SMBCモビット

SMBCモビットの悪い口コミ・評判5つを徹底検証

2019年10月10日

SMBCモビットの口コミ・評判を徹底調査

SMBCモビットは、電話での在籍確認や書類のやり取りがいらないweb完結や、10秒で結果の出る簡易審査が人気です。

特にweb完結は、ATMや自動契約機に行く手間すらかからないと高く評価されています。

しかし、悪い口コミや評判も見受けられるので、気になっている人もいるのではないでしょうか。

今回は「在籍確認後に審査に落ちた」「審査時間が長い」など、SMBCモビットの悪い口コミを検証してみました。

SMBCモビットの悪い口コミ・評判その1.「在籍確認後に審査に落ちた」

「在籍確認までしたのに審査に落ちた」「在籍確認は最後のはずなのにナゼか審査に通らなかった」といった口コミがみられます。

在籍確認したのに審査に落ちることはある?

勤務先の在籍確認は、返済能力を判断するための大切な審査のひとつです。

在籍確認は通常審査の最終段階で行われます。

SMBCモビットの在籍確認後に審査に通らなかった、という理由には2種類の理由が考えられます。

在籍確認ではなく本人確認だった可能性が高い

SMBCモビットは電話連絡なしのWeb完結が可能です。

しかし申し込み内容に不備や不足部分があると、SMBCモビットより連絡があります。

これが本人確認です。

その連絡を在籍確認と勘違いしている可能性があります。

この場合在籍確認ではなく、本人確認時に問題があって審査に落ちたと考えられます。

在籍確認に問題があるケースも

在籍確認に問題があれば、最終的に審査に通りません。

最近では個人情報保護の観点から、本人以外の人が電話に出た場合「いない」「答えられない」と言ってしまうことがあり、この場合在籍確認にはなりません。

書類で確認する場合でも、不鮮明な点や不審な点があれば審査には通りません。

SMBCモビットの審査落ちの理由は?口コミ・評判で見る審査基準

SMBCモビットの在籍確認

Web完結の在籍確認

SMBCモビットでは勤務先の在籍確認が必要です。

しかし「電話確認」が必須というわけではありません。

SMBCモビットには「Web完結」が可能です。

このWeb完結であれば、電話連絡や書類のやり取りは一切なく申し込み、契約、利用が可能です。

もちろん勤務先の在籍確認に関しても電話連絡はありません。

条件がクリアできる場合

条件がクリアできる場合のみ、在籍確認は書類にて行われます。

「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている」なおかつ「社会保険証もしくは組合保険証を持っている」という二つの条件をクリアした場合に書類確認のみで在籍確認OKとなります。

ここでのポイントは、保険証の種類です。

社会保険証OR組合保険証が出ているのは、正社員か公務員などに限定されます。

自営業やパート・アルバイトの場合、国民保険証なので、書類での確認はNGということになります。

SMBCモビットの審査はコチラで解説

SMBCモビットの悪い口コミ・評判その2.「手数料がかかる」

「SMBCモビットの利用には毎回手数料がかかるのでもったいない」「手数料がかかるので、利用をためらってしまう」といった口コミがあります。

手数料は高いの?

提携ATMを何度も利用するとそれなりの出費に

SMBCモビットは、コンビニのATMが提携先として利用できるのでとても便利です。

しかし手数料が発生します。

ATMなどの利用手数料は、積み重なると安くはありません。

毎回108円~216円の手数料がかかる

SMBCモビットの借り入れや返済で、ローンカードやスマホアプリを利用して提携先のATMを使用した場合、手数料は毎回108円~216円かかります。

1回あたりの手数料はそれほど高額ではないものの、何度も利用するとそれなりの出費になる可能性があります。

モビットカードとは?受け取りと使い方、紛失について

手数料を無料にできる返済方法

SMBCモビットで手数料のかからない返済方法もいくつかあります。

三井住友銀行ATM

三井住友銀行ATMであれば、手数料無料で借り入れや返済が可能です。

Famiポート・Loppi

Famiポートはファミリーマート、Loppiはローソンやミニストップに設置されているマルチメディア端末です。

こちらは返済のみ可能です。

銀行ATM

え?銀行のATMって手数料がかかるのでは?と思いますよね。

銀行とあなたとの契約や条件によっては「月に何回迄なら手数料無料」といったサービスがある場合があります。

それをうまく利用すれば手数料無料で利用可能です。

知らなきゃ損!SMBCモビット返済のポイント

SMBCモビットの悪い口コミ・評判その3.「審査時間が長い」

SMBCモビットでは「審査に時間がかかる」「10秒で終わらなかった」「何日か審査の回答に時間がかかった」という口コミがあります。

「10秒簡易審査」と宣伝しているSMBCモビットの審査時間は実際にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

審査時間は本当に長い?

仮審査は最短10秒、本審査は最短30分

SMBCモビットの審査はWeb完結で、超スピーディーな「10秒簡易審査」はもちろん、その他の審査の場合でも最短30分とされています。

簡易審査は10秒とはいえ、正式な審査なのでここでは信用情報の内容から仮審査の結果が出ます。

申し込み状況や審査内容によっては3日程度かかる場合も

本審査までは最短で30分となっていますが、審査がスムーズにいった場合の最短時間になるので、申し込み内容に不備があったり、在籍確認がとれなかったりするとさらに時間がかかります。

これは大手消費者金融どこでも同じで、1時間~2時間程度を見ておいたほうがよいでしょう。

土日祝日も平日同様に審査を行いますが、勤務先の定休日や、申し込み状況によっては3日程度かかる場合もあります。

つまり審査時間は、個人の内容と状況によって変わってくるということです。

Web完結や10秒審査を活用しよう

Web完結やWebからのカード申込申し込みを利用すると「10秒簡易審査」を行います。

10秒の審査とはいっても、他社のような何項目かの入力で直ぐ回答が出る目安としての審査ではなく、本格的な審査です。

そのため申し込みの際には、個人情報、信用情報の説明と同意を得てからの審査となります。

もちろん信用情報にそのまま申し込んだ内容が登録されるので、正確に詳細まで入力する必要があります。

Web完結

Webで申し込みを行います。

10秒簡易審査に通った場合は、必要書類をWeb上で提出し、契約します。

在籍確認も必要書類の提出のみでOKで、借り入れはネットから行い、返済は口座振替で行います。

書類のやり取りや、電話での確認が不要なので家族や職場の人にバレる心配はありません。

カード申し込み

Webから「カード申し込み」を選択し、簡易審査結果後本人確認のみで自動契約機からカードを発行します。

契約は後日郵送で書類のやり取りを行います。

【迅速丁寧】SMBCモビットの審査を徹底解説

SMBCモビットの悪い口コミ・評判その4.「増額融資が難しい」

SMBCモビットの増額融資について「申し込んだけどできなかった」「増額はできないと言われた」「増額を申し込んだら、カードがストップした」といった口コミや、なかには「案内が来たにも関わらず、審査に落ちた」などという報告が見られます。

SMBCモビットの増額融資について詳しくみてみましょう。

増額融資はそんなに厳しいの?

増額審査はもともと厳しいもので、基準はほかの金融機関と変わらない

SMBCモビットの増額融資は難しいと言われていますが、特別SMBCモビットが難しいというわけではありません。

増額をするということは、更に融資をしても返せるかどうか、更なる返済能力があるのかをチェックする必要があります。

今まで以上に融資をするということに関しては、増額審査はどこの会社でも厳しくなります。

他社の借り入れがあると審査落ちにつながる

もともとSMBCモビットには無利息期間サービスがないので、大手消費者金融3社申し込み後に申し込みが行われる可能性が高いです。

そうなると既に他社の借り入れがあるので、利用可能額は少なくなったり、審査に通らない可能性が高くなり更に増額融資となると難しくなってきます。

そのため「SMBCモビットの審査は難しい」という口コミに繋がるのです。

増額融資の審査自体は、信用情報と属性情報のチェックなので問題なければすぐに結果はでますし、即日融資も可能です。

増額審査に通るには

SMBCモビットの増額融資は、本人から申し込みがあった後に、信用情報を取得し属性情報を確認し審査します。

総額融資に通るポイントは以下の5つです。

  1. 案内を待つ
  2. 半年以上の優良な実績
  3. 他社での借り入れ件数金額が増えていない
  4. 半年以内に3件以上の申し込みをしていない
  5. 変更事項がない

増額の申し込み方法は「SMBCモビットからの案内を待つ」か「コールセンターへ電話連絡する」か「SMBCモビットの会員ページのMyモビから増額申請する」ことも可能です。

1.案内を待つ

SMBCモビットの増額融資は、自分から申し込む他にSMBCモビットから案内が来るパターンがあります。

自分から申し込むよりも、案内が来る場合はSMBCモビットで「この人なら増額融資ができる」とある程度の確信があるので増額しやすいです。

金額もSMBCモビット側で可能な金額を提示してくれます。

ただし、案内がきても審査は必須です。

2.半年以上の優良な実績

一般的に、カードローンなどの増額融資は半年以上の遅れや不足金額のない返済実績が必要です。

現状で遅れや不足が出てしまう人には、それ以上の金額を融資しても返済できない可能性が高い、と考えられます。

少なくとも半年は、優良な返済実績を続けましょう。

SMBCモビットの増額審査|審査に通るポイント3つ

3.他社での借り入れ件数や金額が増えていない

増額融資の審査は、本人より申し込みがあってから行います。

その際に信用情報を取得し、他社での借り入れ情報をチェックされます。

この時他社での利用金額や件数が増えていると、返済能力に不安があるとされるので、審査に通るどころかいままで繰り返し使えていたカードの利用がSTOPする可能性があります。

4.半年以内に3件以上の申し込みをしていない

半年以内に他社に申し込んだ場合、いつ何件申し込んだかが信用情報に登録されます。

新規申し込みと同様に半年以内に3件以上の申し込みがあれば、多重債務者になる可能性があるとしてチェックされます。

こちらもカードの利用停止になる可能性が高いです。

5.変更事項がない

変更事項があると、増額融資を受けられない可能性があります。

年収が下がるとカード利用を停止されることも

特に勤務先の変更は、年収に関係します。

消費者金融の法律である「総量規制」では、年収の3分の1を超える借り入れはNGです。

年収が下がっている場合、金額によっては増額融資どころかカードの利用停止となります。

変更事項があった場合は必ず2週間以内に連絡する

変更事項がある場合2週間以内に届け出すことは、契約書にも記載されています。

変更事項を届け出たことで一旦利用STOPになったとしても、届け出を出さずに繰り返しの利用を続けると正確な審査が行えず、最終的に収支のバランスが取れず、返済ができなくなる可能性があります。

必ず届け出を出して、今後も利用ができるかどうかを確認しましょう。

逆に年収が増えている場合は、更なる増額融資を受けられる可能性があります。

50万円以上の融資を希望する場合には、収入証明書を提出が必要なので用意しておきましょう。

SMBCモビットの悪い口コミ・評判その5.「金利が高い」

SMBCモビットの金利に対して「SMBCモビットの金利は高すぎる」「いつまでたっても返済が終わらない」といった口コミがあります。

金利が高くて返済が大変って本当?

金利はほかの大手消費者金融と変わらない

上限金利は18.0%

SMBCモビットの上限金利、つまり新規の契約で適用される金利は、他の大手消費者金融と変わらず年利18.0%です。

金利は「借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数」で計算します。

例えば30万円を30日間借り入れした場合は、

30万円×18.0%÷365×30日=4,438円

なので、金額的には高くはありませんよね。

ただしこれは、30日間で完済した場合の金利です。

返済が長期化すると利息がかさむ

SMBCモビットは借入後残高スライド元利定額返済方式なので、設定された最低金額11,000円で返済を続けた場合、36回で返済総額は388,822円となります。

利息だけで88,822円もかかることになります。

お得に返済するには?

お得に返済をしたい場合は、なるべく多く返済し、返済回数を減らしていくことが大切です。

ボーナスなどで余裕があればなるべく一括返済をすれば、それ以降の利息はかからないのでお得です。

一括返済ができなければ、毎月の返済を少しでも多めにするとそのぶん元金に充当されます。

口座振替の場合は、最低金額以上の返済はできません。

手数料のかからない返済方法を利用してできるだけどんどん追加返済していきましょう。

SMBCモビットの返済について解説

無利息期間サービスはなし

SMBCモビットには、他の大手消費者金融のような無利息期間のサービスがありません。

短期での返済を予定している場合は、無利息期間のサービスがある所がおすすめです。

無利息期間がある人気カードローンを紹介

SMBCモビットに向いていない人・向いている人

SMBCモビットに向いている・いないのはどんな人なのでしょうか?

向いていない人

金利を重視している

SMBCモビットは、消費者金融なので金利は上限年利の18.0%です。

銀行系カードローンは年利15.0%が平均ですので、金利重視の方は銀行系のカードローンをおすすめします。

長期で返済を考えている

SMBCモビットには無利息期間のサービスがありません。

金利も上限金利が法律の上限ギリギリなので、長期の返済だと金利が多くかかります。

手数料をかけたくない

SMBCモビットの利用はほとんどATM手数料がかかります。

SMBCモビットの自社ATMは残念ながら無く、三井住友銀行ATMのみが利用手数料無料です。

コンビニのメディア端末に関しては手数料無料ですが返済のみしか利用できません。

借り入れに関しては、会員ページから手数料無料で振り込み融資を受けることができますが、自分の口座へ振り込んでもらうのでさらにATMから引き出す手間がかかります。

SMBCモビットのデメリット5つを解説

向いている人

Web完結の条件に合っている

Web完結は、パソコンやスマホでインターネット環境があればいつでもどこからでも申し込みが可能です。

Web完結は、電話での在籍確認や書類の郵送やり取りが不要なのでまわりにバレる心配や手間が不要です。

ただし条件が「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている」なおかつ「社会保険証もしくは組合保険証を持っている」の両方なので、条件に合えばおすすめです。

即日融資を希望している

SMBCモビットの審査は10秒簡易審査なら仮審査の結果が10秒で、その他の審査に関しても最短30分となっています。

審査が通れば即日融資も可能です。

銀行系のカードローンは融資まで1週間~1ヶ月程度かかります。

スピードを重視するのであれば、SMBCモビットはおすすめです。

近くに三井住友銀行ATMがある

SMBCモビットには自社ATMがありません。

手数料無料のATMは三井住友銀行のみです。

生活圏内に三井住友銀行があるのなら、借り入れや追加返済も手数料気にせずにできるのでオススメです。

まとめ

SMBCモビットは審査スピードが早く、融資までの時間が早いと人気です。

Web完結もあり、他人にバレる可能性が低い反面、手数料の無料のATMはほとんどないというデメリットもあります。

利用を検討する際には、よい口コミ、悪い口コミ両方をよくみてから自分に合うかどうかを検証しましょう。

-SMBCモビット

Copyright© カードローンのいろは , 2019 All Rights Reserved.