【体験談】JCB CARD Wの厄介すぎたデメリット3つ

【体験談】JCB CARD Wの厄介すぎたデメリット3つ

JCB CARD Wは比較的最近出たばかりのクレジットカードなので、まだ知る人ぞ知るという感じです。

しかしその優良っぷりから、さまざまなクレジットカードサイトでおすすめされています。

私自身、JCB CARD Wはよく使うカードの1枚ですが、使っていく中で気づいたデメリットもあったので今回はそれを解説します。

いま申し込みを検討している方は、ちゃんとデメリットも知った上で判断してください。

JCB CARD Wの3つのデメリット

JCB CARD Wの3つのデメリット

私が使ってみて感じたJCB CARD Wのデメリットは以下3つです。

  1. nanacoチャージだとポイントが貯まらない
  2. JCBスターメンバーズの対象外
  3. ポイント還元率が交換先によって変わる

特に3つ目は重要です。

1. nanacoチャージだとポイントが貯まらない

JCB CARD Wはポイントをためやすいカードですが、nanacoにチャージしてもポイントが貯まりません。

他にも以下の電子マネーチャージはポイント対象外です。

  • Edy
  • モバイルSuica(2019年9月16日以降)
  • SMART ICOCA
  • おさいふPonta
  • 旅プリカ
  • JCBプレモカード
  • JCBプレモデジタル(ギフティプレモを含む)
  • au WALLETプリペイドカード
  • ANA JCBプリペイドカード

ふだんプリペイドカードメインで決済している人にとって

2. JCBスターメンバーズの対象外

2. JCBスターメンバーズの対象外

一部のJCBカードには「JCB STAR MEMBERS」という制度が適用されています。

JCB STAR MEMBERSとは、JCBカードの年間利用金額30万円以上の会員を対象に、金額に応じて翌年のポイント還元率をアップさせる制度です。

しかしJCB CARD Wは対象外なので、ポイント還元率は良くも悪くもずっと1%のままです。

JCB CARD W、JCB CARD W plus Lなど、一部JCBスターメンバーズの対象とならないカードがあります。

引用元:JCBスターメンバーズ|JCBカード(公式)

公式サイトでもJCB CARD Wは対象外と明言されていましたが、それは元々ポイント還元率の高さが業界トップクラスのカードだからです。

3. ポイント還元率が交換先によって変わる

ポイント還元率1%の罠

JCB CARD Wのポイント還元率は実質1%ですが、下がるパターンもあるので注意してください。

私が使っている中で特にデメリットだと感じたのはこの点です。

JCB CARD Wは1,000円利用につき、2ポイント付与(還元率0.2%)です。

しかしこのポイントは利用・交換する時に大体「1pt=5円」として使えるので結果的に1%と言われています。

【体験談】不便だと感じた点

詳細は後述しますが、JCB CARD Wはamazonの支払いに使うとかなりお得なので、amazonで利用し、貯めたポイントもamazonの買い物に使うつもりでした。

その時は507pt持っていたので「5倍で2,535円分だ」と思っていましたが、使おうとするとこの画面。

【体験談】不便だと感じた点

明らかに少ない…ということで調べてみたら、amazon支払いに使う場合は「1pt=3.5円」でした。

結局5倍レートの楽天ポイントと交換しました。

ポイントの交換先や使い道については以下を参考にしてください。

JCBカード「Oki Dokiポイント」の貯め方&使い方

JCBカード「Oki Dokiポイント」の貯め方&使い方

JCB CARD Wの5つのメリット

JCB CARD Wの5つのメリット

メリットは以下5つです。

  1. 年会費永年無料
  2. JCBカードの弱点を消すポイント還元率
  3. 加盟店のポイントアップが強すぎる
  4. QUICPayのスマホ決済が意外と便利
  5. 貯めたポイントをディズニーで活用できる

1. 年会費永年無料

JCB CARD Wがポイントを貯めやすい理由の1つが「年会費永年無料」です。

還元率が高くても年会費をとられたらマイナスからのスタートですからね。

特にJCBカードは年会費有料のものが多いので、他のJCBカードと比べたお得さは計り知れません。

2. JCBカードの弱点を消すポイント還元率

JCBカードは人気がありますが、ポイント還元率0.5%のものがほとんどなので、ポイント好きの私としては正直微妙なカード。

ところがJCB CARD Wはポイントが2倍、つまり1%なので、JCBカードで唯一気になっていた点を打ち消してくれています。

なので私は他のJCBカードは使っていませんが、JCB CARD Wだけは日常的に利用しています。

3. 加盟店のポイントアップが強すぎる

3. 加盟店のポイントアップが強すぎる

「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」というJCBの加盟店で利用した場合、加盟店に応じてポイントがアップします。

これがめちゃくちゃすごいです…。

企業(例) ポイント還元率
スターバックスコーヒー 10倍
洋服の青山 5倍
Amazon 3倍
セブンイレブン 3倍
小田急百貨店 3倍
ワタミグループ 3倍
高島屋 3倍
ニッポンレンタカー 2倍
ビックカメラ 2倍
昭和シェル石油 2倍

○倍は還元率0.5%を基準に書かれているので、例えばamazonだと合計2%※になります。

通常0.5% × 3倍 + 0.5%(JCB CARD W特典)

私としてはスタバ・amazon・セブンイレブンが重宝しています。

以下の記事で紹介するテクニックもネタバレすると、JCB CARD Wを活用するのでぜひ真似してください。

スタバカードのメリット「最大14.8%お得」とデメリットを解説

スタバカードのメリット「最大14.8%お得」とデメリットを解説

4. QUICPayのスマホ決済が意外と便利

QUICPayとは

公式サイトの説明を引用します。

お店の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけでお支払いが完了する「簡単・おトク」な支払い方法です。

引用元:電子マネー【QUICPay(クイックペイ)】|QUICPay公式

JCB CARD WはQUICPay対応しているので、コンビニなどの実店舗でスマホをかざすだけで支払いできます。

私はマネーフォワードという家計簿アプリでお金を管理しており、自動入力してもらうためにすべての支払いをクレカにしているのですが、サインや暗証番号入力で時間がかかるのが面倒。

しかしQUICPayならただかざすだけで、サイン等も必要ないので3倍くらい早いです。

最大1万円キャッシュバックのキャンペーン中

現在JCBではQUICPay(Applepay)で決済した金額の20%をキャッシュバック中です。

上限金額はJCBカード1枚につき1万円まで。

期間は2019年8月16日 〜 2019年12月15日。

決済が便利でポイントが貯まり、キャッシュバックも受けられるのでお得すぎですね。

5. 貯めたポイントをディズニーで活用できる

JCB CARD Wで貯めたポイントは、ディズニーのチケットやグッズ、ホテルの宿泊券などに利用できます。

JCBとディズニーは提携しているため内容も豊富で、この点は他のカード会社にはない魅力と言えるでしょう。

また楽天でポイントを稼ぎまくっている人なら、楽天ポイントに交換するのもおすすめです。

私はネットは楽天カード、実店舗とamazonはJCB CARD Wで使い分け、楽天ポイントで合算しています。

結局JCB CARD Wを申し込むべき人の特徴3つ

結局JCB CARD Wを申し込むべき人の特徴3つ

結論としてJCB CARD Wに申し込むべきなのは、以下のどれかに当てはまる人だと感じました。

  1. スタバ・amazon・ディズニー好き
  2. 無料のクレカでたくさんポイントを貯めたい人
  3. 支払いをキャッシュレス化していきたい人

私はすべて当てはまっているので相性が良いみたいです(笑)

1. スタバ・amazon・ディズニー好き

学生を始めとして、若い世代と相性が良い内容が多いと感じています。

クレジットカードに詳しくない学生ほど有名な銀行系カードを使っていますが、ポイント面では貯めやすさも使い道もJCB CARD Wが圧倒的です。

特にスタバカードチャージでポイント還元率が5.5%になるのは、異常と言えるほどお得なのでスタバ好きで持っていない人はもったいなさすぎます。

は20代の女性にはJCB CARD W plus lがおすすめ

JCB CARD W plus lは20代の女性におすすめな無料クレジットカード

2. 無料のクレカでたくさんポイントを貯めたい人

「とりあえず何もお金とられなくて、ポイントが貯まりやすい都合良いカードがほしい」という人にもおすすめです。

JCB CARD Wを申し込んだことで損をした、被害にあった、なんてことはありませんからね。

そこはクレカ初心者でも安心して持てるポイントです。

3. 支払いをキャッシュレス化していきたい人

今日本でもキャッシュレス化が進められています。

銀行でいちいちお金を下ろす手間を省いたり、ポイントを貯めたり、お金の管理をしていきたいという人には、スマホ決済にも対応したJCB CARD Wをおすすめできます。

私は家計簿を1ヶ月継続できたことすらありませんでしたが、支払いをキャッシュレス化することで以下のように管理できるようになりました。

3. 支払いをキャッシュレス化していきたい人

特に2019年10月からはキャッシュレスポイント還元施策が日本全国で始まるので、現金は損でしかありませんよ。

キャッシュレス決済の比較解説とおすすめの組み合わせ紹介

10月解禁!キャッシュレス決済のポイント還元事業とは?

まとめ

復習すると、JCB CARD Wのデメリットは以下です。

  1. nanacoチャージだとポイントが貯まらない
  2. JCBスターメンバーズの対象外
  3. ポイント還元率が交換先によって変わる

これらが気にならない人であれば、申し込んでも後悔することはないでしょう。

JCB CARD Wの審査は遅いし厳しい?最短で審査合格する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA