おまとめ(借り換え)ローン

おまとめローン|みずほ銀行とレイク返済を一本化した体験談

投稿日:

おまとめローン|みずほ銀行とレイク返済を一本化した体験談

筆者は「みずほ銀行カードローン」と「レイク」から借り入れをしていましたが、2つの返済を「みずほ銀行カードローン」に一本化できました。

みずほ銀行に「おまとめローン」の商品はありませんが、ある方法を用いることで返済の「おまとめ」が可能になるのです。

筆者の体験談とともに、「みずほ銀行カードローン」で複数の返済を「おまとめ」する方法を解説します。

みずほ銀行とレイクの返済を「おまとめ」した体験談(方法)

みずほ銀行とレイクの返済を「おまとめ」した体験談(方法)

結論から言いますと、「みずほ銀行カードローン」の利用限度額が100万円に増額されたので、レイクの借金を一括返済(完済)し、返済先を「みずほ銀行カードローン」の一本に絞ることができました。

その結果、月々の返済額が2社合わせて「3万円」だったところ、返済先が「みずほ銀行」1社となり、返済額が月々「2万円」となりました。

「みずほ銀行カードローン」の借入金額が上がりましたが、毎月、「1万円」分の返済の負担が減ったことになります。

みずほ銀行カードローンで「おまとめ」をしたビフォー・アフター

みずほ銀行カードローンで「おまとめ」をしたビフォー・アフター

みずほ銀行カードローンで「おまとめ」をした結果、ビフォー・アフターは以下の様になりました。

みずほの借入金額 レイクの借入金額 月々の返済額
ビフォー 30万円 60万円 3万円
アフター 90万円 0円 2万円

借入総額は変わりませんが、返済先が一つに絞られ、月々の返済額が1万円減りました。

おまとめローン審査に通りやすい人の特徴はコチラ

おまとめローン審査に通りやすい人の特徴

【ビフォー】おまとめ前のみずほ銀行カードローンとレイクの利用状況

以下が「おまとめ」前のみずほ銀行カードローンとレイクの利用状況の一覧表です。

借入金額 月々の返済額 利用限度額
みずほ銀行カードローン 約30万 1万円 50万円(後に100万に増額)
レイク 約60万 ※2万円(約定返済額=1万8千円) 70万円

※筆者は+2,000円で返済していた

借入金額が2社合わせて約90万円あり、月々の返済額の合計が3万円でした。

借入金額の合計は

約30万円(みずほ) + 約60万円(レイク) =約90万円

月々の返済額の合計は

1万円(みずほ) + 2万円(レイク) =3万円

みずほ銀行カードローンの限度額が50万⇒100万へ増額され、「おまとめ」をした後、この数字は大きく変わることになります。

【アフター】レイク完済⇒返済先がみずほに一本化

借入総額は90万円のまま変わりませんが、返済先が「みずほ銀行」1社のみとなり、月々の返済額が「3万円」から「2万円」へと下がりました。

「みずほ銀行カードローン」一本に「おまとめ」をした流れは以下のようになります。

  1. みずほの限度額を50万円⇒100万円へ増額する
  2. みずほで元々30万円の借り入れをしていた筆者は、あと70万円を追加で借り入れできるようになる
  3. みずほで60万円を追加で借り入れし、レイクの借入額60万円を完済
  4. 返済先がみずほに一本化される

ちなみに筆者の限度額が増額されたのは、増額の申請をしたのではなく、毎月の返済を滞りなく続けており、みずほ銀行から増額の案内があったからです。

返済先が減り、月々の返済額が下がった結果、精神的・肉体的に余裕が生まれるという好循環へとつながります。

オススメおまとめローン!金利の比較はこちら

みずほ銀行カードローンの増額方法

みずほ銀行カードローンの増額方法

みずほ銀行カードローンの限度額を増額するには2つの方法があります。

  1. 増額の申し込みをする
  2. 増額の案内を受ける

それぞれの方法について解説します。

1.増額の申し込みをする

みずほ銀行の増額の申し込みは、公式サイトから出来ます。

増額の申し込みは「カードローンの再申し込み」という形で行い、増額にも審査が必要になります。

みずほの審査については以下の記事で解説しています。

みずほ銀行カードローンの審査まとめ

みずほ銀行カードローンの審査

毎月の返済を遅れずに継続するなど利用実績を積むことや、年収が上がったなど属性にプラスの変化があれば、初回の審査より評価が高くなり、増額審査に通りやすいです。

逆に返済の遅延歴があることや、他社での借入額が増えたことなどマイナスの変化があれば、増額審査に落ちるどころか、限度額が減らされることもあるので注意しましょう。

増額審査の在籍確認が行われるかどうかは人によって個別に判断されるようです。

特に転職をしたことで職場が変わったというようなことがあれば、在籍確認が行われる可能性が高いです。

勤務先へ在籍確認の方法は電話?タイミングいつ?内容は?

2.増額の案内を受ける

カードローンの利用実績を積み、優良顧客とみなされれば、郵送やATMの表示によって、銀行から増額の案内を受けることができます。

増額の案内があった時点で、審査に既にクリアしたようなもので、あとは申請をすれば限度額を増額することができます。

増額案内のお知らせは不定期であるようですが、半年から1年以上の返済実績を作ることが必要と言われています。

その他に増額の案内がくる場合として、他社の借入額が減ったというものもあります。

ATMの表示で増額の案内を受ける場合は、銀行ATMである必要があり、コンビニのATMでは案内の表示は出ません。

「おまとめ」をすることによる金利の変化

「おまとめ」をすることによる金利の変化

筆者はみずほで30万円を年率14.0%で借り、レイクで60万円を年率18.0%で借りていました。

みずほへ「おまとめ」した後、レイクの返済がなくなり、みずほ1社で90万円を年率14.0%で借りることになりました。

みずほ1社での借入額も増えましたが、みずほ銀行と消費者金融であるレイクの金利の違いだけをみると、みずほが14.0%、レイクが18.0%と、銀行であるみずほの方が金利が低くなります。

年率14.0%と年率18.0%の違い

ここでは簡単に10万円を1年で返済する場合の、年率14.0%と年率18.0%の違いを見てみましょう。

年率14.0%の場合

年率14.0%の場合

10万円を年率14.0%で、1年で返済する場合、返済額は11万4千円となります。

10万円 + {10万円 × 0.14(14%)} =11万4千円

1年でかかった利息は1万4千円です。

年率18.0%の場合

10万円を年率18.0%で、1年で返済する場合、返済額は11万8千円となります。

10万円 + {10万円 × 0.18(18%)} =11万8千円

1年でかかった利息は1万8千円です。

年率14.0%と年率18.0%では上記の例の場合、返済額に4000円もの違いが出ます。

1年をかけた返済での4000円の差を高いと見るか、低いと見るかは人それぞれですが、計算の数字が大きくなればなるほど、その違いを見過ごせなくなることでしょう。

お金の返済では、金利は低いに限ります。

「おまとめ」先は金利の低さで選ぶ

「おまとめ」をして返済の負担を減らすには、おまとめ先に金利の低い会社を選ぶことです。

何社からの借り入れをどこの会社で「おまとめ」するのかによって、金利の変化はケースバイケースです。

複数の返済先を1社に絞ったところで、「おまとめ」前より金利が上がっていては、返済総額が増えることもあり、意味がありません。

傾向として、金利が低いということは、返済の負担が減るということになります。

アイフルおまとめローンの口コミ・評判。審査が甘いって本当?

アイフルおまとめローンの口コミ・評判は?審査は甘い?

一般的には消費者金融よりも銀行での借り入れの方が金利は低いので、「おまとめ」をする際には、銀行を選ぶことを一つの基準とするのが良いでしょう。

みずほ銀行カードローンはおまとめローンの代用もできる

みずほ銀行カードローンはおまとめローンの代用もできる

みずほ銀行には「おまとめローン」という商品はありません。

しかしカードローンで高額のお金を借り、他社の借り入れを完済することができれば、返済先をみずほ銀行1社に「おまとめ」できます。

つまり通常のカードローンの利用で「おまとめローン」と同じ効果を得る事ができるというわけです。

私は実際に、みずほの増額を利用して、レイクの借り入れを完済して「おまとめ」することで、月々の返済の負担を減らすことに成功しました。

少し知恵を働かすことで、おまとめローンでなくても「おまとめ」できるので、複数の返済に苦しんでる方は、あなたの今の借り入れ状況で何か手はないか、探してみるのも良いですね。

おまとめローンのデメリット5つ!知らないと損する注意点を解説!

おまとめローンのデメリット5つ!知らないと損する注意点を解説!

まとめ

おまとめローン以外のカードローンでも、増額することで高額のお金を借りることができれば、おまとめローンと同じ効果を得る方法があります。

少しでもあなたの返済状況が良くなることを願います。

◆目的別で探す◆

おすすめカードローン

プロミス

SMBCモビット

アイフル

よく読まれる記事Best3

即日融資カードローン特集

即日融資が好評なカードローン特集

スグ借りたい人向けのカードローンを3つ厳選しました。

審査時間は最短30分、融資まで1時間と急いでいるアナタのお役だち大手の金融機関を紹介します。

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る方法を「即金性」を基準に18個紹介します。

お金を借りる以外にも意外な方法が見つかるかも。

審査が不安な方のためのカードローン

審査が不安な方のためのカードローン

お金を借りたい。。。

だけど審査が不安。

そんなアナタに向けて、安心・安全に借入ができる金融機関を紹介します。

-おまとめ(借り換え)ローン

Copyright© カードローンのいろは , 2019 All Rights Reserved.