お金ナビ
今すぐ10万円借りるたった3つの方法

今すぐ10万円借りるたった3つの方法


今すぐ10万円借りるたった3つの方法

「お金を使い過ぎて家賃が払えない。一週間以内に10万円用意しないと…」
「会社の給料が減った…当面の生活費として10万円くらい今すぐに借りたい…」
「子供の養育費を急ぎで5万~10万円ほど用意しなければいけなくなった…」

生活にかかるコストが増える中で目先のお金に困り、今すぐ10万ほど借りたいという人がちらほら。

催促の電話や督促状でストレスがたまりますし、家賃などは最悪の場合、債権回収機構に回されて厳しい取り立てに合うなんてことにもなりかねません。

そこで、すぐに10万円を借りる3つの方法をあなたに教えます。

SPONSOR LINK

今すぐ10万円を借りる3つの方法

今すぐ10万円を借りる方法は次の3つです。

  1. クレジットカードのキャッシング枠
  2. 銀行系カードローン
  3. 消費者金融系カードローン

どの方法も、他の方法に比べて「今すぐに10万円借りられる方法」で間違いありません。

借りるまでのスピード順は

クレジットカードのキャッシング枠>消費者金融系カードローン>銀行系カードローン

となります。

この順番で説明していきます。

クレジットカードのキャッシング枠なら審査なし

キャッシング枠付きのクレジットカードを持っている人で、キャッシング枠が10万円以上ある人であれば、「審査なし」ですぐにATMから借り入れできます。

この方法で借りるには解説した通り、次の2つの条件が必要です。

  1. キャッシング枠付きのクレジットカードをもっている
  2. キャッシング枠が10万円以上ある

急いでいる人にとって「審査なし」というのはどれだけありがたいことか。

クレジットカードのキャッシングには金利がかかりますが、18%ほどが相場で、消費者金融のカードローンと同じぐらいです。

上記2つの条件が必要なので、中にはこの方法で借りられない人もいるかもしれません。

そんな方にとって、次に早く借りられる方法は消費者金融のカードローンを利用することです。

SPONSOR LINK

スピード審査にこだわるなら消費者金融系カードローン

今すぐ借りたいなら、スピード審査に力を入れている消費者金融系カードローンがおすすめです。

特に大手消費者金融は最短即日で借り入れがしやすいです。

【即日融資ランキング3選】おすすめキャッシング・カードローン

申込んでから10万円借りるまでのスピード感では、銀行系は消費者金融系カードローンにかないません。

銀行系カードローンの場合、審査は銀行自身で行うことはほとんどなく、大半は審査を保証会社へ委託して行います。

銀行系カードローンの保証会社一覧

そのため、審査結果が出るのに時間が掛かります。

銀行系カードローンのリスク

審査が遅くて、基準が厳しい銀行系カードローンは消費者金融系に比べて、「もし10万円借りられなかった場合のリカバリーがむずかしい」というリスクが高まります。

つまり、審査落ちの結果が分かるのが消費者金融系より後になるというリスクです。

今すぐ10万円を借りたいあなたにとって、時間のロスは大きなデメリットのはずです。

つまり、今すぐ10万円借りるなら銀行系より消費者金融系カードローンがおすすめだということです。

クレジットカードのキャッシング枠のメリット・デメリット

メリット

クレジットカードのキャッシング枠のメリットは、何と言っても「審査なし」で借りられるため、一番早く借りられる方法だということです。

今すぐATMへ行けば手に入るというお手軽さは、大きいでしょう。

デメリット

キャッシング枠を利用するお手軽さは借金をしやすいということでもあるので、デメリットにもなり得ます。

ショッピング枠と違い、18%ほどの金利がかかることを忘れてはなりません。

また、クレジットカードの返済方法は一括払いかリボ払いとなっていて、分割払いは利用できません。

リボ払いを選択する場合は、毎月一定額の返済で便利という反面、気づかない内に支払い総額が膨れ上がっていることもあるので注意が必要です。

消費者金融系カードローン・銀行系カードローンそれぞれのメリット・デメリット

ここで消費者金融系カードローンと銀行系カードローンのそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

消費者金融系カードローンのメリット

消費者金融系カードローンのメリットは次の4つです。

  1. 一定期間(例えば30日間など)の無利息サービスがある
  2. 延滞した場合、銀行系カードローンより柔軟に対応してくれる可能性が高い※
  3. 申込み方法が多彩で便利(店頭での申込み、無人の自動契約機、ネット申込みなど)
  4. 毎月の返済をリボ払いにして、追加の借入をした場合でも一定額の返済にできる

※延滞は個人信用情報を傷付けてしまうという大きなデメリットがあるので、極力しないようにしましょう。

消費者金融系カードローンのデメリット

消費者金融系カードローンのデメリットは次の3つです。

  1. 銀行系カードローンにくらべて金利が高め
  2. 年収の3分の1までしか借入枠をもらえない※
  3. 昔のサラ金のイメージや、話題になったグレーゾーン金利のせいで何となくイメージが悪い

※貸金業法の適用を受けるので総量規制の対象

銀行系カードローンのメリット

メリットは次の4つです。

  1. その銀行のATMで借入・返済ができるので便利
  2. 総量規制と呼ばれる融資規制の対象外(銀行法の適用)のため、年収の3分の1以上の借入ができる
  3. 消費者金融系カードローンに比べて金利が低い
  4. 銀行系という安心感と信頼感

今すぐ10万円を借りたい人は総量規制を気にしなくてよいでしょう。

銀行系カードローンのデメリット

デメリットは次の4つです。

  1. 消費者金融系カードローンに比べて審査基準が厳しい
  2. 支払いの延滞にめちゃくちゃ厳しい
  3. 普通口座の開設が必要な場合もある
  4. たった1日延滞しただけでも債権回収機構に回ってしまう

口座開設には1週間ほどかかることもあります。

やっぱり消費者金融系は不安?

もしかするとあなたは今、消費者金融系に対してこんなイメージを思い浮かべませんでしたか?

  • 銀行系に比べてイメージが悪い
  • 昔のサラ金やグレーゾーン金利のイメージが残っていて不安
  • 銀行系より金利が高いのが気に入らない

でも、このイメージは本当に当てはまるのでしょうか?

銀行系に比べてイメージが悪い?

消費者金融系カードローンと言っても、大手のカードローン会社であれば、どこかのメガバンク系グループに属しているのを知っていますか?

つまり消費者金融系でありながら銀行系のカードローン会社とも言えてしまうのです。

たとえば、プロミスとモビットは三井住友フィナンシャルグループで、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社です。

アイフルのみ独立系の消費者金融で、メガバンク系グループに属していません。

テレビCMで知っているような大手の消費者金融系カードローンは、実は銀行系のカードローンと安心感も信頼感も変わらないということです。

昔のサラ金やグレーゾーン金利のイメージが残っていて不安?

現在の消費者金融系カードローンですが、消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代のグレーゾーン金利は廃止され、イメージもクリーンなものに変わっています。

現在は改正出資法と利息制限法いう法律で、消費者金融系カードローンの上限金利は厳しく決められています。

具体的には、

  • 10万円以下の貸付けなら上限金利は20%まで
  • 10万円以上100万円未満の貸付けなら上限金利は18%まで
  • 100万円以上の貸付なら上限金利は15%まで

となっています。

また、10万円以下の貸付であっても自主的に18%を上限金利として定めている消費者金融系カードローン会社が大半をしめます。

ですから、昔のサラ金やグレーゾーン金利の悪いイメージは、今の消費者金融系カードローンにはまったく当てはまりません。

本当に銀行系より金利が高いの?

すべての場合において、銀行系カードローンが消費者金融系カードローンに比べて金利が安いとは限りません。

なぜなら、借入条件や返済条件によっては銀行系と消費者金融系の金利が逆転してしまうケースもあるからです。

たとえば、消費者金融系カードローンでは会社によって、一定期間の無利息サービスがあります。

10万円以下の少額借入の場合、無利息期間内に返済できてしまうケースもあります。

そうなると、銀行系に比べて金利ゼロの消費者金融系のほうが圧倒的に安くなってしまいます。

消費者金融系カードローンを借りた人の口コミ

(25歳 建設業 男性  おすすめ度★★★★★)

去年の冬、ボーナスが入ったので久しぶりのパチンコへ。
最初は調子がよかったのですが、途中から負けだしました。

負けを取り戻すためにどんどん実弾(現金)を投入。
ボーナスが出たので気が大きくなっていたのだと思います。

気づけばボーナスどころか給料の半分も使いこんでしまいました。
支払いでマズイのが家賃。

うちのマンションは契約する時に保証人ではなく保証会社を立てました。
家賃を延滞した場合、保証会社の催促がめちゃくちゃ厳しいです。

何とか家賃を支払う為に最低8万円、できれば10万円借りたいと思いました。
しかし、月末だったので家賃の支払い日まであと3日しかない。

普通に銀行などで借りようとしたら融資審査などで間に合わないし、そもそもそんな少額の金を貸してくれない。
そこでカードローンで借りることにしました。

選んだのは大手の消費者金融カードローン。
審査が早いと知り合いから聞いたことがあったからです。

そういえば近くの病院の駐車場のとなりに無人契約機があったことを思い出し、そこへGO!!
PM8時に無人契約機に入り、画面の流れに沿って淡々と進めるだけでした。

無事、審査通過で10万円ゲット!!
審査時間も1時間ほどで本当に早かったです。

おかげで家賃の支払いも無事にのりきりました。

(43歳 一般事務 女性  おすすめ度★★★★★)

3月から始めたスマホゲームにどっぷりはまりました。
SNS系のゲームだったのでゲーム内に友達もできました。

はじめて2ヶ月目くらいだったと思います。
より強い敵を倒すためには、どうしても課金アイテムが必要になりました。

「無料だからいいや」とはじめたゲームだったのに、最強のレアアイテムが出るまでガチャを回しつづけるワタシ。
気が付けば翌月のカード代の引き落としが12万7359円!!

ヤバい・・・家計でやりくり出来る金額じゃない・・・
私の給料でちょろまかせる額でもない。

主人にバレたら大変なことになる・・・
明細を突き付けられて現実に戻った私は、ワラにもすがる思いでキャッシングで借りることを決めました。

仕事帰りに無人契約機に行って申込みをすることに。
誰かに見られるのが嫌だったので、最寄駅から3つ先の駅前にある無人契約機で申込みました。

融資OK が出たのは50分くらいだったと思います。
10万円借りることができ、助かりました。

返済も月々数千円程度と楽チン。
もちろん、スマホゲームからは足をあらいました。

節約して繰り上げ返済にあて、無事に3ヶ月で完済できました。

(22歳 アパレル 女性  おすすめ度★★★☆☆)

おしゃれ好きな上に限定品に弱いワタシ。

秋の新作 限定100個のブランドバックがどうしても欲しくて消費者金融カードローンでお金を借りました。
休みの日にクルマで一番近くの無人契約機まで行きました。

申込み自体は本当に簡単。
審査も1時間ちょいで終わりました。

ただ、私はこの無人契約機の雰囲気が苦手で最後までなじめませんでした。
だから★は2つマイナスにして★3つ。

部屋の中にポツンと機械があるだけです。
普段はあまり気にならない監視カメラが、「誰かに見られている」って感じでこの時はすごく気になりました。

でも、すぐにまとまったお金を借りられる方法なんて、現実的に消費者金融カードローンぐらいしかありません。
お金をすぐに借りられたという事にはとても満足しています。

私のように監視カメラの雰囲気が苦手という人なら、自宅からネット申込みするのがおすすめです。

(38歳 サービス業 男性  おすすめ度★★★★★)

二人目の息子が四月から幼稚園に入ります。
妻に聞いて初めて知ったのですが、入園時に教材費やら制服代やらで結構なお金がかかるとのこと。

上の子の時には妻がやりくりしていたので、そんなお金がかかるとは知りませんでした。

上の息子と違う幼稚園のため、制服はお古というわけにはいきません。
ちょうど転職したてで給料が下がった時期だったので、支払いにあてるお金がたりませんでした。

翌月から妻もパートに出るとのことなので、その収入を足せばこの先は何とかやっていけそうです。
ですが、すぐに払わないといけない入園時のお金が足りない。

そこで消費者金融カードローンで何とかすることに決めました。
翌月からの妻のパート代を考えれば少額なのですぐに返済できる自信はあります。

そこで30日間の無利息サービスのある大手の消費者金融カードローンにしました。
大手にしたのは他にも理由があります。

昔の消費者金融とは違い、今の大手はたいていどこかのメガバンクのグループに入っています。
大手銀行系列という安心感も決め手でした。

即日で融資OKが出たので、余裕をもって入園代を支払うことができました。

SPONSOR LINK

まとめ

今すぐ10万円を借りたい人にとって、一番早い方法はクレジットカードのキャッシング枠を利用することです。

これには、10万円以上のキャッシング枠が付いているクレジットカードが必要になります。

もし持っていない場合は、消費者金融系のカードローンがおすすめです。

・とにかく支払いまでに時間がないから、即日で借りたい。
・銀行系カードローンで審査に落ちたので何とかしたい。
・すぐに返済できる自身があるので無利息サービスのあるところで借りたい。
・誰にも知られることなく、ネットや無人契約機で申込みたい。

そんなあなたの悩みを解決してくれることでしょう。

SPONSOR LINK

◆目的別で探す◆

◆AI診断&消費者金融◆