楽天銀行

楽天銀行カードローン(スーパーローン)の返済方法・返済日は?

楽天銀行カードローンの返済

管理人
管理人

こんにちわ「カードローンのいろは」の管理人の友美(@cardloan_iroha)です。

楽天銀行のカードローンは「スーパーローン」の愛称でも呼ばれており、楽天ポイントが貯まるお得な商品です。

返済方法は口座振替のみですが、追加返済は提携ATM・インターネット・振込での返済が認められています。

返済は月々2,000円からと少額なので、一見すると「家計への負担が少ない」と思いがち。

しかし返済が長引くと、そのぶん利息が増えてしまいます。

この記事では、楽天銀行カードローンの返済について詳しく解説するとともに、返済で損をしないための2つの方法をご紹介します!

楽天銀行カードローンの返済方法

月々の返済方法は口座振替のみ

月々の返済方法は口座振替のみ

楽天銀行カードローンの毎月の返済は、「口座振替」のみです。

他の返済方法は利用できません。

振替口座は、融資を申し込みした際に設定します。

ただし、ゆうちょ銀行・大和ネクスト銀行・ローソン銀行・GMOあおぞらネット銀行など一部の金融機関では口座の設定ができませんので、事前に確認をしましょう。

口座振替の注意点

口座の振り替えができなければ支払いもできず、延滞となります。

延滞すると、支払い利息と元金だけでなく「遅延損害金」としてペナルティの支払いが必要です。

さらに個人信用情報機関で延滞の情報が登録されるので、あなたの信用にも関わり、今後のローン審査に影響します。

信用情報は信用情報機関で共有されるため、楽天銀行カードローンはもちろん、それ以外のカードの利用停止もあり得ます。

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
 
近年、クレジットカードを利用して買い物をしたり、ローンを利用して自動車を購入するなど現金を使わずに支払をすることが増えてきています。
このように現金を使わずに「個人の信用(期日までにお金を支払うという約束)」にもとづく取引を「信用取引」といいます。

そして「個人の信用」を客観的に表した情報が「信用情報(※)」です。 

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。
信用情報は、皆さまの「信用力」を表す唯一の情報であり、「個人の信用」にもとづくサービスの提供を希望する際に大切な情報です。

※思想・信条・趣味などのセンシティブ(機微)な個人情報は、信用情報に含まれません。
引用元:日本信用情報機構(JICC)【公式サイト】

信用情報については、下記ページでも詳しく解説しています。
キャッシング・ローン審査における信用情報・信用情報機関とは?

追加返済の返済方法

楽天銀行カードローンでは、毎月の返済(約定返済)以外に、連絡不要でいつでも追加返済(随時返済・繰り上げ返済)が可能です。

提携ATM返済

カードを利用して提携ATMからの入金が可能です。

なお、返済に関するATM入金手数料はすべて無料となっています。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • ローソン銀行
  • イーネット
  • セブン銀行

など、メガバンクのATMや全国区のコンビニATMから手数料無料で入金できます(借り入れに関しては手数料がかかることもあります)。

ただし、提携先によって返済可能金額の単位が異なるので注意しましょう。

インターネット返済

楽天銀行カードローンのネット会員サービスである「メンバーズデスク」のページより、各金融機関からインターネットバンキングを利用しての返済が可能です。

手数料は無料で、1円単位で返済ができ、原則24時間対応となっています(一部返済不可の時間帯あり)。

利用の際は、インターネット返済が可能な金融機関での登録が必要です。

振込返済

銀行振込の場合「お客さま専用のローン返済口座」への振り込みとなります。

振込先の口座番号は、カードセンターへの問い合わせが必要です。

銀行振込に関しては、平日の15時までに手続きを済ませないと延滞扱いになってしまいます。

特に、土日・祝日前日の15時過ぎの入金確認は翌営業日なので、注意が必要です。

なお、銀行振り込みの手数料は有料となっています。

カードローンの上手な返済方法|一括返済など損をしないためのポイント5つ

楽天銀行カードローンの返済日

1日、12日、20日、27日から選択

1日、12日、20日、27日から選択

楽天銀行カードローンの返済日は1日、12日、20日、27日から選ぶことができます。

ただし、金融機関によって指定できない日付があるので注意しましょう。

じぶん銀行:1日・20日・27日は指定不可
静岡中央銀行、沖縄海邦銀行、商工組合中央金庫:12日・27日は指定不可
楽天銀行を除くすべての金融機関:27日は指定不可

27日は楽天銀行のみ設定可能で、あらかじめ楽天銀行の口座を持っていれば、自由に返済日を選べるということになります。

返済日は給料日の後に設定する

楽天銀行カードローンでは、指定口座からの口座振替で返済を行うので、返済日には返済額分の金額が残っている必要があります。

そのためには、確実に残高がある給料日の後に返済日を設定するのがおすすめです。

審査が甘いキャッシング会社は?通らない理由・落ちた理由も教えます

楽天銀行カードローンの返済方式は「残高スライドリボルビング返済」

楽天銀行カードローンの返済方式は「残高スライドリボルビング返済」

楽天銀行カードローンの返済方式は「残高スライドリボルビング返済」のみとなっています。

残高に応じて決められた金額を返済

「残高スライドリボルビング返済」とは俗に言う「リボ払い」のことで、利用残高に応じて決まった金額を返済していく方式です。

楽天銀行カードローンでは利用残高ごとに返済金額を設定しており、利用残高が少なければ毎月の返済額も少なく、多ければ毎月の返済額も多くなります。

毎月の返済額は、借り入れ残高10万円以内の場合は2,000円で、無理せず返済を続けることが可能です。

しかし、低い金額のまま返済を続けてもなかなか元金が減らず、返済期間が長引き、その結果返済総額が増えてしまいます。

生活に支障がない程度で、積極的に追加返済をしていきましょう。

リボルビング払いの仕組みと利息|カードローンの返済方法

楽天銀行カードローンの返済金額早見表

残高ごとの返済額は以下の通りです。

ご利用残高 毎月の返済額
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円
500万円超600万円以内 60,000円
600万円超700万円以内 80,000円
700万円超800万円以内 100,000円

楽天銀行のサイトに、希望の利用限度額や借入希望額などを入力するだけで簡単に返済プランが立てられる「返済シミュレーション」があるので、ぜひ活用しましょう。

楽天銀行カードローンの返済で損をしないための2つのポイント

楽天銀行カードローンの返済で損をしないための2つのポイント

カードローンには利息がつきものです。

元金を返済するのは当たり前ですが、支払い利息に関しては、少しでも減らすためのコツがあります。

1.積極的に追加返済する

返済期間を短くして利息を減らす

カードローンの返済は、いかに多く返済して返済期間を短くしていくかがポイントです。

借り入れの利息は、日割り計算になるので借り入れ期間が長ければ長いほど増え、逆に短ければ短いほど少なく済みます。

年利18.0%で30万円を借りた場合の利息は?

例えば利息年18.0%で30万円を1ヶ月間借り入れした場合と、3年間借り入れした場合の利息金額を比べてみましょう。

1ヶ月で返済した場合:返済総額304,438円、利息4,438円
3年間で返済した場合:返済総額390,431円、利息90,431円

このように、利息に約20倍以上の差が出てきます。

つまり、なるべく短い期間で多く返済すればするほど利息は少なく済むのです。

追加返済は元金に充当される

一括返済ができるのであれば、それが一番お得な返済方法ですが、そもそもお金を借りている人にとってはそれはなかなか難しいもの。

そこでおすすめなのが「追加返済」で、毎月の返済とは異なり、すべて元金に充当されます。

少しでも余裕があるときには、どんどん返済していきましょう。

ちなみに「返済額の増額」ですが、口コミを見る限り、実現したケースはあまりないようです。

そのため、ぜひ追加返済を活用することをおすすめします。

2.手数料のかからない返済方法を選ぶ

追加返済は元金にすべて充当されますが、返済方法によっては手数料がかかります。

提携ATMからであれば一切手数料がかからないものの、銀行振込の場合手数料は自己負担です。

インターネットからの入金に関しては、楽天銀行カードローンのネット会員ページからであれば手数料が無料で、1円単位で返済できます。

会員ページから手続きしないと手数料がかかるので、注意が必要です。

専業主婦OK!楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査

まとめ

楽天銀行カードローンの返済は、毎月の口座振替で行います。

しかし月々の返済額が低いため、支払い期間が長くなり、結果的に支払い総額が増えてしまいます。

毎月の返済で満足せずに、1,000円でも良いので、手数料がかからない提携先ATMからどんどん入金していきましょう。

返済については、こまめに返済シミュレーションを確認するようにしてください。

正確な数字が出ると、返済の励みになりますよ!

-楽天銀行

Copyright© カードローンのいろは , 2019 All Rights Reserved.