ノーローン

ノーローンの返済方法・返済額・返済日を解説

新生銀行グループのノーローン。

借入から1週間は無利息、完済後に再び借入をする場合でも、何度利用しても1週間は無利息という特徴のあるキャッシングサービスを取り扱っています。

この記事ではノーローンの返済方法、毎月の返済額、返済日についてお伝えします。

ノーローンの毎月の返済額

返済額は返済プランによって決まる

毎月の返済金額は、次の3つの返済プランによって決まります。

契約時にあなたの都合に合わせて、3つの中から選ぶことができます。

  1. 借入金額スライドリボルビング方式
  2. 分割返済
  3. 一括返済

それぞれの返済プランの返済額について、解説します。

1.借入金額スライドリボルビング方式

借入金額スライドリボルビング方式は、借入後の残高によって毎月の最低返済額が決まります。

毎月の最低返済額は、契約時のお借入れ限度額と、借入後の残高に応じて、下表のようになります。

※表は横にスクロールできます。

月々の最低返済額 契約時のお借入れ限度額
お借入れ後残高 30万円以下 30万円超

100万円
100万円超
10万円以下 4,000円 3,000円 3,000円 2,000円
10万円超 ~ 20万円まで 8,000円 6,000円 6,000円 4,000円
20万円超 ~ 30万円まで 12,000円 9,000円 9,000円 6,000円
30万円超 ~ 40万円まで - 12,000円 12,000円 8,000円
40万円超 ~ 50万円まで - 15,000円 15,000円 10,000円
90万円超 ~ 100万円まで - 30,000円 30,000円 20,000円
100万円超 ~110万円まで - - 33,000円 22,000円
110万円超 ~ 120万円まで - - 36,000円 24,000円
280万円超 ~ 290万円まで - - 87,000円 58,000円
290万円超 ~ 300万円まで - - 90,000円 60,000円

※返済金額は元金と利息を含む金額です。
※借入れ後残高の10万円の増加ごとに最低返済額が変動します。
※お借入れ限度額が100万円超の場合、上記どちらの返済額になるかは、審査によって決まります。

ノーローンの審査については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ノーローン審査の解説はこちら

毎月の最低返済額

例えば、お借入れ限度額が30万円で、お借入れ後残高が25万円の場合は、月々の最低返済額は12,000円になります。

最低返済額なので、それ以上の金額であれば返済額はいくらでも構いません。

追加返済もできる

先述した通り、月々の返済金額は、最低返済額以上であればいくらでも構いませんので、多めの返済をした分は追加返済となります。

追加で返済をするとその分、借入残高も早く減り、それに伴う利息も減るので、追加返済をした方が完済後の返済総額が少なくて済み、お得になります。

ボーナス支給月など経済的に余裕がある時は、追加返済することをおすすめします。

口コミ・評判を無視!ノーローンのメリット・デメリットまとめ

2.分割返済

借入額に対して、あらかじめ返済回数を設定して返済をするプランです。

月々の返済額は一定額になります。

例:ご利用額10万円を12回でご返済される場合
(※実質年率18.0%・1週間無利息特約ありで計算)
月々9,500円×11回+最終回5,022円=109,522円 (ご返済日などにより最終回金額を調整)

引用元:ご返済日・ご返済額|なんどでも1週間無利息キャッシングの【ノーローン】公式ホームページ

3.一括返済

借入金額の全額をまとめて一括で返済するプランです。

レイクALSAのATMや銀行振込みで一括返済ができます。

例:ご利用額10万円で30日後に一括ご返済の場合
(※実質年率18.0%・1週間無利息特約ありで計算)
元金100,000円+お利息1,134円=101,134円

引用元:ご返済日・ご返済額|なんどでも1週間無利息キャッシングの【ノーローン】公式ホームページ

完済金額は「キャッシング残高+当日までのお利息」となります。

ノーローンの審査はブラックOK?体験談をもとに解説

ノーローンの返済方法

返済方法には次の4つがあります。

  1. リアルタイム返済(Pay-easy)
  2. コンビニ・ショッピングセンター、提携金融機関CD・ATMでの返済
  3. 振込返済
  4. 自動引落し・口座振替による返済

それぞれの返済方法について解説します。

1.リアルタイム返済(Pay-easy)

インターネットバンキングを利用

パソコン・スマートフォンまたはケータイからインターネットバンキングを利用して返済ができます。

24時間いつでもどこでも、振込手数料が無料で返済できます。

リアルタイム返済対象の金融機関

リアルタイム返済を利用するには、リアルタイム返済対象の金融機関で、インターネットバンキングが利用できる口座を開設をする必要があります。

リアルタイム返済ができる主な金融機関には、三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行などがあります。

    【リアルタイム返済の手順】

  1. ノーローン会員ページへログインし、「リアルタイム返済」をクリック。
  2. 希望の金額を入力し、あなたが利用している金融機関を選択。
  3. あなたの利用している金融機関にログインし、案内に従って手続きをする。

手続き完了後、返済の確認のメールが届きます。

リアルタイム返済対象の金融機関一覧|キャッシング・消費者金融ならなんどでも1週間無利息のノーローン

※各金融機関のメンテナンス状況により、利用できない場合があります。
※金融機関によっては、ケータイのブラウザからインターネットバンキングが利用できない場合があります。

2.コンビニ・ショッピングセンター、提携金融機関CD・ATMでの返済

2.コンビニ・ショッピングセンター、提携金融機関CD・ATMでの返済

セブン-イレブン、イーネットATM(ファミリーマート、ミニストップなど)、ローソン、イオンショッピングセンターに設置されているATMからも返済できます。

その他にレイクALSAのATM、提携している銀行、信販会社のATMからも入金、出金ができます。

提携会社によって、サービス内容・営業時間が異なり、取引金額に応じて、108~216円の利用手数料がかかります。

提携ATMによっては完済しようとした時に端数が残ってしまう場合がありますが、端数を含めて完済するには銀行振込やレイクALSAのATMを利用します。

提携CD・ATM|なんどでも1週間無利息キャッシングの【ノーローン】公式ホームページ

3.振込返済

ノーローンが指定する銀行口座(新生銀行)への振込で返済ができます。

銀行振込であれば、完済する際に必要な端数の返済も可能です。

ノーローンは新生銀行グループですが、振込み手数料がかかります。

返済用口座の確認は会員ページ、お問合せダイヤル(0120-170024)でできます。

4.自動引落し・口座振替による返済

あなたが指定した銀行口座からの自動引落しでも返済ができます。

引落し日は毎月6日、26日のどちらかを選べます。

契約時など事前に手続きが必要です。

口座にお金を入れておくだけなので、忙しい人に向いています。

ノーローンの毎月の返済日

約定返済日として好きな日を選べる

ノーローンの毎月の返済日は、約定返済日として、あなたの都合のいい日を選べます。

約定返済は期日の15日前から

返済はいつでもできますが、約定返済の受付期間は、その月の返済日の15日前からです。

返済をした日が、その月の約定返済日の16日以上前だと、前月の追加返済としてカウントされます。

約定返済日が土日祝日、年末年始である場合、翌営業日が約定返済日になります。

ガチでお金がない時の対処法14選

返済日の変更も可能

なお、返済日を変更したい場合は、レイクALSAの自動契約機、郵送にて変更可能です。

詳細はお問合せダイヤル(0120-170024)で確認してください。

返済が遅れると…

電話または手紙での請求

ノーローンへの連絡なしで期日までの返済が遅れてしまうと、電話または手紙で請求の連絡がきます。

対策としてノーローンメールサービスへの登録をすると、返済期日3日前であることや、返済期日の翌日に返済忘れのお知らせが、メールで届きます。

電話による連絡を避けたい人は登録をおすすめします。

遅延損害金が発生

遅延損害金は利率が高くなる

返済が期日より遅れると、遅れた日数に応じて遅延損害金が発生します。

ノーローンの通常利率は4.9%~18.0%ですが、遅延損害金の計算には、遅延損害金利率の20.0%が適用されます。

借入残高10万円で3日遅れた場合

借入残高が10万円で、返済日が3日遅れた場合の遅延損害金は次のようになります。

10万円 × 0.2(遅延損害金利率20.0%) ÷ 365(日) × 3(日) = 164.38...

10万円を借りて、返済日が3日遅れた場合の遅延損害金は164円です。

10万円を通常利率18%で30日借りた場合の利息は、

10万円 × 0.18(%) ÷ 365(日) × 30(日) = 1,479.45...

となり、1,479円なので、これに遅延損害金164円を足した1,644円が利息の総額になります。

キャッシング・ローン審査における信用情報・信用情報機関とは?

信用度が落ちる

もし返済が期日より遅れると、遅延損害金がかかるだけでなくノーローンからの評価が下がり、信用度が落ちてしまいます。

信用度が落ちてしまうと今後、利用限度額の増額の審査に不利になるなど、サービスを利用する上で何かと不都合になるのでご注意を。

ノーローンの増額審査を解説

返済シミュレーション

ノーローンの公式ホームページで返済シミュレーションができます。

返済シミュレーションでは次の3つの計算ができます。

  1. 短期利用の場合の利息
  2. 返済回数(月1回)
  3. 毎月の返済金額(元利合計)

希望の借入金額で入力できるのは最高100万円までです。

1.短期利用の場合の利息シミュレーション

借入金額を利用日数で割って、短期利用の利息を計算できます。

短期利用の場合の利用日数は30日までです。

50万円を30日借りたときの利息は5,671円です。

返済シミュレーション【ノーローン公式ホームページ】

2.返済回数(月1回)のシミュレーション

借入金額を毎月の返済金額で割って、返済回数を計算できます。

50万円を借りて、毎月2万円ずつ返済した場合の返済回数は32回で、返済総額は626,208円です。

50万円を借りて、毎月3万円ずつ返済した場合の返済回数は20回で、返済総額は576,105円です。

3.毎月の返済金額(元利合計)

借入金額を返済回数(期間)で割って、毎月の返済金額を計算できます。

50万円を借りて、24ヶ月(2年)で返済した時の毎月の返済金額は24,818円で、返済総額は595,614円です。

50万円を借りて、36ヶ月(3年)で返済した時の毎月の返済金額は17,954円で、返済総額は646,281円です。

カードローンの返済方法【元利均等返済と元金均等返済】

まとめ

ノーローンの毎月の返済額は、その時の借入残高によって変動しますが、借入金額が100万円までなら4,000~30,000円で済みます。

できるだけ少ない利息、返済総額で完済するためにも、余裕がある時は追加返済をして、早めの完済をおすすめします。

返済方法はインターネットバンキングを利用したリアルタイム返済、提携ATM返済、振込返済、口座振替の中から選べます。

返済日はあなたの都合に合わせて選べますが、口座振替では毎月6、26日のどちらかに自動引落になります。

返済額、返済日、返済方法のどれをとっても自由度が高いので、あなたの都合に合わせて、計画的な利用ができるでしょう。

◆目的別で探す◆

よく読まれる記事Best3

即日融資カードローン特集

即日融資が好評なカードローン特集

スグ借りたい人向けのカードローンを3つ厳選しました。

審査時間は最短30分、融資まで1時間と急いでいるアナタのお役だち大手の金融機関を紹介します。

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る方法を「即金性」を基準に18個紹介します。

お金を借りる以外にも意外な方法が見つかるかも。

審査が不安な方のためのカードローン

審査が不安な方のためのカードローン

お金を借りたい。。。

だけど審査が不安。

そんなアナタに向けて、安心・安全に借入ができる金融機関を紹介します。

-ノーローン

Copyright© カードローンのいろは , 2019 All Rights Reserved.