リボ払い

【図解】リボ払いとは?危険性やメリット・デメリットを分かりやすく解説

投稿日:

リボ払いとは?手数料や危険性を分かりやすく解説

クレジットカードの支払いでよく聞く「リボ払い」ですが、金利手数料はカードローンと同様に高いことを知っていますか?

毎日のお買い物に使える便利なクレジットカードは、利用の仕方によっては、借金地獄への入り口となってしまう危険があります。

今回は、リボ払いとは何か、実は危険なリボ払いの仕組みやメリット・デメリットなどについて解説します。

リボ払いとは?

毎月決まった金額を支払う方式

支払い方法の一つ

リボ払いとは?

「リボ払い※」とは、クレジットカードや消費者金融の支払い方法の一つです。

利用した金額や件数に関わらず、毎月決まった金額を支払っていく方法です。

※「リボルビング払い」の略で、さら省略されて「リボ」とも呼ばれています。

繰り返し利用が可能

毎月利用残高に応じて、設定された金額を支払えばOKなので、決まった金額の範囲内であればいくら使っても一定の支払い金額(元本返済額プラス手数料)で繰り返し利用が可能です。

支払い金額をその都度確認するのが面倒だったり、生活にゆとりを持たせたいので返済は少しずつにしたい方には理想的な返済方法です。

しかし、毎月決まった金額のみの支払いを続けていくと、なかなか元金が減らず、利息は加算されていくという悪循環で、気づくと「借金地獄」という状況に陥る可能性もあります。

参照:一般社団法人日本クレジット協会【公式】リボ払いの特徴と利用上の注意

リボ払いと分割払いの違いは?

支払い方法 特徴
リボ払い 毎月一定の金額を支払う
分割払い 支払い回数を設定して支払う
一括払い 翌月に1回で支払う

「リボ払い」と「分割払い」は、支払い方法が異なります。

リボ払いと聞いても「一括払いではない支払い方法」というイメージしかない方もいるのではないでしょうか?

「一括払い」は、その名の通り一回の支払いで全額返済することです。

それに対して、分割払い、リボ払い、ボーナス払いという支払い方法があります。

ちなみにボーナス払いも、ボーナス一括であれば、最大半年先まで手数料無料で支払えるのが魅力的です。

ボーナス払いについては、利用できる店舗や時期があるので、必ず事前に確認しましょう。

それでは、リボ払いと分割払いについて詳しく見てみましょう。

リボ払い

リボ払い

利用残高に応じて設定された返済金額(元本返済額プラス手数料)を支払い、繰り返しの利用が可能な支払い方法です。

特徴としては、購入した金額によって月々の支払金額が変わらないという点です。

借り入れ残高が増えなければ、一定額以上の支払いをする必要がありません。

分割払い

購入金額を分割して、手数料を合わせて支払っていく方法です。

こちらの特徴は、支払い回数を設定するので、購入した金額によって月々の支払金額が変わるという点です。

購入金額が上がれば、支払い金額も上がります。

リボ払いと分割払い、どちらがお得?

リボ払いと分割払い、どちらがお得?

リボ払いと分割払いでは、分割払いの方が断然お得です。

毎月の支払い金額に関してだけ言えば、リボ払いは一定額で決められているので、毎月の支出の管理がとても楽です。

分割払いは、利用金額と分割する回数によって変わっていきます。

支払い回数を少なく設定してしまえば、利用金額が増えれば増えるほど支払い金額が上がってしまうので注意が必要です。

それでは、例をあげて実際に支払う金額で見てみましょう。

例として、20万円の買い物をリボ払いにした場合と、分割払いにした場合を比べてみましょう。

20万円を月々8,000円のリボ払い

回数 支払い金額 元金充当分 利息充当分 残高
1 8,000円 4,943円 3,057円 195,057円
2 8,000円 5,115円 2,885円 189,942円
3 8,000円 5,097円 2,903円 184,845円
30 8,000円 7,695円 305円 12,303円
31 8,000円 7,818円 182円 4,485円
32 4,553円 4,485円 68円 0円
累計 252,553円 52,553円

20万円を3回の分割払い

20万円を3回の分割払い

回数 支払い金額 元金充当分 利息充当分 残高
1 69,000円 65,943円 3,057円 134,057円
2 69,000円 67,017円 1,983円 67,040円
3 68,064円 67,040円 1,024円 0円
累計 206,064円 6,064円

利息の差は46,489円

月々8,000円のリボ払いの場合、毎月の負担は少なく済みますが、回数は32回と約3年近くかかる計算になります。

支払い総額は252,553円となります。

つまり利息分だけで52,553円かかります。

一方、3回の分割払いの場合は、毎月69,000円で3ヶ月後には支払いが終了します。

支払い総額は206,064円で、利息分は6,064円です。

支払い金額が極端に違いますので、月々の負担も大きく変わりますが、利息分の差は、46,489円にもなります。

分割払いの方が、月々の支払いが多く負担が大きくなりますが、その分支払い総額にも大きく響いてきます。

仮に10回の分割払いにすると、月々22,000円で支払い総額は216,635円となり、利息は16,635円です。

リボ払いを見直しせよ!一括返済で撃退する方法

リボ払いを見直しせよ!一括返済で撃退する方法

手数料は分割払いの方が低い

手数料は分割払いの方が低い

一般的に分割払いの手数料の方が、低く設定されています。

分割払いの場合、会計時に指定する支払回数が少なければ少ないほど、手数料の金利が少なく設定されいて、支払回数が多いとリボ払いと同率程度となります。

つまり、分割払いで、なおかつ返済回数が少ない方がお得に返済できます。

リボ払いの危険性

なぜリボ払いは危険なの?

借金をしている感覚にならない

なぜリボ払いは危険なの?

カードローンは「借金」という意識がありますが、クレジットカードのリボ払いは、借金をしているという感覚にならない傾向にあります。

クレジットカードのショッピングは、一括払いなら金利手数料もかからないので、借金という感覚は生まれません。

高額な手数料が発生する

リボ払いは返済金額が少額で済むので、毎月の負担が軽くなると気軽に考えがちです。

しかし、支払いをリボ払いに設定した途端に、高額な金利手数料が発生します。

今まで支払わなくてよかったはずの金利手数料が発生し、総額的に大きなマイナスとなってしまうのです。

リボ払いを勧めてくるわけ

カード会社には貴重な収入源

リボ払いにすれば、カード会社には金利手数料が利益として入ります。

クレジットカードの収益は、年会費、キャッシングの利息、分割払いやリボ払いの金利手数料、加盟店からの利用手数料などがあります。

最近では年会費の無料のクレジットカードも多く、年会費の収入は限られます。

そうなると、利息収入が貴重な収入源となります。

借金のイメージが薄い

借金のイメージが薄い

キャッシングの場合は、どうしても現金を引き出すので「借金をする罪悪感」から、利用をためらう方も多いでしょう。

しかし、リボ払いであれば気軽に手続きができ、ショッピングの延長なのであまり借金の感覚がありません。

もちろん金利手数料がかかる説明はありますが、カード会社によっては、回数や毎月の支払い金額のみの提示で、金利手数料はなどの詳細は別ページに記載されていたり、小さく表示しているところもあります。

つまり、金利手数料がかかるという感覚はなく、支払いだけが楽になるというイメージにつながります。

そのため「リボ払い」の連絡が頻繁に来るのです。

ポイントや特典も付く

最近では、メールで毎月支払いの際に案内があったり、請求書などにもパンフレットがついてきます。

しかも、リボ払いに変更すれば、2,000円~5,000円相当のポイントや特典がつくとやたらとすすめられます。

クリックひとつで2,000円~5,000円が手に入るのならいいかな?という考えがリボ払いへの第一歩となるのです。

リボ払いのメリット・デメリット

リボ払いのメリット・デメリット

リボ払いは、メリットよりもデメリットの方が大きいです。

リボ払いのメリットが多少魅力的だとしても、それに対するデメリットはとても大きいということを理解しておきましょう。

メリット

  1. 少ない手持ちで買い物ができる
  2. 毎月の支払いが楽になる
  3. いつでも変更できる

1. 少ない手持ちで買い物ができる

少ない手持ちで買い物ができる

リボ払いの最大のメリットと言えば、その場で全額を支払わなくても大きな買い物ができるという点です。

2. 毎月の支払いが楽になる

リボ払いは、利用した金額によって支払いの最低金額が決まっています。

つまりその金額さえ支払えればOKなので、家計の管理も楽になります。

3. いつでも追加返済ができる

いつでも追加返済ができる

リボ払いは、いつでも追加での返済が可能で、追加の返済は元金に充当されます。

余裕がある時に追加返済ができるので、自分の都合に合わせて返済ができます。

最近では、インターネットバンキングなどを利用して24時間手数料無料で返済できたり、近所のコンビニのATMからカードで気軽に返済が可能です。

無理して支払うことはおすすめしませんが、余裕があればどんどん返済をしていきましょう。

デメリット

  1. 元金が減りづらい
  2. 支払いが増える
  3. 繰り返し使える

1. 元金が減りづらい

元金が減りづらい

リボ払いは毎月の支払い額が少ないので、その分、元金に充当される金額が少なく、元金がなかなか減りません。

もちろん最低金額以上を支払えば、元金は減りますが、毎月の支払いが少ないことにメリットをかんじているとなかなか多く支払う気にはなりません。

2. 支払いが増える

最低金額の支払いを続けることで、元金が減らないところに日々利息はかかってくるので、結果としてなかなか返済が進みません。

支払い総額も、一括であれば元金のみのところリボ払いや分割払いは金利手数料が加算されます。

きちんと支払いを続けているのに、なかなか返済が終わらない…ということになります。

3. 繰り返し使える

繰り返し使える

リボ払いは決まった枠内で支払いをして、残高が減った分は繰り返し利用が可能です。

返済をしても手軽に利用ができるので、急な出費にはすぐ対応できて便利な反面「なかなか借金がなくならない」という大きなデメリットにつながります。

直接現金を引き出すわけではありませんが、一括の支払いにしていない以上は支払い時に、金利手数料がかかり、借り入れした以上の支払いをしなくてはいけません。

リボ払いの支払い方式

リボ払いは、主に2種類あります。

  1. 定額リボルビング方式
  2. 定率リボルビング方式

1. 定額リボルビング方式

定額リボルビング方式

定額リボルビング方式とは、月々の返済金額を決めて支払いする方法です。

さらに定額リボルビング方式には、「元利定額リボルビング方式」と「元金定額リボルビング方式」があります。

元利定額リボルビング方式は、利息を含めた支払い額を固定する支払い方式で、元金返済分と利息分の内訳は毎月変動します。

元金定額リボルビング方式は、元金の支払い額を固定し、借り入れ残高に応じた利息を、あらかじめ固定した金額に上乗せして返済を進めていきます。

月々の返済金額は、元金充当額プラス利息分となるので、毎月変動することになります。

2. 定率リボルビング方式

定率リボルビング方式とは、定率で設定された返済金額の全てを元金に充当される支払い方法です。

定率払いというのは、契約の際に借り入れ残高に応じて借り入れ残高の何%支払うかを設定します。

元利定率リボルビング方式と元金定率リボルビング方式

元利定率リボルビング方式と元金定率リボルビング方式

さらに定率リボルビング方式には、「元利定率リボルビング方式」と「元金定率リボルビング方式」があります。

支払い金額を計算する際に元金と利息を対象として計算をするのか、元金のみを対象とするかで返済額が異なります。

定率リボルビング方式の場合、借り入れ残高の金額によって毎月の支払額が増えたり、減ったりする可能性があるので、毎月定額を支払い続けるイメージのリボ払いとは異なります。

残高スライド元利定率リボルビング方式

残高スライド元利定率リボルビング方式は、定率リボルビング方式のうちの一つで、借り入れ残高に応じて支払う割合が変化する支払い方法です。

残高がいくら以上であれば金利は何%と、残高によって%の割合が変わります。

残高が少なくなるなればなるほど、返済負担が減るので、毎月の支払い自体は楽になりますが、そのぶん返済期間は長引き返済の終了の目処が立てにくくなるという特徴があります。

残高スライド元利定率リボルビング方式での支払い方法にするのであれば、返済シミュレーションを利用して毎月の支払金額と、支払った後の残高を正確に管理することが必要です。

リボ払いの金利は?

リボ払いの金利は高い

リボ払いの金利は高い

リボ払いの金利は高いと言われますが、どれくらい高いのでしょうか?

その答えはズバリ、消費者金融と同じレベルだということを頭に入れておきましょう。

リボ払いの金利は、金利手数料や手数料とも呼ばれています。

リボ払いでは返済時に「元金+金利手数料」を支払います。

リボ払いや3回以上の分割払いは手数料がかかる

クレジットカードの支払い方法、は「一括払い」や「ボーナス一括払い」にすれば、金利手数料は一切かからず、利用した元金のみでOKです。

しかし、リボ払いや3回以上の分割払いを指定した場合は、金利手数料がかかるのが一般的です。

リボ払いの金利手数料は、カードローンなどと同様に、年利(実質年率)となっていて、1年間借りた場合の数字で表されます。

この金利の上限は、資金出資法で最大年18.0%までと定められています。

金利はクレジットカード会社によってそれぞれ異なりますが、一般的には年利15.0%程度がほとんどで、高くても年利18.0%です。

リボ払いの計算方法

金利手数料の計算

金利手数料 = 借り入れ残高 × 年利(%)÷ 100 ÷ 365 × 借り入れした日数

金利手数料の計算は、実質年率なので、借りた期間によって日割りで計算されます。

それでは10万円の残高を、金利手数は年利15.0%でリボ払いで支払い続ける場合の例を見てみましょう。

●リボ払いの支払い総額例

リボ払いコース 月の返済額 金利手数料 支払い総額
定額(5千円) 5,000円 12,948円 112,948円
定額(8千円) 8,000円 8,274円 108,274円
定額(1万円) 10,000円 6,706円 106,706円
残高スライド標準 10,000円 6,706円 106,706円
残高スライド短期 20,000円 3,573円 103,573円

当たり前のことですが、月々の支払い金額が多ければ多いほど、金利手数料は少なくなります。

まとめ

リボ払いは、手軽にできる「借金」です。

手軽さゆえに、気づいたら「リボ地獄」に陥ってしまうことがあるかもしれません。

金利手数料も高いので、あまりおすすめはできません。

しかし、どうしても利用してしまった時は

・こまめに追加(臨時)返済をする
・できれば一括で返済する

以上2点をしっかり意識して、返済オンリーでいきましょう。

◆目的別で探す◆

おすすめカードローン

プロミス

SMBCモビット

アイフル

よく読まれる記事Best3

即日融資カードローン特集

即日融資が好評なカードローン特集

スグ借りたい人向けのカードローンを3つ厳選しました。

審査時間は最短30分、融資まで1時間と急いでいるアナタのお役だち大手の金融機関を紹介します。

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る方法を「即金性」を基準に18個紹介します。

お金を借りる以外にも意外な方法が見つかるかも。

審査が不安な方のためのカードローン

審査が不安な方のためのカードローン

お金を借りたい。。。

だけど審査が不安。

そんなアナタに向けて、安心・安全に借入ができる金融機関を紹介します。

-リボ払い

Copyright© カードローンのいろは , 2019 All Rights Reserved.