みずほ銀行

みずほ銀行カードローンで主婦はお金を借りれるの?

管理人
管理人

みずほ銀行カードローンで主婦がお金を借りることはできるのでしょうか?

結論から言うと、パートやアルバイトなどで、少しでも安定した収入があるのであれば申し込みは可能です。

しかし、残念ながら収入のない専業主婦はみずほ銀行カードローンで、お金を借りることはできません。

ここでは、主婦がみずほ銀行カードローンでお金を借りるための審査や審査時間、返済について解説します。

みずほ銀行カードローンで主婦がお金を借りれるの?

あなたに収入があればみずほ銀行カードローンはおすすめできる

収入のある主婦は「みずほ銀行カードローン」で審査の申込ができます。

アナタが、専業主婦でない(収入のある)主婦ならば、「みずほ銀行カードローン」はおすすめできます。

なぜなら、「みずほ銀行カードローン」は大手メガバンクというだけあって、支店やATMの数が多いだけでなく、消費者金融よりも低い金利でお金を借りることが可能だからです。

みずほ銀行カードローンの2つのプラン

みずほ銀行カードローンにはプランが2種類あります。

みずほ銀行カードローン コンフォートプラン エグゼクティブプラン
融資限度額 10万円以上1,000万円 200万円以上1,000万円
金利 年3.5%~年14.0% 年3.5%~年7.0%

審査によってどちらのプランが適用されるかが決まります。

主婦の場合や初回の申し込みの場合など通常はコンフォートプランの年14.0%の金利が適用されると考えた方が良いでしょう。

必要書類

申し込みには、本人確認書類が必要になります。

また、利用限度額が50万円をこえる場合は収入証明書を提出しなければなりません。

収入がない専業主婦は「みずほ銀行カードローン」の申込みできない

管理人
管理人

収入のない専業主婦は、「みずほ銀行カードローン」も「消費者金融」も申し込みができません。

夫の同意書があれば、利用できる消費者金融もありますが、大手消費者金融には商品自体がまずありません。

一方、専業主婦でも借りれる銀行系カードローンなら「専業主婦でいられるということは、配偶者に安定した収入がある」とみなしてくれます。

そのため総量規制対象外である銀行系カードローンなら借り入れが可能です。

しかし、みずほ銀行カードローンのように収入のない方は借りられない銀行もあるので、事前に調べておくのが良いでしょう。

総量規制対象外の銀行系カードローンはこちらからチェック。

専業主婦が総量規制対象外のカードローンでお金を借りる

みずほ銀行カードローン、主婦の審査

保証会社オリコの審査に通過する必要アリ

利用にあたっては保証会社と契約する必要があります。保証会社はオリコ(オリエントコーポレーション)になっており、実際に審査をするのはオリコです。

信用情報

管理人
管理人

みずほ銀行カードローンの審査は2つの団体に内容の照会と登録をすることで、他社の借入情報などの内容を確認します。

みずほ銀行が加盟している個人信用情報機関は以下の2つになります。

  1. 全国銀行個人信用情報センター - 全国銀行協会
  2. 信用情報 早わかり!|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

個人属性

管理人
管理人

「個人属性」・・・勤務先、年収、勤務形態、家族構成、年齢、住居形態などが審査されます。

上記の「信用情報」「個人属性」の内容によって審査が進められます。

特に信用情報においては他社の借入や返済状況がチェックされるので、

  • 他社の借入が規定を超えて多すぎたり
  • 過去に金融事故があったり
  • 著しい返済の滞り

があると審査に通る可能性は低いです。

さらに「みずほ銀行の口座」があるかないかで「みずほ銀行カードローン」の審査は大きく変わってきます。

審査時間は?

大手メガバンクのため、もともとみずほ銀行の口座を持っている方も多いでしょう。

即日融資も可能とされている「みずほ銀行カードローン」の審査から融資までにかかる時間は「口座のあるなし」と利用する「カード選び」でかなり変わってきます。

口座がなくても申し込める!

というのが宣伝されていますが「みずほ銀行カードローン」の場合、支払いをみずほ銀行の口座から引き落としにしなくてはいけないので、口座は申し込みと同時に作る必要があるのです。

つまり「口座がなくても申し込めますが、契約には口座が必要」となります。

ちなみに、あらかじめ口座があると「即日融資」も可能とされています。(要審査)

口座の有り無しと、カードの種類の選び方がポイントになります。

口座があり!の審査と流れ

みずほ銀行の口座を持っていれば、「WEB完結申込」が可能です。

面倒な来店は不要です。

しかも最短即日融資が可能であるうえに、希望限度額200万円以下なら本人書類の確認や、収入証明書の提出も不要です。

  1. PCやスマホから申し込み
  2. 審査
  3. メールにて回答(引き続きの場合別途、必要書類登録用URLを送信)
  4. 本人確認書類、必要な場合は収入証明書をカメラ撮影し、登録用URLへ送信
  5. カードローン口座開設の連絡あり
  6. 手持ちのキャッシュカードで利用OK

ただし「カードローン専用型」を選ぶと、カードが届くのに1週間以上かかります。

口座がない!の審査と流れ

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. メールにて仮審査回答
  4. 普通預金口座を同時申し込み
  5. 通帳発行(通帳等は本人限定受取郵便にて郵送)
  6. カードローン口座の開設とローンカード付のキャッシュカード郵送

郵送のやり取りだと、書類のやりとりなどで1週間以上から1ヶ月かかってしまう場合もあります。

なるべく早く融資を受けたいという方はこちらをチェック。

即日融資可能なカードローン特集

口座がない場合は店頭で!

口座の開設からだと時間がかかりますが店頭であればとてもスピーディーです。もし、店頭に足を運べるようなら、朝一番で手続きすることをおすすめします。

申し込み方法と時間

審査自体は即日でも、手続きや融資に時間がかかる場合があります。

パソコンやスマホからの申込み

申込みだけであれば24時間受け付けています。
しかし審査は保証会社であるオリエントコーポレーションが行うため、営業時間内でないと、審査の回答は翌営業日になってしまいます。

口座がないとカードの種類によっては1ヶ月以上かかる場合もあるので、注意しましょう。

電話

専用のフリーダイヤルから申し込めます。
書類のやり取りは郵送で行います。

郵送

みずほ銀行に備え付けのメールオーダーで申し込みます。
すでに口座を持っている方対象の申込方法ですが、郵送のやり取りなので時間はかかります。

2週間程度かかると思っておいた方が良いでしょう。

店頭

口座の開設は早ければ一時間くらいですが、給料日や混み具合によっては何時間も待つことになります。

カードは手元に到着まで1~2週間以上かかってしまいます。口座を開設していれば口座に入金する振込みで融資が可能です。

在籍確認の電話は?

管理人
管理人

家計を任されている主婦にとって、お金を借りるにあたって重要なのは「内緒」で借り入れができるのかどうかです。

お金を借りる際に、1番大切なのは「返済」ですが、その「返済」がきちんとできるのかどうかを確かめるために必要なのが「在籍確認」です。

在籍確認は必須

無担保、無保証で貸す側にとって本当に仕事をしているのかは、きちんと返済できるのかの大きなポイントです。

通常は担当者が社名を使わずに、カードローンの在籍確認だとはわからないように、個人名や銀行名で勤務先へ連絡します。

在籍確認をなくしたいという方はこちらをチェック。

在籍確認(電話連絡)なしのカードローンはコチラ

本人確認の電話もアリ

自宅や携帯電話への本人確認の電話もかかってきます。

自宅への電話は困るという場合は、携帯電話のみで大丈夫ですが、あらかじめ信用情報に登録がある場合は正直に申告しましょう。

本人確認の電話は、社名などでかかってくるわけではないので特に身構える必要はありません。

また、常に家族が自宅にいてどうしても心配な場合は、きちんと担当者にその旨を伝えておけば、タイミングや話の内容に便宜をはかってくれます。

土日は?

土日の審査はできません

管理人
管理人

平日にパートやアルバイトがある主婦の場合、土日に手続きしたい!と思う方もいるでしょう。

みずほ銀行カードローンでは、平日以外でも商品の説明をフリーダイアルで音声ガイダンスを聞くことはできます。

また、みずほ銀行カードローンは土日でも申し込みだけなら可能です。

審査と回答は翌営業日以降

土日の申込方法は「Web申込限定」となっています。窓口や電話は営業時間外になります。平日に時間がない方は、土日などにWebから24時間申込するのが良いでしょう。

しかし

残念ながら審査と回答は翌営業日以降となってしまいます。つまり土日祝日に申し込んだ場合は即日融資はできません。

みずほ銀行には無人契約機がないので、即日融資の手続き方法がないのです。

金利の計算方法

お金を借りるときに気になるのはとにかく金利です。主婦にとっては少しの無駄でも気になり、節約を意識しますよね。

  • 元金・・・実際に借りた金額
  • 利息・・・元金に対して一定の利率をかけて出てくる金額
  • 金利・・・利息の「一定の利率」

みずほ銀行カードローンの金利は上限金利が年14.0%となっていて、年18.0%の消費者金融の金利よりはかなり低くなっています。

利息=元金×金利×借入期間

みずほ銀行カードローンでは、返済シミュレーションもあるので簡単な入力でどのくらいの総額になるのかなどがわかります。

参照:返済期間シミュレーション【みずほ銀行公式より】

返済について

口座から引き落とし

「みずほ銀行カードローン」の返済方法はみずほの口座から「口座引落のみ」で、ATMとみずほダイレクトからは任意返済をすることができます。

返済日は決まっていて、毎月10日に前月分の返済額を引き落とします。

支払い方式は?

みずほ銀行カードローンの返済方式は「残高スライド方式」です。

借入残高に応じて毎月の返済する最低金額が増えたり、減ったり(=スライド)する方式です。

残高が減ると最低支払い返済額も減るのですが、そのぶん支払いをする期間は長くなってしまい、総額も増えてしまいます。

しかし!繰上げ返済(任意返済)がOKなので、手元に余裕があるときは多めに返済するのがおすすめです。

みずほ銀行カードローン【公式】はコチラ

ATM

カードの種類や利用時間によっては手数料がかってしまいます(みずほ銀行ATMで、平日8時15分~18時00分に利用する場合は手数料無料)。

ネットや電話

みずほダイレクトに加入していれば、手数料は無料で手続き可。受付時間は平日0時~15時のみとなります。

ところで話が変わりますが...

カードの種類を知っておくことでバレる可能性が減りる

ローンカードには、キャッシュカード兼用型、カードローン専用型の2種類のカードがあります。

キャッシュカード兼用型は、通帳を見られない限りは「カードローン(お金を借りている)」だと見破られることはありません。

自分専用の口座を持って、キャッシュカード兼用型のカードを持てば、主婦でも家族に内緒で借入ができます。

キャッシュカード兼用型とは?

銀行のキャッシュカードとカードローンの機能が兼用されているカードです。

口座のキャッシュカードとカードローンの機能が一枚にまとまっていてとても便利です。

カードローン専用型とは?

カードローン専用のカードです。カードローンのカードだけを持ちたい場合に選びます。

カードローン専用型だと、キャッシュカード兼用型より1週間以上長くかかってしまいます。カードの種類によっては他にも異なる点が多々あります。

使い勝手はキャッシュカード兼用型が良い

ローンカード専用型のほうが利用できる提携先も多いのですが、サービス機能はキャッシュカード兼用型の方が使い勝手は良いです。

引き出す際に不足分を自動で貸付してくれる「自動貸越機能」や、引き落としで不足分がある場合に融資してもらえる「自動融資サービス」があります。

キャッシュカード兼用型は上記のサービスをスムーズに自動で受けられます。

まとめ

どうせ借りるのであれば、大手メガバンクの安心なみずほ銀行カードローンで、低金利の利用をオススメします。

ポイントはだらだら借りずに一気に返す!を心がけて、少しでも負担を減らしましょう。

カードローンだからといって極端に嫌がらずに、自分にとって都合よく使っていくと良いです。

◆目的別で探す◆

-みずほ銀行

Copyright© カードローンのいろは , 2019 All Rights Reserved.