SMBCモビット

モビットカードとは?受け取りと使い方、紛失について

投稿日:

モビットカードとは?受け取りと使い方、紛失について

SMBCモビットのカードローンを契約すると発行されるモビットカード。

日本全国約130,000台(2017年12月現在)の提携ATMで使えるカードです。

借入れや返済が自由にできる便利なカードですが、使い方には注意も必要です。

モビットカードの受け取りや使い方、注意点など詳しく見ていきましょう。

モビットカードとは?

モビットカードは「ローンカード」で「クレジットカード」とは違う

モビットカードをクレジットカードだと思っている人もいるかもしれませんが、違います。

モビットカードは現金の借り入れを目的としてATMから出金するための「ローンカード」です。

それに対し「クレジットカード」はショッピングの際に、カード会社に立て替えをしてもらって、ショッピングの代金を後払いにするためのカードです。

銀行・コンビニなどのATMで借り入れ・返済ができる

モビットカードとは?

SMBCモビットで契約をした際にモビットカードを発行することで、お金が必要なときの借り入れや返済が自由にできます。

「WEB完結申込」で申込みをした場合は「振込キャッシング」になるため、モビットカードの発行はありません。

提携ATMでの利用方法

モビットカードは、お近くの銀行やコンビニ、駅などの提携ATMで借入(出金)、返済(入金)をするのに使うカードです。

SMBCモビットで契約をすると借入方法は「提携ATMのキャッシング」と「振込キャッシング」があります。

モビットカードは「提携ATMのキャッシング」で借入をする場合に使います。

「振込キャッシング」の場合は、あなたが指定した口座にお金が振り込まれることになるので、モビットカードは使いません。

手数料に注意

提携ATMの利用時には以下の手数料がかかります。

取引金額 1万円以下 入金/出金:108円
取引金額 1万円超 入金/出金:216円

提携先ATMによっては1回あたりの利用金額の制限があり、場合によっては複数回の操作が必要になります。

また設置場所により営業時間(利用時間〕が異なり、コンビニに置いてあるATMでは使えない場合もあります。

なお同じグループの金融機関である三井住友銀行のATMでは手数料が無料になります。

モビットカードの使い方

キャッシュカードと同じように使える

モビットカードの使い方

モビットカードは提携ATMの操作に使いますが、あなたが銀行ATMで使うキャッシュカードと同じ様に、提携ATMでの出金(借入)、入金(返済)に使います。

必要な時に何度でも

利用限度額内であれば、必要な時に何度でもカードで借入れができますし、返済したい時に何度でも追加で返済ができるのがメリットです。

先述の利用手数料には注意してください。

使いすぎに注意

借入返済が自由だといっても、何度も借入をしていると返済が進んでいきませんから、使いすぎには注意しましょう。

いざという時にもっておくと便利なカードです。

SMBCモビットの返済まとめ【あなたに合った返済方法は?】

モビットカードの受け取り

モビットカードの申込方法

モビットカードの受け取り

モビットカードを申し込む場合は「WEB完結申込」ではなく、「カード申込」の方を選択します。

「カード申込」はインターネット、電話、郵送、ローン申込機、三井住友銀行内にあるローン契約機で申込みができます。

メールまたは電話で審査結果がでた後の入会手続きで、カード受け取り方法を「郵送」「ローン申込機」「ローン契約機」の中から選びます。

SMBCモビット即日融資の方法を徹底解説|審査の流れ

ローン申込機、三井住友銀行内にあるローン契約機はその場で発行

無人店舗にあるローン申込機か、三井住友銀行内にあるローン契約機は、カードの「申込み」と「受け取り」の両方ができます。

申込み完了から約5分でカード発行

ローン申込機かローン契約機で申込みをする場合は、事前審査結果に応じて、申込みをしたその場でカード発行(申込み完了から約5分)となります。

カード発行後に本審査が始まりますが、本審査には少し時間を要するのでいったん退店するとよいでしょう。

30分~数時間後に電話で審査結果を受け取るという流れになります。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

カードが使えるのは本審査合格後

カード発行後に本審査が始まるという流れですが、発行されたカードが使えるようになるのは本審査に合格し、手続きを完了した後です。

カード申込から受け取りまでの一番スムーズな流れ

カード受け取り方法の選択

モビットカードの申込みから受け取りまでの一番スムーズな流れは、パソコン・スマホなどで申込み後、カード受け取り方法で「ローン申込機」「ローン契約機」を選択することです。

申込み後に審査が始まり、メール・電話で審査結果を受け取ってから、「ローン申込機」「ローン契約機」でのカード受け取りなので、時短で店舗に出向くのも1度で済みます。

カードの予約番号

カード受け取り方法で「ローン申込機」「ローン契約機」を選択した場合は、審査結果の時にカードの予約番号も受け取ります。

カード発行時に必要な番号になるので、大切に保管しておきましょう。

SMBCモビットの審査を徹底解説

モビットカードを紛失したら?

モビットコールセンターへ連絡

モビットカードを紛失したら?

モビットカードを紛失したら、まずはコールセンターへ電話をしましょう。

モビットコールセンター(フリーコール):0120-24-7217(9:00~21:00)

カードの利用を停止する手続きをとる必要があります。

営業時間外である場合、公式ホームページの会員専用サービス「Myモビ」でも「カードの紛失・盗難」の連絡をすることができます。

会員専用サービス 「Myモビ」|SMBCモビット

カードの再発行はできない?

会員規約によると、原則SMBCモビットカードの再発行はしてもらえません。

しかし、カードの紛失、盗難、毀損などの理由によっては、SMBCモビットに再発行を認めてもらえることもあります。

その際は再審査が必要な場合があったり、発行手数料がかかりますが、まずはコールセンターで相談をしましょう。

知らなきゃ損!SMBCモビット返済のポイント

カードレスでも利用可能

カードレスでも利用可能

カードローンのSMBCモビットですが、カードレスでもローンを利用することができます。

カードレスの「WEB完結申込」は電話連絡なしの在籍確認ができる

カードレスのローンを申込むには、申し込み方法として「WEB完結申込」を選びますが、この方法だと一定条件を満たすことで在籍確認ができ、電話連絡なしでお金を借りることができます。

カードレスで借りる場合は、「提携ATMのキャッシング」ではなく、「振込キャッシング」で借入をします。

カードレスのメリット、デメリット

メリット

カードレスのメリットは、お金の借りすぎを防ぎやすいとです。

「振込キャッシング」であれば銀行口座でのやり取りなので、モビットカードが必要ない代わりに、ATMでお手軽に出金ができないのです。

デメリット

カードレスのデメリットは、追加で借入返済をするのにわざわざ公式ホームページの「Myモビ」での手続きが必要になることです。

カードがあるのとないのでは、借入返済の自由度に差が出てきます。

公式スマホアプリを使ってカードレスに

カードレスといえば、SMBCモビット公式スマホアプリを使って、セブン銀行ATMでカードレスで出金・入金も可能です。

スマホでのATM取引になりますが、まずはお試しに使ってみるというのもアリではないでしょうか。

スマホでのATM取引も便利な、SMBCモビットの審査についてはこちらの記事で解説しています。

SMBCモビットの審査を解説

【迅速丁寧】SMBCモビットの審査を徹底解説

まとめ

モビットカードがあれば、提携ATMで自由に借入返済ができます。

急にお金が必要になった時など、いざという時には大変便利なカードですが、借り過ぎには注意しましょう。

追加の返済にも使えるので、お金に余裕のある時はどんどん返済を進めていきましょう。

できればカードを持ちたくないという人は、「WEB完結申込」でカードレスでお金を借りることもできます。

あなたの都合に合わせて、計画的なカードローンのご利用を。

◆目的別で探す◆

おすすめカードローン

プロミス

SMBCモビット

アイフル

よく読まれる記事Best3

即日融資カードローン特集

即日融資が好評なカードローン特集

スグ借りたい人向けのカードローンを3つ厳選しました。

審査時間は最短30分、融資まで1時間と急いでいるアナタのお役だち大手の金融機関を紹介します。

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る方法を「即金性」を基準に18個紹介します。

お金を借りる以外にも意外な方法が見つかるかも。

審査が不安な方のためのカードローン

審査が不安な方のためのカードローン

お金を借りたい。。。

だけど審査が不安。

そんなアナタに向けて、安心・安全に借入ができる金融機関を紹介します。

-SMBCモビット

Copyright© カードローンのいろは , 2019 All Rights Reserved.