低収入・貧乏な大学生向け「貯金・節約の仕方」を9個提案

大学生向け「貯金・節約の仕方」

貯金がうまくできずお悩みの大学生のあなたへ。

勉強や遊び、部活やサークルに忙しく、「親の仕送り」と「バイト代」を合わせても貯金できないですよね。

まぁ、大学生なんてお金ないですよね。

でもちょっとは貯金もしたい!

そんなアナタが貯金をする方法は、いかに支出を抑えるかがポイントです。

ここでは、節約してお金を貯める方法を「9個」提案します。

  1. 家賃を抑える
  2. 飲食店の賄いで食費を節約
  3. 水筒を持参
  4. 徒歩や自転車を利用して交通費を節約
  5. ファストファッションや古着で着回す
  6. 学生割引を使う
  7. カフェ代を抑える
  8. 夜食を食べないよう早寝する
  9. 将来を具体的にイメージ

どれか一つでも実践してみてはいかが?

大学生の貯金の仕方1.「家賃を抑える」

支出の大部分を占めることになる家賃を抑えることができれば、収支にも余裕が生まれ、貯金に回すことができます。

家賃を少しでも抑えるには、部屋を選ぶ際に、最寄り駅からの距離やオートロックのセキュリティ面など、あなたにとって妥協できる点、あまり気にならない点を見つけましょう。

最寄り駅から遠い場合は自転車をもったり、ネット料金が無料になる物件や学生寮を選ぶなど、自分で家賃を抑える工夫をすることもできます。

最近はシェアハウスも流行っており、場合によっては交通アクセスのいい場所でも意外な安さで住むことも可能です。

ソーシャルアパートメントでは、礼金が無料になる物件や家具付きの物件が用意されており、一般賃貸よりもコストを抑えることができる物件があります。

引用元:現役大学生が大学生にソーシャルアパートメントをオススメする理由【ソーシャルアパートメント】

家庭を持ってからは流石に、シェアハウスに入るのは難しいですよね。仲間との共同生活をやるなら、学生のウチかも?

大学生の貯金の仕方2.「飲食店の賄いで食費を節約」

アルバイト先に飲食店を選ぶと、食費を節約することもでき、その分の浮いたお金を貯金に回せます。

例えば居酒屋やレストランなどで働けば、賄いでご飯が食べれることもあり、食事代が割引または無料になります。

現に賄いご飯で助かっている大学生は多いのではないでしょうか。

ちなみに、まかないが有るか無いかは、バイトの面接時にさり気なく聞くのが良さそうです。

まかないがあるかどうかは基本的に求人情報に掲載されていることがほとんどです。

そのため、まかないの有無を知りたいなら、求人情報をまずはチェックするようにしましょう。ただ、まかないの有無のみで詳細が求人情報には載っていないこともあります。

その場合は、面接などで話の流れで自然に聞いてみると良いでしょう。

引用元:飲食バイトのまかない事情は?食べられる条件を教えて! | フロムエーしよ!!

単刀直入に、『まかいが食べたいからバイト募集に来ました!』なんて言わないようにしてくださいね。

大学生の貯金の仕方3.「水筒を持参」

あなたは一日にペットボトル1本ぐらいはドリンクを飲むのではないでしょうか?

外出の際はペットボトルを持ち歩くことも多いと思いますが、ドリンクを外の自販機やお店で買うよりは、家でドリンクを用意して水筒やタンブラーを持ち歩いたほうがかなり割安です。

例えば1本160円のペットボトルを毎日買うとするとひと月で約4,800円、一年で約57,600円も使うことになるのです。

ドリンクを水筒で持ち歩くにも費用はかかりますが、毎日ペットボトルを買うよりは年間数万円のお金が浮きます。

SPONSOR LINK

大学生の貯金の仕方4.「徒歩や自転車を利用して交通費を節約」

電車を使わずに移動をすることで、交通費の節約ができます。

田舎の方では無理かもしれませんが、都会の方では駅の間隔が短いところもあり、駅から駅を徒歩で移動できることことがあります。

自転車があれば、かなりの距離を移動できる人もいるのではないでしょうか?

大学生の貯金の仕方5.「ファストファッションや古着で着回す」

オシャレをしたいけど、人気のブランド物など買っているとかなりお金が飛んでいってしまいます。

そこで、ユニクロやGUなどのファストファッションや古着を買って着回すことで、お金をかけずにオシャレを楽しむことができます。

ファストファッションのアイテムは安い上に、オシャレでモノが良く、ブランド物と比べてもそれほど見た目が変わらないアイテムもあります。

大学生の貯金の仕方6.「学生割引を使う」

映画館やテーマパーク、その他の施設やお店では学生割引で定価よりも安くサービスが利用できたり、買い物ができます。

学生の内しか使えないものですし、できる限り学生割引を利用すると、貯金に回すお金を作ることもできます。

大人になった時に学生割引はすごく羨ましくなったりするものです。

大学生の貯金の仕方7.「カフェ代を抑える」

人との待ち合わせで時間をつぶしたり、帰り道でフラッと寄ってみたり、すごく気軽に利用してしまうカフェ。

街中に多くあることやその気軽さから、毎日でも利用してしまいそうなカフェですが、気にしないでいるとけっこうお金を使ってしまっていることもあります。

たまにはカフェに寄らない日を作り、貯金に回してみては?

ちなみに、学生がお金を貯める方法はこちらの記事でも解説しています。

学生がお金を貯める方法7選!今すぐ簡単に始められるもの

大学生がお金を貯める方法7選!今すぐ簡単に始められるもの

大学生の貯金の仕方8.「夜食を食べないよう早寝する」

夜遅くまで起きているとお腹が空いて、夜食を食べたくなることもしばしば。

特に深夜に食べる炭水化物ほどおいしいものはないと言われるほど。

ついつい手が出てしまいがちな夜食ですが、早めに寝るなどの対策を打ちましょう。

大学生の貯金の仕方9.「将来を具体的にイメージ」

将来の留学や資格の取得、旅行などのために貯金をしたいなら、具体的にイメージをして、

・いくらかかるのか?
・いつまでにいくら必要なのか?
・月々いくら貯金しなければいけないのか?

を数字で出しましょう。

漠然と考えていては、期日までに必要なお金が貯まらない可能性が高いです。

月々いくらずつの貯金が必要なのかが分かれば、あとはその金額を捻出する方法を考えるだけです。

期日までに貯金が間に合わなそうであれば、期日を延ばしたり、身内から借りるなど、他の方法も出てきます。

SPONSOR LINK

まとめ

まあ、貯金の仕方を解説しましたが、学生のうちは貯金をするよりも、いろんな経験にお金を使った方が良いかもしれませんね。

社会に出てから貯金すれば良いんじゃないでしょうか?

大学生がお金を稼ぐ方法9選【バイト以外のおすすめ副業】はコチラ

貧乏大学生へ、お金を稼ぐ方法9選【バイト以外のおすすめ副業】