20代後半の社会人におすすめのクレジットカード3選

20代後半の社会人におすすめのクレジットカード3選

20代後半になると、多くの人はクレジットカードの選択肢が広がっています。

なぜなら社会人になって数年は経っている人が多く、社会的な信用を得やすいからです。

また20代前半よりも収入が高くなっている人もいるでしょう。

この記事ではそんな選択肢の多い20代後半が必ず持つべき、おすすめクレジットカードを紹介します。

20代前半向けクレジットカードランキングはこちら

クリックできる目次

20代後半社会人のクレジットカードの選び方とランキングの基準

20代後半社会人のクレジットカードの選び方

20代後半のクレジットカードの選び方

20代後半から持ち始めるクレジットカードは、30代へつながるものが良いです。

なぜなら30代からは三井住友やJCBなどの、本格的なゴールドカードに申し込めるようになるからです。

審査はやや厳しいですが、20代から持つべきカードを使っておくと、審査に通過しやすくなります。

しかし本格的なゴールドカードに興味がない人には、単純にお得度の高いゴールドカードをおすすめします。

ランキングの基準

30代から申し込める「社会的信用の高いゴールドカード」の審査に役立つカードを中心に選んでいます。

またその中でも実用性の高さを踏まえて順位付けをしました。

3位だけは実用性のみで選んでいます。

20代後半社会人におすすめのクレジットカードランキングTOP3

20代後半におすすめカードランキングTOP3

各カードのスペックは以下の通りです。

三井住友VISA
プライムゴールドカード
JCB GOLD EXTAGE 楽天ゴールドカード
申し込み対象年齢 20~29歳 20~29歳 20歳以上
年会費 5,400円
※初年度無料
3,240円
※初年度無料
2,160円
国際ブランド VISA JCB VISA
Mastercard
JCB
ポイント還元率 0.5% 0.5% 1.0%
主なポイントアップ対象 ココイコ!掲載店舗 JCB ORIGINAL
SERIESパートナー
楽天市場
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
自動付帯1,000円
利用付帯4,000円
最高5,000万円
利用付帯
最高2,000万円
利用付帯
空港ラウンジ 無料利用可能 無料利用可能 無料利用可能
※年2回まで

各カードの簡単な解説をします。

1位:三井住友VISAプライムゴールドカード

1位:三井住友VISAプライムゴールドカード

申し込み対象年齢 20~29歳
年会費 5,400円
※初年度無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%
主なポイントアップ対象 コンビニ
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
自動付帯1,000円
利用付帯4,000円
空港ラウンジ 無料利用可能

1位は三井住友VISAカードの「プライムゴールド」です。

これは30歳から申し込める三井住友VISAゴールドの、前段階のカードになります。

社会的信用が高いのはもちろん、コンビニでポイント5倍、自動付帯の保険や空港ラウンジなど、実用性が高い点も魅力です。

30歳以降、最初の更新のタイミングで三井住友VISAゴールドへランクアップできます。

2位:JCB GOLD EXTAGE

2位:JCB GOLD EXTAGE

申し込み対象年齢 20~29歳
年会費 3,240円
※初年度無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.5%
主なポイントアップ対象 JCB ORIGINAL SERIESパートナー
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
利用付帯
空港ラウンジ 無料利用可能

JCB GOLD EXTAGEは、JCB CARD GOLDの前段階のゴールドカードです。

利用から5年後の初回更新のタイミングでJCB CARD GOLDへランクアップできます。

保険やサポートの充実度では、三井住友VISAプライムゴールドカードに劣るものの、ポイントの貯めやすさはJCB CARD GOLDが上です。

加盟店の利用でポイントが10倍に上がったり、ネットショッピングでも最大20倍のポイントアップがあります。

3位:楽天ゴールドカード

3位:楽天ゴールドカード

申し込み対象年齢 20歳以上
年会費 2,160円
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
ポイント還元率 1.0%
主なポイントアップ対象 楽天市場
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
利用付帯
空港ラウンジ 無料利用可能
※年2回まで

楽天ゴールドカードは、30代につながるカードというわけではありませんが、実用性が非常に高いゴールドカードです。

年会費が2,160円と安いにもかかわらず、ポイント還元率が高く、年2回の制限付きですが空港ラウンジも利用できます。

良くも悪くも、複雑な仕組みの特典や機能が少ないため、はじめてのゴールドカードとしてもおすすめです。

ステータスの高いカードに興味がない人は、楽天ゴールドカードが狙い目です。

1位「三井住友VISAプライムゴールドカード」20代後半のイケてる社会人向けクレジットカード

三井住友VISAプライムゴールドカードの残念な点

1.ポイントの通常還元率は高くない

1.ポイントの通常還元率は高くない

三井住友VISAプライムゴールドカードの通常還元率は0.5%です。

厳密には1,000円につき1ポイントなのですが、ポイントは5倍相当の価値のものと交換できるので実質0.5%です。

還元率1.0%のカードも多くあるので、ポイントアップ対象店舗以外では別のカードを使うことをおすすめします。

2.電子マネーチャージではポイントが貯まらない

三井住友VISAプライムゴールドカードは、電子マネーとの相性が悪いです。

一部のクレジットカードは、電子マネーチャージの支払いに使ってもポイントが付与されます。

しかし三井住友VISAプライムゴールドカードの場合は、チャージに使った分はポイント対象外です。

三井住友VISAプライムゴールドカードの優れている点

1.三井住友ゴールドカードへ自動ランクアップ

1.三井住友ゴールドカードへ自動ランクアップ

30歳以降のカード更新のタイミングで、三井住友ゴールドカードへランクアップされます。

審査で落とされなければ、自動更新です。

この審査では三井住友VISAプライムゴールドカードの利用履歴を中心に見られます。

利用履歴に問題がなければ通過する可能性が高く、直接申し込むより通過しやすいと言えます。

これが三井住友VISAプライムゴールドカードを持つ最大のメリットです。

2.一流ホテルや旅館をお得に使える

一流ホテルや旅館を厳選した宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」を優待割引価格で利用できます。

これは三井住友カード会員限定の特典です。

具体的にはプライムゴールド会員の場合、初回7%OFFで2回以降5%OFFとなっています。

Reluxは厳選されたプランを、最低価格保証と5%のポイント付きで利用できるサービスです。

3.年会費が最安1,500円+税

3.年会費が最安1,500円+税

三井住友VISAプライムゴールドカードの通常年会費は5,400円です。

しかし条件の達成に応じて割引され、最安で1,500円となります。

条件 達成後の年会費(税抜)
通常 5,000円
「カードご利用代金WEB明細書
サービス」の申し込み
4,000円
マイ・ペイすリボの登録 2,500円
WEB明細書+マイ・ペイすリボ 1,500円

リボ払いは嫌だという人でも4,320円(税込)までは安くできます。

4.旅行の保険やサポートが充実

三井住友VISAプライムゴールドカードは、国内海外共に旅行傷害保険が付いています。

特に海外旅行保険は最高5,000万円の保険金の内、1,000万円は自動付帯なので使いやすいです。

海外旅行傷害保険
補償対象 最高保険金額
傷害死亡
後遺障害
自動付帯1,000万円
利用付帯4,000万円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 500万円
国内旅行傷害保険
補償対象 最高保険金額
傷害死亡
後遺障害
自動付帯1,000万円
利用付帯4,000万円
入院保険日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

カード保持者だけでなく、19歳未満の家族にも適用されます。

さらには病気や怪我、体調について専門スタッフに無料で電話相談できる「ドクターコール24」も利用できます。

2位「JCB GOLD EXTAGE」20代後半社会人のハイステータスクレジットカード

JCB GOLD EXTAGEの残念な点

1.海外利用にはやや不向き

1.海外利用にはやや不向き

JCBゴールドカードは海外で利用するカードにはあまり向いていません。

なぜならJCBの加盟店は、VISAやMastercardに比べて少ないからです。

また海外旅行傷害保険は最高5,000万円と充実しているものの、利用付帯となっています。

条件を満たす手間があるので、自動付帯のカードを別で用意するほうが良いでしょう。

2.初回更新までに退会すると手数料がかかる

JCB GOLD EXTAGEは初回更新時に退会すれば問題ないですが、それより早いと手数料2,160円がかかります。

数あるクレジットカードの中でも、退会時に手数料がかかるものは少ないので残念な点と言えます。

しかしその分年会費は3,000円と安いので、損かどうかは考え方次第ですね。

JCB GOLD EXTAGEの優れている点

1.JCB GOLDへ自動ランクアップ

初回更新時に退会しなかった場合、自動で審査の末JCB CARD GOLDへランクアップします。

初回更新は利用から5年後です。

1.JCB GOLDへ自動ランクアップ

JCB CARD GOLDになってからも、その後JCB GOLD THE PREMIERへのランクアップがあるので持つのは早ければ早いほどお得です。

2.保険やサポートが充実

年会費が非常に安いゴールドカードにもかかわらず、他のゴールドカードに劣らないサポートがあります。

国内海外ともに旅行傷害保険は最高5,000万円で、年間200万円のショッピング保険も付いています。

海外旅行傷害保険
補償対象 最高保険金額
死亡
後遺障害
5,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 200万円
国内旅行傷害保険
補償対象 最高保険金額
傷害死亡
後遺障害
5,000万円
入院保険日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 入院日額×10/20/40倍

またゴールド会員専用デスクもあり、通話料無料でカードに関する問い合わせが可能です。

3.OkiDokiランド経由でポイント最大20倍

JCBが運営するポイント優待サイト「OkiDokiランド」を利用することで、お得にネットショッピングができます。

対象は以下のように有名所が多いです。

対象サービス ポイント倍率
生涯学習のユーキャン 6倍
NIKEオンラインストア 6倍
LOFT 5倍
ベルメゾンネット 3倍
じゃらんnet 3倍
メルカリ 2倍
amazon 2倍
楽天市場 2倍
ヤフーショッピング 2倍
UNIQLOオンラインストア 2倍

通常のポイント還元率は低いものの、OkiDokiランドを経由して利用すれば十分補えます。

3位「楽天ゴールドカード」20代後半社会人の実用性No.1クレジットカード

楽天ゴールドカードの残念な点

楽天ゴールドカードの残念な点

楽天ゴールドカードの残念な点は、ゴールドカード特有の充実した特典やサポートがないことです。

年会費が2,160円とトップレベルに安い代わりに、ここは諦めましょう。

楽天ゴールドカードの優れている点

1.楽天市場では常にポイント還元率5.0%

楽天ゴールドカードの通常還元率は1.0%です。

しかし楽天市場の決済に利用する時は、還元率5.0%となります。

楽天市場では他にもたくさんのポイントアップキャンペーンが常に開催されています。

1.楽天市場では常にポイント還元率5.0%

実際に利用するときは、もっと高い還元率になっているでしょう。

2.空港ラウンジ年2回無料

楽天ゴールドカードを持っていると、国内外の対象空港ラウンジを無料で利用できます。

※横スクロールできます

地域 空港 ラウンジ
北海道 新千歳空港 スーパーラウンジ
ロイヤルラウンジ
函館空港 国内線ビジネスラウンジ
旭川空港 ラウンジ大雪(TAISETSU)
東北 青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
北陸 新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
東海 中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
関東 成田国際空港 各種IASS EXECUTIVE LOUNGE
各種TEIラウンジ
羽田空港 各種エアポートラウンジ
近畿 関西国際空港 各種カードメンバーズラウンジ
伊丹空港 ラウンジオーサカ
神戸空港 ラウンジ 神戸
中国 岡山空港 ラウンジ マスカット
広島空港 ビジネスラウンジ「もみじ」
米子鬼太郎空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジきらら
出雲縁結び空港 エアポートラウンジ
四国 徳島空港 ヴォルティス
高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ
九州・沖縄 福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIME インターナショナル
新北九州空港 ラウンジひまわり
大分空港 ラウンジくにさき
長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ 華 ~hana~
ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港 IASS HAWAII LOUNGE
韓国 仁川空港 IASS INCHEON LOUNGE

無料なのは年に2回まででですが、飛行機に乗る頻度が多い人以外はこれでも十分ですね。

旅行がいつもより少しリッチで快適なものになります。

手が届く20代後半社会人限定でアメリカン・エキスプレスゴールドカードもおすすめクレジットカード

番外:アメックス・ゴールドカード
「20代後半からもっとステータスの高いカードを持ちたい」という人のために、ランキングとは別枠で1枚だけ紹介します。

紹介するのは20代後半でも持つことができ、トップクラスのステータスを誇るアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードです。

アメックス・ゴールドカードの残念な点

年会費が29,000円+税で、かなり高いです。

そのため特典をたくさん使うつもりがないと、元がとれない場合もあります。

しかし入会特典で30,000ポイントがもらえるため、実質初年度年会費無料です。

1年間試しに使って継続するかどうか判断しましょう。

アメックス・ゴールドカードの優れている点

最高クラスのステータス

アメリカン・エキスプレスはダイナースクラブと並んで、最高クラスのステータスを誇ります。

そのゴールドカードですから、誰に見せても恥ずかしくないカードと言えます。

ましてや20代の方がこのカードを持っているともなれば、上の世代の方から注目されること間違いなしです。

あなたの社会的な信用も非常に高くなります。

年会費無料でプライオリティパスを持てる

年会費無料でプライオリティパスを持てる

国内の空港ラウンジを無料で利用できるのはもちろん、海外の空港ラウンジも無料利用できます。

なぜならアメックス・ゴールドカードの会員は、プライオリティ・パスを年会費無料で持てるからです。

ただし年2回までの利用制限付きです。

高級レストランのコース料理が1名分無料

高級レストランのコース料理が1名分無料

「ゴールド・ダイニング by 招待日和」は会員専用サイトで、対象のコース料理を2名以上で予約すると、1名分が無料となります。

国内外約200店舗が対象ですが、1店舗につき半年に1回の利用までです。

大切な人と特別な日に利用すれば、必ずや満足してもらえるでしょう。

そしてもちろん会計はアメックス・ゴールドカードで。

同世代の人に差をつける、大変素敵な振る舞いです。

まとめ

20代後半になったら、実用性だけでなくステータス面も考え始めましょう。

しかし多くの高ステータスゴールドカードは、30代にならないと申し込めません。

どの高ステータスカードを持ちたいかが決まったら、それを持つために役立つカードを持ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA