実際にやってみた!クレジットカードのキャッシングとは?

【体験談あり】クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

管理人
管理人

クレカのABC編集長の早瀬(@card_abc)です!

「急遽まとまったお金が必要なのに手元にない!どうしよう!」

そんな時こそクレジットカードのキャッシングの出番です。

お金を借りる仕組みは世の中にたくさんありますが、なぜキャッシングが人気なのか、そもそも何それ、という方に向けて解説します。

また似た言葉として「カードローン」もあるので、キャッシングとの違いも学びましょう。

私が実際にキャッシングをしてきたので、そのやり方も写真付きでお話します。

クレジットカードの「キャッシング」とは?

キャッシングとはカード会社に現金を借りること

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンと比較した違いも解説

キャッシングとは簡単に言うと、自分のクレジットカードを使ってそのカード会社に”現金”を借りることです。

普通クレジットカードを使うときは、現金を使わずにカード払いで支払いを済ませますよね?

後日口座から引き落とすため、それまではカード会社にお金を借りているのと同じです。

キャッシングはそれを現金で行う仕組みのことです。

クレジットカード払いではなく、現金で支払いが必要な際に活躍します。

コンビニATMで簡単にお金を借りられる

手軽にいろいろな場所でお金を借りられるのもキャッシングの魅力の1つです。

というのも、キャッシングはコンビニのATMで行うからです。

どこかの事務所のような場所に行って契約書を書いて…なんて漫画のような大変さは一切ありません。

コンビニATMにクレジットカードを入れて、必要な金額を入力するだけで完了します。

キャッシング枠の上限は年収の1/3

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンと比較した違いも解説

「キャッシングがあれば大金が必要になっても安心だ」と思ったあなた、要注意です。

キャッシングで借りられる金額は、その人の年収の1/3までとなっています。

貸金業法という法律で決まっているので、どこのカード会社でも同じです。

そして上限額を決める際はクレジットヒストリーなど、あなたの信用情報も見られます。

クレジットヒストリーの解説はこちら

クレジットヒストリーとは?確認方法や作り方を解説

キャシングできない人もいる

キャッシング枠はクレジットカードを持っている人全員に与えられるわけではありません。

人によっては、申込時に希望を出したのに「キャッシング枠:0円」でクレジットカードが送られてくることも。

カード会社の公式ページに記載されているキャッシング枠は10万円~〇〇万円となっているところが多いですが、枠をもらえたらの話です。

誰でも最低10万円は枠をもらえるという意味ではないので、気をつけてください。

定番クレジットカードのキャッシング枠比較

クレジットカードごとにキャッシング枠は違います。

そこで一般ランクの定番クレジットカード6枚を比較してみました。

カード名 キャッシング枠
楽天カード ~90万円
Yahoo!JAPANカード ~50万円
エポスカード ~99万円
セゾンカード ~50万円
イオンカード ~90万円
三井住友カード ~50万円

実際に与えられるキャッシング上限は申込者次第ですが、各カードの最高額は上の図の通りです。

エポスカードが1番で、最高99万円となっています。

実際にやってきた!キャッシングのやり方

キャッシング方法は2種類

実際にやってきた!キャッシングのやり方

キャッシングは指定の銀行やATMで行います。

また各クレジットカードの会員サイトから申し込むことも可能です。

今回はどのカードでもやり方に違いがない、「コンビニATMでキャッシングを行う方法」を解説します。

セブン銀行ATM×エポスカードでキャッシング

セブンイレブンでキャッシングしてきました。

流れを説明します。

1.クレジットカードを入れて、「ご出金(借入)」を選択
セブン銀行ATM×エポスカードでキャッシング
2.暗証番号入力
セブン銀行ATM×エポスカードでキャッシング
3.キャッシング希望金額を入力
セブン銀行ATM×エポスカードでキャッシング
4.返済方法を選択
※エポスカードはコンビニATMだとリボ払いしか選べません
セブン銀行ATM×エポスカードでキャッシング
5.取引内容確認
セブン銀行ATM×エポスカードでキャッシング
6.完了
セブン銀行ATM×エポスカードでキャッシング

キャッシングは初めてでしたが、1分程度でぱぱっとできちゃいました。

これなら現金に困っても、すぐに用意ができますね。

クレジットカードのキャッシング返済方法

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンと比較した違いも解説

カード会社は返済してもらえないリスクを負ってお金を貸すので、その分返済時に見返りを求めます。

そのため返済時にはいくつかルールがあるので、ここで把握しておきましょう。

返済方法には制限がある

クレジットカードの支払い方法には通常、以下の3種類があります。

  1. 一括払い
  2. 分割払い
  3. リボ払い

しかしキャッシングの返済だと、多くのカード会社が分割払いを断っています。

つまり一括払いかリボ払いで返済することになるということです。

次の項目で説明しますが、可能であれば一括払いを選択するようにしましょう。

金利を上乗せして返済

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンと比較した違いも解説

通常のクレジットカード払いと違い、キャッシングの返済時には金利を上乗せします。

1万円借りたんだから1万円だけ返せばいい、とはいきません。

実質年率17~18%程度

金利レートは各カード会社によって異なりますが、実質年率17~18%程度が目安になります。

実質年率とは返済額(元金+利息+その他手数料など)から考えた、実質的な利息を計算する指標です。

実質年率の計算方法は複雑なのでここでは解説しません。

しかしいずれにしても自分で計算するのは大変なので、計算してくれるサイトを使いましょう。

【例】楽天カードで10万円キャッシングした場合

実質年率18%の楽天カードで10万円キャッシングしたと仮定して計算します。

翌月一括払いの場合

キャッシングした翌月に一括払いの場合、利息は1,479円。

つまり合計返済額は101,479円となります。

10ヶ月払いの場合

リボ払いで月1万円ずつ、10カ月で完済する場合、毎月かかる利息の合計は8,130円。

これらを高いと見るか安いと見るかは人によるかもしれませんね。

リンクから借りる金額や返済方法に合わせて自分でシミュレーションできますよ。

クレジットカードのキャッシングの注意点

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンと比較した違いも解説

キャッシングは賢く使えば非常に便利なサービスですが、使い方を間違えると危険なサービスです。

注意すべき点は3つあります。

1.緊急で現金がどうしても必要なとき以外使わない

利息が高いか安いかはともかく、むだなものであることは確かです。

事前にある程度の出費に備えて貯金しておけば、キャッシングなしで対応できますよね?

また「今月お金が足りないけどキャッシングすればいい」と考えて贅沢をするのであればそれは問題です。

突如どうしてもお金を用意しなければならない状況になってしまった場合のみ、キャッシングを利用しましょう。

2.返済の目処が立っていなければ使わない

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンと比較した違いも解説

「今月はお金がないけど、来月ボーナスが入るから必ず返せる」といった状況であればキャッシングすることに問題はありません。

しかし実際にはいつ確実に完済できるのか自分で分かっていないのに、キャッシングを利用する人がいます。

リボ払いを利用すると借金地獄になるといったイメージを持っている人は少なくないと思います。

しかしこれは返済目途が立っていないのに利用する人が多いからです。

返済目途が立っていないのにお金を借りるのはやめておきましょう。

3.各種審査への悪影響がある

キャッシングに限った話ではありませんが、借金がある状態というのはさまざまな審査に悪影響を及ぼします。

例えばクレジットカードの審査やローン、賃貸の居住可否などです。

もちろん完済した上で申し込めば何も問題はありません。

キャッシングの利用タイミングには注意しましょう。

キャッシング希望は審査が不利になる!クレジットカード審査とキャッシングの関係

キャッシング枠をつけたから審査落ち!?クレジットカードとの関係

カードローンとクレカキャッシング枠の違いを比較

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンと比較した違いも解説

「キャッシングの便利さと注意点は分かったけど、他にもお金借りられるサービスあるよね?どれが良いの?」

その疑問はこの章で解決してください。

キャッシング以外だと、カードローンが一般的です。

カードローン(銀行キャッシング)とは

銀行のカードローン専用カードを使って、銀行からお金を借りることです。

カードを使ってお金を借りるという意味ではキャッシングと似ていますが、以下の違いがあります。

  • 口座引落だけでなく、提携ATMやインターネットから返済可能
  • 返済方法はリボ払いのみのところが多い
  • 借り入れ限度額がキャッシングより高い
  • 金利が安い

高額のお金を借りたい方や、翌月一括返済はできないという方におすすめです。

どっちがお得?金利で比較

借り方による金利比較

借金をする上で重要な項目の1つが金利の安さです。

銀行カードローンとキャッシングで金利の比較をしてみましょう。

金利(実質年率)
銀行カードローン 14%程度が多い
キャッシング 18%程度が多い

カードローンの方が金利は安い傾向にあります。

金利は何で差が出る?

お金の借り方というよりも、貸し手の会社によって金利の高低は決まります。

金利は「△%~△△%」と表記されていることがほとんどです。

金利に幅があるのは、借りる金額が高いと金利が安くなるからです。

しかし100万円以上借りる場合などでないとほとんど安くならないので、最高金利を目安に見ておきましょう。

どこで借りるのが楽?

楽なのはキャッシング

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンと比較した違いも解説

クレジットカードのキャッシング枠が1番楽です。

コンビニATMで簡単に引き出せますし、ネットで申し込むこともできるので。

しかし確実にすぐ返せるのであれば、消費者金融がおすすめです。

というのも消費者金融には“無利息期間”が30日程度存在します。

借りた日から期間内に返済すれば利息が一切かからないということです。

【注意】あくまで借金

しかし消費者金融を利用し出すと「利息がかからないなら借金しても問題なくね?」という感覚になってしまう人が多いです。

利息がかからなかろうと借金であることに変わりありません。

この感覚は1度壊れると痛い目に合うまで直らないので、よく注意して利用してください。

Q&A

キャッシング利用分のポイントももらえる?

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンと比較した違いも解説

A.もらえません。

しかし「キャッシング付きで申し込んだで審査に受かったら2,000ポイント」のようなキャンペーンはよくあります。

そういう意味では申し込み時に限っては、キャッシングを利用してポイントを稼ぐことはできますね。

詳細が書いてあるページを例として載せておきます。

自分のキャッシング枠の確認方法は?

A.各カード会社のマイページから参照できます。

また増枠申請も行えます。

申請を断られても特にデメリットはないので、試しに申請してみると良いでしょう。

キャッシングの上限額が低いから複数の会社に借りてもいいかな?

クレジットカードのキャッシングとは?カードローンと比較した違いも解説

A.ルール上は問題ないですが、おすすめはしません。

キャッシング枠はあなたの年収や信用情報に基づいて算出されています。

言い換えれば、あなたの今の身の丈にあった上限ということです。

それを超えて利用しているといつか、返せないなどのトラブルで痛い目を見ることになりかねませんよ。

また多重負債となるため、各種審査への悪影響が非常に大きくなってしまう点も大きなデメリットです。

クレジットカード審査の仕組みと通過する方法8つ

まとめ

キャッシングは手軽に利用できる借金です。

借金を手軽に出来てしまうのは良いことであり、悪いことでもあるので、使い方が非常に重要です。

キャッシングを賢く利用して(できれば利用しないで)お金のやりくりをしていきましょう。

【2019年版】審査が甘い狙い目のクレジットカードまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA