アコム

アコムでお得に返済するには?返済方法や返済日の選び方を解説

2019年8月21日

アコムの返済まとめ

アコムでは4つの返済方法があり、返済日は「35日ごと」「毎月指定日払い」の2通りから選べます。

それぞれのメリット・デメリットや、少しでもお得に返済するためのコツについてまとめました。

また、万が一返済が遅れてしまったときの遅延損害金や、自宅への取り立ての有無についても解説しています。

アコムの返済方法4つ

アコムの返済まとめ

アコムには返済方法が大きくわけて、4通りあります。

  1. 口座振替
  2. インターネット返済
  3. アコムATMでの返済
  4. 店頭窓口

です。

返済方法にもそれぞれ特徴があり、どの返済方法を選ぶかによって「お得に返済するか」or「損をするか」にわかれます。

1.口座振替

指定した金融機関の口座より毎月6日に、自動で最低支払い額が引き落とされます(土日祝日が6日の場合は翌営業日)。

口座振替のメリット

アコムの返済まとめ

手数料は無料で、自動引き落としなので残高さえあれば支払い忘れになることがありません。

また、引き落としの際の通帳の記載に関しては、ゆうちょ銀行の場合は「SMBC自払」で、ゆうちょ銀行以外の場合は「SMBC(ACサービス)」なので、アコムの名前はでません。

口座振替のデメリット

デメリットとしては切り替わるのに時間がかかってしまうことと、引き落とし金額が最低金額のみとなるので支払いが長引く恐れがあります。

また、手続きしてから口座振替に切り替わるには、2ヶ月~3ヶ月程度かかります。

その際にお知らせはないので、確認したい場合はコールセンターへ自分で連絡しなければなりません。

アコムはブラックでも借りられる?審査基準とブラックOKの噂を徹底検証

2.インターネット返済

アコムの返済まとめ

インターネット返済は、インターネットを利用して返済する方法です。

これはインターネットバンキング、Pay-easy(ペイジー)を利用します。

インターネット返済のメリット

手続きはネットですべて完結できるので、外出の手間がかかりません。

手数料無料で、土日祝日24時間いつでも返済ができます。

返済手続きをネットで済ませられる、その他のカードローンはこちらからチェック!
郵便物なし!スマホで借りれるカードローン【WEB完結】

インターネット返済のデメリット

アコムの返済まとめ

デメリットとしては、インターネットの環境が必要ということと、指定したい金融機関に該当しないと利用できない、という点です。

※2019年8月現在、三菱UFJ銀行、りそな銀行、楽天銀行など多数の金融機関で登録可能です。

3.アコムATMでの返済

アコムのATMは手数料が無料

アコムのATMでカードを利用して返済するのであれば、手数料は無料で一部を除いて24時間返済が可能です。

デメリットは、アコムATMが全国に994台と少なく、人目が気になる点です。

コンビニATMは手数料がかかる

アコムの返済まとめ

アコムのローンカードを利用すれば、コンビニのATMより返済が可能です。

利用できるATMは提携先と合わせて5万台以上にのぼります。

提携先のATMは、セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、イーネットなどです。

これなら全国どこにでもあり、アコムの定期点検の毎週月曜日の1:00~5:00以外と、メンテナンス時間以外はいつでも利用できて、便利ですね。

しかし便利な反面、大きなデメリットもあり、それが手数料です。

提携先ATMの手数料

利用金額 手数料
1万円以下 108円
1万円超過~ 216円

毎月提携先のATMからの返済の場合、手数料だけで1,296円~2,592円年間でかかります。

4.店頭窓口

店頭窓口で返済するメリット

店頭窓口で平日9:00~18:00の時間に手数料無料で返済が可能です。

今後の返済についても相談しながら返済できるので、相談事があればとても心強いですよね。

店頭窓口で返済するデメリット

しかしながら店頭窓口は全国に22店舗とかなり少ないので、生活圏内にないと難しいです。

また、営業時間帯も平日の営業時間内になるので、仕事をしている方にはなかなか難しいでしょう。

返済の際には、本人確認が必要なので、フリーダイヤルで連絡を一本いれておくとスムーズです。

アコム審査落ちの理由は?審査基準や流れ、審査時間を解説

なぜ?アコム審査落ちの理由と審査通過のコツ

アコムの返済額を確認する

アコムの返済まとめ

アコムの返済額は借り入れ残高に、決まった割合を掛けた金額です。

返済は「定率リボルビング方式」となっています。

返済額の計算方法

返済額は、借り入れ残高に一定の割合を掛けた金額ですが、それぞれの「契約極度額」によって異なります。

契約極度額とは、借り入れの最大限可能な場合の金額で、契約書に記載されています。

借り入れ可能額は、契約極度額の中での今現在借り入れができる金額で、借り入れ残高は借り入れした金額です。

契約極度額と一定の割合

契約極度額 一定の割合
30万円以下 借り入れ残高の4.2%以上
30万円超え~100万円以下 借り入れ残高の3.0%以上
100万円超え~ 借り入れ残高の3.0%以上、2.5%以上、2.0%以上、1.5%以上

契約極度額30万円、借入額10万円の場合

アコムの返済まとめ

例えば契約極度額30万円、借入額10万円の場合、

10万円×4.2%=4,200円

1,000円未満の端数は切り上げるため、5,000円。

この場合、最少返済額は5,000円となります。

契約極度額50万円、借入額10万円の場合

他には契約極度額50万円、借入額10万円の場合、

10万円×3.0%=3,000円

この場合、最少返済額は3,000円となります。

つまり契約時の「契約極度額」が一定以上であれば同じ借り入れ残高でも、最低返済額は低くなります。

最低返済額は変動する

アコムの返済まとめ

最低返済額は、最終の借り入れ残高によって変わるので、どうしても返済額を低くしたい場合は少額の借り入れをして最終返済額を少なくするか、会員ページやコールセンターに相談すると良いでしょう。

ただし取引状況によっては変更できない場合があります。

利息の計算方法

利息は借り入れ残高に対して、借り入れ利息と利用日数分を計算します。

借り入れ残高×借り入れ利率÷365日×利用日数=利息

例えば10万円を30日間利用した場合は、

10万円×0.180÷365日×30日=1,479円

という計算になります。

返済予定や、詳細を知りたい場合には以下の「シミュレーション」を利用すると分かりやすいです。

アコムの返済日について

返済日は2通りから選べる

アコムの返済まとめ

アコムの返済日は「35日」と「毎月指定日払い」の2通りがあります。

1.35日ごと

前回返済日の翌日から数えて35日めが返済日となります。

毎月の返済よりも5日余裕ができるというのがメリットですが、そのぶん利息がかかります。

さらにデメリットとして、返済日が固定していないので分かりにくく、うっかり忘れてしまう可能性もでてきます。

2.毎月指定日払い

アコムの返済まとめ

毎月の希望した日付が返済日となります。

注意点としては、返済日より15日以上前の入金は、任意返済として処理されてしまうので、返済日がそのままになってしまいます。

早めの返済は次回返済日の確認を必ずしましょう。

どちらの支払日がお得?

35日以内に完済する場合は35日支払いがお得

35日以内に完済予定であれば、35日支払いがお得です。

というのは、アコムの「30日金利0円サービス」が利用できるのは、アコムの取引が初めての場合と、返済日を35日支払いに指定にするという2点の条件を充たしている場合のみになるからです。

長期で返済する場合は指定日払いがお得

アコムの返済まとめ

しかし長期で返済を考えている場合は、毎月指定日払いの方が断然お得になります。

10万円を35日支払いの20回で返済する場合、毎回6,000円で、返済総額は118,930円です。

毎月指定払いの場合で考えると、毎月6,000円支払いを続けると最終回は端数分、返済総額は115,930円です。

その差は約3,000円にもなります。

仮に35日支払い契約で、無利息サービスを利用していても、1,500円も毎月支払いの方がお得なのです。

無利息期間がある人気カードローン|初めてお金を借りるアナタへ

返済日前でも返済は可能

返済日前の返済は可能ですが、それぞれの返済方法ごとに注意しなければならないことがあります。

口座振替で設定している場合

アコムの返済まとめ

口座振替に関しては自動引き落としでの返済になっているのでそれほど気にする必要はありません。

毎月平日の6日に引き落とされ、それ以前にATMなどで返済しても、6日の引き落としは行われるようになっています。

35日支払いで設定している場合

35日支払いの場合は、返済日の翌日から支払い可能ですが、次の支払い期日は返済日の翌日から35日後です。

早ければ早いほどかかる利息は少なく済みます。

毎月指定払いの場合、返済期日より15日以上も前に返済したものは、その月の返済として入金処理されません。

つまり前月分の追加の支払いとして処理されてしまいます。

気づかずにそのままにしておくと、返済日を過ぎて延滞となってしまうので、注意しましょう。

返済日に借り入れできる?

借り入れ可能額に空きがある場合はOK

アコムの返済まとめ

アコムでは返済日に追加の借り入れ可能です。

返済日の借り入れは、借り入れ先にもよりますが返済をしないと借り入れ可能額が空いていてもできない所もあります。

ところがコールセンターに確認したところ、アコムでは、返済日であっても借り入れ可能額に空きがあれば借り入れが可能とのことでした。

注意点

最悪返済金額が手持ちになくても、借り入れして返すことが可能です。

しかしこれを繰り返していくと、借り入れ残高が増え、かかる利息も増加します。

余裕があるときにはどんどん返済していくように心がけましょう。

返済日を過ぎたらどうなる?

アコムの返済まとめ

返済日を過ぎると「延滞」となります。

延滞した場合アコムではどうなるのでしょうか?

遅延損害金が発生する

契約の時点で、返済日と返済について説明を受けているので、返済日を過ぎて支払いができていないのは厳しくいえば「契約違反」となります。

そのためペナルティーとして「遅延損害金」が発生します。

ちなみにアコムの遅延損害金利率は年率20.0%と、法律での上限金利なのでとても高いです。

これは毎月の支払いにプラスアルファとして支払わなければならないので、くれぐれも遅延にならないように気を付けましょう。

計算方法は以下の通りです。

遅延損害金=(借り入れ残高)×(遅延損害金利率)÷365日×(返済日翌日からの経過日数)

連絡がくる

アコムの返済まとめ

延滞が発生すると、担当者より連絡がきます。

まずはメール、その後電話がかかってくる

第一段階としては、メールにてお知らせが届き、数日経つと連絡希望先の携帯電話などへ担当者より個人名で電話がきます。

本人確認してから用件を話す決まりになっていますので、本人以外に内容が伝わることはありません。

さらに連絡がとれないと、自宅へ連絡がきます。

放置すると督促状が届くが、訪問の取り立てはない

電話連絡がとれないまま1週間程度すると、通知(督促状)が自宅へ届きます。

それでも無視をしたり、連絡をしないと勤務先に連絡がいくようになっています。

とはいっても、法律で時間帯などが決まっていたり、訪問の取り立てはありません。

しかし最終的には裁判などになり差し押さえや自己破産の危険もあります。

支払い遅れのデメリット

支払いの遅れはデメリットしかありません。

日数や回数によっては、アコムでの信用が落ちるので繰り返しの利用が出来なくなります。

さらに長期になると金融事故となり、信用情報センターにも登録されます。

そうなると仮に他社での借り入れがあると、他社が情報を取得した際に金融事故者として認識されてしまうのです。

現状のカード利用のストップや新たな借り入れ、住宅ローンの審査落ちなどの要因になります。

ガチでお金がない時の対処法14選

返済が遅れそうなときは必ず電話する

ペナルティを回避することが可能

1日でも延滞したり、延滞しそうな場合は必ず連絡をしましょう。

うっかり支払い忘れであれば、すぐに支払いを済ますことで解消されます。

担当者が柔軟に対応してくれる

いつ支払いができるかわからないのに、連絡をするのは気まずいと思ってしまう方もいるかもしれませんが、アコムにとって連絡がとれないのが一番困ります。

どんな状況なのかは必ず連絡しましょう。

相談することで、利息だけの支払いでOKだったり、支払日の約束をすることでそれまでの督促はストップできます。

担当者はプロなので、色々な解決策を提示してくれます。

アコムの連絡はフリーダイヤルでできるので、必ず連絡をしましょう。

返済日お知らせ機能を活用する

うっかり忘れが心配な方には、メールでサポート機能があるのでぜひ利用するようにしましょう。

「ご返済期日の3日前」と「ご返済期日の当日」また、「ご返済期日経過後のご返済」を支払日前にeメールでお知らせを会員ログインから簡単に設定できます。

支払い遅れをしてしまった場合に、個人の信用情報が気になる方はこちらから開示方法を確認できます。

信用情報の開示方法と属性情報について

アコムでお得に返済するには?

アコムの返済まとめ

アコム側は利息で利益をあげているので、なるべく長く取引をしたいのです。

つまり、あなたは返済期間を短くすればするほど、お得にお金を借り入れすることができます。

では利息をいかに少なくするのか、その返済方法を紹介します。

いちばんお得なのは一括返済

一番お得なのは、できる限り利息を抑えることです。

たとえば利息が発生するのは借り入れ翌日からなので、当日に全額返済すれば、元金のみで済みます。

当日全額返済はなかなかできることではありませんが、一括返済で出来るだけ早く返済しまうのが利息を抑えるポイントです。

例えば極度額50万円、金利年18.0%の契約で30万円を毎月支払いで支払っていく場合と、翌月に一括完済する場合を見てみましょう。

毎月支払いの場合

アコムの返済まとめ

毎月支払いの場合は、最低返済額9,000円を46回と、最終回に端数支払で、返済額は合計418,982円です。

翌月一括返済の場合

翌月一括完済であれば、返済額は304,500円です。

その差は114,482円とかなり大きいですね。

ボーナスや余裕があれば、なるべく一括返済をしましょう。

できればガンガン追加返済する

アコムの返済まとめ

お金を借りている方であれば、多数の方が一括返済は難しいでしょう。

そんな方には「追加返済」をおすすめします。

追加返済は任意の返済なので、余裕があるときにいくらでも返済することができますし、元金に充当されるのでそのぶん支払い総額は減っていきます。

1,000円でも余裕があるときは、手数料のかからない方法でガンガン返済にあてましょう。

追加返済が確実にできるのであれば、35日支払いを選んで、30日分の利息をカットすることも可能です。

アコム審査の難易度、時間、在籍確認まとめはコチラ

まとめ

アコムでの返済は、30日の無利息期間サービスを利用して30日以内に一括返済するのが一番お得ですが、確実に完済予定がないと35日周期での返済は後々利息が増えやすいので注意が必要です。

とにかくお得に返済するなら、余裕があるときにガンガン返済して元金を減らし、かかる利息を抑えましょう。

いつかは返済しなければいけないお金です。

一括返済出来るのであれば、無駄な利息の支払いはやめましょう。

-アコム

Copyright© カードローンのいろは , 2019 All Rights Reserved.