おすすめクレジットカード

審査が甘い法人クレジットカードカードランキング TOP3

投稿日:

審査が甘い法人クレジットカードカードランキング TOP3

会社を設立したら、業務効率のためにも法人クレジットカードを用意したいですね。

とはいえ、最低3年程度の実績がないと審査に通らない法人クレジットカードもあります。

また「法人クレジットカードの中でもどんなカードがいいんだ?」という疑問をお持ちの方が多いでしょう。

そこでこの記事では、法人クレジットカードの選び方と、1年目の方におすすめな審査の甘い法人カードを3枚紹介します。

もくじ

法人クレジットカードの選び方とランキングの基準

法人クレジットカードの選び方

法人クレジットカードの選び方

1枚目の法人クレジットカードは、以下の基準で選びましょう。

  1. 審査の甘さ
  2. ポイント還元率
  3. 年会費
  4. 利用限度額

理由を説明します。

1.審査の甘さ

あなたが法人設立1年目である場合、法人カードの審査通過の難易度はやや高くなります。

なぜならカード会社は、あなたの会社の実績や業績を見て審査をしたいからです。

1年目ではまだ実績がないので、審査を適切にすること自体が難しく、結果として落とすカード会社も多いのです。

とはいえ、1年目の人にも積極的に発行されているカードもあるので、それを狙いましょう。

2.ポイント還元率

法人カードをつくるメリットは、業務効率化が1番大きいですが、それだけではもったいないです。

法人で使うお金は個人で使うお金よりも高額になりやすいので、ポイントを貯めやすいと言えます。

どうせならポイント還元率が低くないカードを持っておきましょう。

3.年会費

3.年会費

法人カードの場合は、年会費無料であることは稀です。

だからといって必要以上に高い年会費のカードを持ち、「割に合わない」なんてことにならないように気をつけましょう。

最初は年会費が数千円のカードを使ってみて、どんな機能がほしいか明確になったら、もっと上位のカードに切り替えるのがおすすめです。

4.利用限度額

法人カードとはいえ、利用限度額が低いものも存在します。

複数枚持つことで解決することもできますが、年会費がその分かかってしまいます。

貴社でかかる経費によりますが、なるべく1枚で完結できるように選ぶと良いです。

ランキングの基準

1年目でも発行できる可能性が高いカードの中から、以下の基準で順位付けをしました。

  1. ポイント還元率
  2. 年会費
  3. 利用限度額
  4. その他特典などの実用性

1~3を最低限は満たし、プラスαで実用性の高いカードを選定しています。

おすすめカードランキングTOP3

おすすめカードランキングTOP3

今回紹介するカードは以下の4種類です。

※横スクロールできます

三井住友ビジネスカード
for Owners(クラシック)
ライフカードビジネスライト アメリカン・エキスプレス
ビジネスカード
ランク 一般 一般 一般
年会費 1,250円
※初年度無料
※2年目以降はマイ・ペイすリボ申し込みで無料
無料 12,000円
ポイント還元率 0.50% 0.50% 0.30%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
利用付帯
- 最高5,000万円
自動付帯
国内旅行傷害保険 - - 最高5,000万円
利用付帯
利用限度額 10万~150万円 10万~200万円 -
キャッシング枠 0~50万円(海外のみ) - -
従業員カード 年会費400円 3枚まで(無料) 年会費6,000円
公式HP
解説へ飛ぶ

それぞれのカードの特長を、ざっくり解説します。

1位:三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

1位:三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

ランク 一般
年会費 1,250円
※初年度無料
※2年目以降はマイ・ペイすリボ申し込みで無料
ポイント還元率 0.50%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
利用付帯
国内旅行傷害保険 -
利用限度額 10万~150万円
キャッシング枠 50万円(海外のみ)
従業員カード 年会費400円

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)は、信頼できる法人クレジットカードを持ちたい人におすすめです。

万が一紛失や盗難、情報流出による不正利用で会社が損を被ってしまったら大変なことになりますよね。

銀行系の三井住友カードは、セキュリティや補償が手厚いです。

そのためトラブルが起きる可能性は低く、いざというときも不正利用分のお金を払う必要がありません。

年会費も実質無料なので、色々な意味で安心して持てるカードと言えます。

2位:ライフカードビジネスライト

2位:ライフカードビジネスライト

ランク 一般
年会費 無料
ポイント還元率 0.50%
海外旅行傷害保険 -
国内旅行傷害保険 -
利用限度額 10万~200万円
キャッシング枠 -
従業員カード 3枚まで(無料)

ライフカードビジネスライトは、実績なしでいきなり法人を設立した人におすすめです。

審査が非常に甘く、今回紹介する4枚の中では1番手に入れやすいと言えます。

年会費無料で機能も必要最低限なので、法人クレカ自体必要か分からないという人にもぴったりです。

3位:アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

3位:アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

ランク 一般
年会費 12,000円
ポイント還元率 0.30%
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
自動付帯
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
利用付帯
利用限度額 -
キャッシング枠 -
従業員カード 年会費6,000円

ステータスの高いクレジットカード代表の「アメリカン・エキスプレスカード」です。

年会費は高めですが、旅行・出張が多い人は豊富な特典をフル活用しておトクに使えます。

また将来的にアメックスのゴールドやプラチナ、それ以上を持ちたいという方もまずは一般クラスでクレジットヒストリーを積み上げましょう。

いざ上位カードを申し込んだときに、審査でプラスに働きます。

1位:意外にも審査が甘い方「三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)」

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の残念な点

1.2年目以降は年会費1,250円

1.2年目以降は年会費1,250円

三井住友ビジネスカード for Ownersの年会費は初年度無料ですが、2年目以降は1,250円かかります。

試しに1年無料で使って継続するかを判断しましょう。

継続する場合は「マイ・ペイスリボ」に加入するのがおすすめです。

そうすると2年目以降も、年会費無料で使えます。

リボ払いとはいえ、1回の支払い額を上限まで高めて、毎回1回払いにすれば手数料は0円なので問題ありません。

2.利用限度額がやや不安

三井住友ビジネスカード for Ownersのデメリットは、利用限度額が低いことです。

最大でも150万円なので、企業によっては足りなくなるタイミングもでてくるでしょう。

2位で紹介する年会費無料のカードと合わせて持っておくと安心です。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の優れている点

1.コンビニでのポイント還元率は2.5%相当

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の通常ポイント還元率は0.5%です。

しかし以下のお店で利用する際は、ポイントが5倍の2.5%になります。

コンビニでのポイント還元率は2.5%相当

ランチや軽食をコンビニで済ませることが多い人は、年間で貯まるポイントが大きく変わります。

2.銀行系ならではの充実したセキュリティ

三井住友カードは銀行系クレジットカードの1つです。

銀行系はセキュリティや補償が充実しています。

三井住友カードで言うと、以下が挙げられます。

  • ICチップ搭載
  • ネットショッピング認証サービス
  • 裏面に本人写真入り
  • 24時間カード不正使用検知システム
  • 不正利用補償(申請から60日前まで)
  • ショッピング補償100万円(海外利用のみ)

法人用クレジットカードなら、個人用以上にセキュリティや補償が大切です。

3.ビジネスカードでは珍しくキャッシングOK

3.ビジネスカードでは珍しくキャッシングOK

三井住友ビジネスカード for Ownersは最高50万円までのキャッシング枠があります。

海外でしか利用できないのが残念ですが、他のカードは大体枠自体ないので、素晴らしいです。

4.福利厚生代行サービス

国内外約140万件のサービスを割引価格で利用できます。

月々320円/名~導入することができ、カードの持ち主だけでなく社員も加入OKです。

サービス内容は、飲食やスポーツジム、映画館やスーツ、美容などさまざま。

「まだ費用のかかる福利厚生は用意できない」という会社であればぜひ活用したいものですね。

2位:法人でも審査が甘いこと第1優先なら「ライフカード ビジネスライト」

ライフカードビジネスライトの残念な点

ライフカードビジネスライトの残念な点

ライフカードビジネスライトは、ポイントが付与されません。

審査が甘い代わりに、ある意味必要最低限の機能だけのカードとなっています。

ずっとライフカードビジネスライトを使い続けるというよりは、とりあえずの法人カードとして使うのが良いでしょう。

ライフカードビジネスライトの優れている点

1.年会費永年無料

1.年会費永年無料

ライフカードビジネスライトを、はじめての法人クレカとして推す最大の理由が年会費です。

法人クレジットカードで年会費無料のものは中々ありません。

1年目ではまだ業績が良くないことも多いので、ムダな支出はできるだけカットしたいですよね。

まだこだわりがない人は、年会費無料を優先しましょう。

2.審査は本人確認書類のみ

審査が非常に易しい点も魅力的です。

この記事で紹介しているカードはどれも審査が甘いものですが、ライフカードビジネスライトはこの中で1番甘いと言えます。

それもあって審査の際に必要なのは、本人確認書類だけです。

会社員からいきなり法人を設立をした人には、特におすすめです。

3.ゴールドでも年会費格安

年会費2,000円を支払ってもいいのであれば、ゴールドにするのもありです。

ゴールドだとポイントや国内外旅行傷害保険、空港ラウンジの無料利用権利などが付きます。

しかもビジネスライトゴールドではなくビジネスゴールドを選べば、従業員カードが50枚まで無料です。

3位「アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード」はAMEX法人カードで1番審査が甘い

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの残念な点

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの残念な点

アメリカン・エキスプレスのカードはどれもステータスが高く、特典も充実しているのが特長です。

しかし代わりに年会費は高い傾向があります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの年会費は12,000円で、ゴールドカード級の高さとなっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの優れている点

1.四半期管理レポートが3ヶ月に1回届く

アメックス独自のサービスで、登録制の無料レポートを受け取れます。

レポートには利用総額やカテゴリー別の内訳、詳細な勘定が記載されています。

なので支出のムダを見つけてコスト削減をしやすいです。

まだ経理を雇う余裕はないが、管理&改善はしっかり行っていきたいという方にはぴったりですね。

2.旅行や出張で使える特典が多い

2.旅行や出張で使える特典が多い

手荷物無料配送・クローク・JALオンラインなどなど

アメックスは空港サービスや旅行・出張関連のサポートが充実しています。

  • 手荷物無料宅配サービス
  • 同伴者1名まで空港ラウンジ無料利用
  • 海外での24時間日本語サポート
  • アメリカン・エキスプレス JALオンライン(法人向け出張予約サイト)
  • 空港クロークサービス
  • 無料ポーターサービス

などなど、細かく見るともっとあります。

空港を使う機会が多い方は大変便利です。

まとめ

法人クレジットカードを選ぶ際に、最低限見るべきポイントは以下です。

  1. 審査の甘さ
  2. ポイント還元率
  3. 年会費
  4. 利用限度額

今回紹介したクレジットカードなら、1年目でも審査通過の可能性は十分あります。

まずは年会費の低いものを1年使ってみて、より自分にあったものを探していきましょう。

おすすめ記事一覧

-おすすめクレジットカード

Copyright© クレカのABC , 2019 All Rights Reserved.