利用できています。

携帯料金のクレジットカード払いに関する疑問

携帯料金のクレジットカード払いに関する疑問

キャリア別のお話から戻って、携帯料金をクレジットカードで支払うことについてです。

よくある疑問をまとめました。

分割払いもできる?

A.分割払いはできませんが、リボ払いは可能です。

携帯料金はキャリアを問わず、分割払いができません。

しかしクレジットカードの支払い方法自体をリボ払いにしてしまえば、結果的に携帯料金もリボ払いとなります。

ただし手数料がかかるので、おすすめしません。

カード払いのデメリットは?

A.特有のデメリットはありません。

強いて言えば、カード料金に限った話ではありませんが、支払いの実感が薄くなる人もいることです。

限度額オーバーなどで引き落としができなかったらどうなる?

限度額オーバーなどで引き落としができなかったらどうなる?

A.携帯の利用制限がかかります。

私は何度も経験がありますが、携帯料金の支払いを遅延したことになるので、通信制限をかけられます。

その後支払い催促が書類または電話で来ることになり、期日を言われるので、その期日までに支払いましょう。

ドコモショップやauショップならカード払いできる?

A.できません。

キャリアのショップだろうとコンビニだろうと、クレジットカード払いはできません。

セブンイレブンでnanacoで支払うのが、唯一のカード払いの方法です。

クレジットカード払いに変更する方法は?

各キャリアのショップやweb、電話で手続きができます。

電話希望の方は、以下が連絡先です。

ドコモ ドコモ携帯:151
一般電話:0120-800-000
au 電話サポート予約
⇨電話の予約はコチラ
ソフトバンク ソフトバンク携帯:157
一般電話:080-919-0157
楽天モバイル 電話対応不可
⇨webでの手続きはコチラ

auは一度予約をしてからでないと電話対応をしてくれません。

また楽天モバイルだけは、電話で対応できません。

auから格安SIMに乗り換えたら毎月の料金が1/5になった話

auから格安SIMに乗り換えたら毎月の料金が1/5になった話

最後に「携帯料金をお得にする方法」というテーマで、私の体験談を話します。

結論、格安SIMに変えましょう。というお話です。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えるとかなり安くなる

私はこれまで、au→ソフトバンク→楽天モバイルとキャリアを乗り換えてきました。

au時代はまだガラケーだった頃なので、料金の比較としては適していませんが毎月5,000~6,000円程度。

それがスマホになりソフトバンクになると、ギガモンスタープランだったのもあって毎月10,000円前後かかるようになりました。

ところが楽天モバイルになってからは,補償をあわせて毎月2.000~3,000円程度です。

比較にならないほど安くなりました。

回線速度も意外と問題なかった

私が格安SIMの中でも楽天モバイルを選んだのは、低速が使い放題だからです。

低速といっても1Mbpsで、電波の混み合う時間帯でもYoutubeを低画質なら滞りなく見れる速度です。

※instagramの画像読み込みは時間がかかる

格安SIMは回線速度が遅いと評判ですが、少なくとも私が楽天モバイルに替えて制限されたのは外での漫画アプリとinstagramだけでした。

それ以外は何不自由なく使えています。

毎月の楽天ポイントが増えた

毎月の楽天ポイントが増えた

私は元々楽天のヘビーユーザーなのですが、楽天モバイルに替えてからはますますポイントが貯まるのを感じます。

なぜなら楽天モバイルユーザーは、楽天市場でポイント+2倍があるのと、携帯料金を楽天カードで支払っているからです。

au、ソフトバンク時代はポイントをもらっていたのか?と思ってしまうほどです。

楽天ポイントで支払えるから実質無料になった

>楽天ポイントで支払えるから実質無料になった

ポイントで携帯料金を全額支払えるのは、新鮮&かなり便利と感じます。

私は楽天ポイントを年間10万以上貯めるので、月々2,000~3,000円をポイント払いにしても痛くも痒くもありません。

固定費が1つなくなると、非常に心が軽くなります。

楽天モバイルにするなら楽天カードもあると良い

使用感としては、楽天モバイル×楽天カードは必須だと思います。

この記事で紹介しましたが、キャリアによって相性の良いカードが違うので、ちゃんと組み合わせるのが大事です。

特にドコモとauはお得度が文字通りケタ違いです。

dカード GOLDなりau WALLET ゴールドカードなり、用意しましょう。

楽天カードが凄い理由!ポイント損しない高還元率クレカを選ぼう

まとめ

携帯料金をクレジットカード払いにすると、たくさんのメリットがあります。

  • ポイントが貯まる
  • ポイントで支払える
  • 払い忘れがなくて楽
  • 信用情報を守れる

そして正しい組み合わせでカードを選ぶと、よりお得になるので、ぜひ試してみてくだささい。

公共料金をお得にカード払いする方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA